1. トップ
  2. 本田響矢&北川尚弥がガロを目指し修行する候補生に<GARO -VERSUS ROAD->

本田響矢&北川尚弥がガロを目指し修行する候補生に<GARO -VERSUS ROAD->

  • 2020.5.13
  • 162 views
本田響矢(写真左)、北川尚弥が「GARO -VERSUS ROAD-」第9話にゲスト出演
(C)2020「VERSUS ROAD」雨宮慶太/東北新社

【写真を見る】日南響子が演じるアザミの幼少期時代を演じるのは丸本凛

本田響矢、北川尚弥が、「GARO -VERSUS ROAD-」(毎週木曜夜10:00-10:30、TOKYO MXほか)の第9話(6月4日[木]放送)にゲスト出演することが発表され、劇中写真が解禁された。

2005年にテレビシリーズとして放送を開始し、2020年に15周年を迎える牙狼〈GARO〉シリーズは、ダークな世界観、VFX技術を駆使した映像、ダイナミックなアクションシーンが魅力のアクションドラマとして、数々の作品を作り続けファンを熱狂させ続けている。

「男子高生ミスターコン2016」グランプリの本田は、士導院でガロを目指し修行する候補生・十三(じゅうさん)を、「第26回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」のファイナリストで舞台「刀剣乱舞」などに出演している北川は、同じく魔戒騎士の家系に生まれた候補生の一人・五五(ごじゅうご)を演じる。

【写真を見る】日南響子が演じるアザミの幼少期時代を演じるのは丸本凛
(C)2020「VERSUS ROAD」雨宮慶太/東北新社

さらに、日南響子が演じるアザミの幼少期時代を丸本凛が演じることも発表。これまで描かれてきたVRデスゲームの舞台とは一変、“魔戒騎士”や“士導院”という言葉、そして公開された劇中写真からも今までの牙狼シリーズを彷彿とさせる第9話となる。

また、これまでの戦いを振り返り、第7話以降の展開を占う特別番組「CHECK POINT」が5月14日(木)に放送される。

本田響矢コメント

本田響矢は「僕にとって初のアクションで右も左も分からなかったのですが、一から練習をして今の自分にできる精いっぱいを尽くしました」とコメント
(C)2020「VERSUS ROAD」雨宮慶太/東北新社

このたび、「GARO -VERSUS ROAD-」に携わらせていただきました。

僕にとって初のアクションで右も左も分からなかったのですが、一から練習をして今の自分にできる精いっぱいを尽くしました。

田口(桂)監督、綾部(真弥)監督といろいろ話しながらできて、楽しかったです!

出来上がった作品を見るのが楽しみです! 田口組で本当に良かったです。ぜひ、見てください。

北川尚弥コメント

北川尚弥が演じるのは魔戒騎士の家系に生まれた候補生の一人・五五
(C)2020「VERSUS ROAD」雨宮慶太/東北新社

五十五役で出演させていただきました、北川尚弥です。

牙狼というすてきな作品に携わることができて、本当に幸せです。

とても激しく闘い、どなたが見ても楽しめる熱い作品になっていると思いますので、男たちの勇姿を目に焼き付けていただきたいと思います!

「GARO -VERSUS ROAD-」ストーリー

日々の生活を淡々と消化している普通の青年たちの元に、突然謎のVRグラスが届く。VRグラスをかけると、巨大なゲームフィールドに大勢のプレーヤーが集められていた。その頭上には美しく輝く金色の鎧が浮かび上がっている。

ゲームの勝者には現実世界でも幸運が舞い込み、プレーヤーたちは、ゲームにのめり込んでいく。

第9話あらすじ

本田響矢は士導院でガロを目指し修行する候補生・十三を演じる
(C)2020「VERSUS ROAD」雨宮慶太/東北新社

今から20年前。長きにわたり黄金騎士ガロ不在の時代が続く中、幼き日のアザミ(丸本凛)が育ての母である伽堂法師(大家由祐子)に連れてこられたのは、魔戒騎士や魔戒法師を育てる養成所である「士導院」だった。そこでは大導師スゴウ(ボブ鈴木)の下、ガロの新たな適合者を選ぶ試験が行われていた。

素質を見出された候補生の十三(本田響矢)と五五(北川尚弥)は、”守りし者”になるため日々研さんを重ねていた。そして、ついに二人は最後の試練に挑むこととなる。

北川尚弥は「男たちの勇姿を目に焼き付けていただきたい」とアピールした
(C)2020「VERSUS ROAD」雨宮慶太/東北新社

(ザテレビジョン)

元記事で読む