1. トップ
  2. 恋愛
  3. 小学校への不安から? 兄妹ゲンカが頻発したころに考えた「秘密基地」作戦【おててつないで 〜なかよし兄妹の癒され日記〜 第61話】

小学校への不安から? 兄妹ゲンカが頻発したころに考えた「秘密基地」作戦【おててつないで 〜なかよし兄妹の癒され日記〜 第61話】

  • 2020.5.13
  • 1270 views

息子の小学校入学、娘の幼稚園の入園が目前にせまっていた年の3月。

おとなが各種準備や手続きに気忙しく右往左往していた頃、子どもたちも、何となく落ち着かない様子でした。

具体的に言うと、息子の娘に対する当たりが強くなっているように感じていました。

■兄と妹のケンカが増えて、考えた対処法は?



何か、子どもが手軽にできる気分転換・自分で気持ちをクールダウンできるいい方法はないかな〜と考えていたとき、思い出したのが…



そう! 彼らに必要なのは、人の気配を感じつつも周囲の状況から隔絶され、ひとり静かに己と向き合える空間!

ということで、私がしたことは

そのときには飽きられ放置され、物置きと化していた子ども用テントの改造でした。



■簡易「子どもエリア」で気分をリセット
なんちゃってソロキャンパー、もしくは雰囲気森ガール…? いずれにせよ制作者である私が趣味に走りまくり、ステキに仕上がりました。

「いらない」と言われたら、私がひとりになりたい気分のときに、上半身だけつっこんでリラックスしようと思っていましたが、

さいわい、子どもたちのお気に入りとなり、秘密基地としてカスタマイズして使っています。



わが家には今のところおとなの(経済的な)事情により、「子ども部屋」というものがありません。

勉強や仕事はリビングで(遊びはどこでも)、寝るときはみんなで川の字…と家の中では常に「いつでもいっしょ」状態です。

夫婦2人だけの生活や、まだ子どもが赤ちゃんのときは、それでも平和は保たれていました。だけど、子どもの成長にともない、そうもいかないことが増えてきました。

■子どもの成長につれ、親の対応も変わる
イライラやかんしゃくに何か原因がある場合は、落ち着いた状態で話を聞くことのが、わが家では最も重要なことになっています。

そのために幼児のころは「静かに抱っこして背中をポンポン」あるいは、「膝の上にのせて背中をさすりながらよしよし」と安心感を与えるのが一番であったような気がします。

しかし最近は、それすら子どもから突っぱねられることも増えてきました。(きっとこれも成長ですね)

ならば、子どもが「自分の機嫌は自分でとる」段階に入ったのではないか?

そのために必要なのはやはり、子ども自身が自分をコントロールするための空間なのかなと思いました。それは完全に外部と遮断されている個室である必要はなく、必ずしも広い必要もないのかな…と。

いずれ子どもたちが思春期を迎える頃までには、きちんとした「子ども部屋」を用意したいと思っていますが…それはまた別のお話、ということで。

それまでは秘密基地(テント)などで、ちょっとずつ自分の感情をコントロールする訓練ができたらいいのかな〜と思います。

(鈴木し乃)

元記事で読む