1. トップ
  2. メイク
  3. 【プチプラ】ケイトから新ベースメイクが登場! ハイカバー下地&フィルターをかけたような美肌が作れるパウダーファンデーションで無敵のゼロ肌へ

【プチプラ】ケイトから新ベースメイクが登場! ハイカバー下地&フィルターをかけたような美肌が作れるパウダーファンデーションで無敵のゼロ肌へ

  • 2020.5.9
  • 7360 views

ケイトの人気ベースメイクシリーズ「THE BASE ZERO」から、フィルターをかけたような繊細美肌に仕上がる化粧下地&パウダーファンデーションが同日発売! 肌悩みをリセットするハイカバー下地『リセットカバーベース』と毛穴・凹凸・色ムラを一気にカバーする『スキンカバーフィルターファンデーション』の2アイテムを使って注目のゼロ肌を作ってみた!

ケイトの「THE BASE ZEROシリーズ」に新ベースメイクアイテムが登場!

カネボウ化粧品(東京都中央区)が展開する「ケイト」は、購入しやすい価格帯と、高品質なメイクアップ製品が幅広い世代に支持を集める人気プチプラメイクアップブランド。

そんなケイトの代名詞ともいえる「THE BASE ZEROシリーズ」から、カバー力に特化した2アイテムが新登場!

『ケイト スキンカバーフィルターファンデーション』(全6色・税抜1,600円(編集部調べ)※ケース別売り・2020年5月1日発売)は、ひと塗りでフィルターをかけたような美肌に仕上がるパウダーファンデーション。

最大の特徴は、毛穴・凹凸・色ムラを一気にカバーしつつ、肌にとけこみ自然に仕上がるという点。カバー力のある板状粒子と、伸びのよい球状粒子の2種類の粒子が肌の上に軽やかに伸び広がることで、肌トラブルを隠しながらも素肌と一体化した自然な仕上がりが叶うという。

専用のファンデーションケース『ケイト スキンカバーフィルターファンデーション用ケース』(1種・税抜600円(編集部調べ)・2020年5月1日発売)にセットして使用する。

ケイトらしいシンプルな黒とスタイリッシュなロゴマークが入ったデザインで、使う人を選ばないのがうれしい。

カラーバリエーションは全6色。

明るく透明感のあるカラーから、小麦肌になじむ濃いめブラウンまで幅広いラインナップとなっている。

続いて、ファンデーションの実力の底上げに欠かせないのが、『ケイト リセットカバーベース』(1種・税抜1,400円(編集部調べ)・2020年5月1日発売)。毛穴や凹凸、色ムラをカバーしながら、厚塗り感のない肌へと導いてくれる化粧下地だ。

色はEX-1 ナチュラルカラーの1色のみ。皮脂吸着パウダーを含むため、汗ばむ春・夏でも長時間つけたてのサラッと快適な仕上がりが続くという。トーンアップ効果も期待できるという。

化粧下地とファンデーションのダブル使いで理想の「マシュマロ肌」へ

それでは、実際に新作ベースメイク2アイテムをおためし!

まずは化粧下地『ケイト リセットカバーベース』から。

手の甲でテクスチャーを見てみるとやや固めのクリームという感じ。

使用量の目安は、パールひと粒大くらいを顔につけてみる。

ひと塗りで肌表面にピタッと密着! 伸びが良く、気になるシミ、そばかすもしっかりカバー。ナチュラルカラーが肌のトーンを整え、心なしか顔色が明るくなったようにも見える!

色ムラや赤みが消え、均一な肌に。 各社からカバー力の高い化粧下地は出ているものの、ケイトのこちらは別格。フィルター加工をしたような、つるんとなめらかな肌に仕上げてくれた。

続いて、パウダーファンデーションを重ねてゆく。

肌の凹凸にもしっかりフィットし、ひとなでするだけでシミやニキビあとなどの肌トラブルを自然にカバーしてくれた。

毛穴の開きが目立ちやすい小鼻は、ぽんぽんとやさしく。

ふんわりとしたマシュマロ肌の完成! セミマットな仕上がりなので、きちんとした印象に見せたいオフィスメイクにぴったり。

近くで見ても、このカバー力! シミやくすみなどはしっかりカバーしつつ、決して厚塗り感がない自然な仕上がりは、さすがケイト。この仕上がりなら、接近戦でも自信が持てそうだ。

加工フィルターいらず?ケイトの新ベースメイクは2020年5月1日より発売

ケイトの新ベースメイクは、化粧下地・パウダーファンデーションどちらもカバー力に優れており、シミやくすみ、ニキビあとが気になる人にも自信をもっておすすめしたいアイテムだと感じた。

フィット感のあるつけ心地で、長時間くずれにくいので、気温が上昇するこれからの時期に活躍間違いなし!

商品の購入は、全国のドラッグストア・バラエティショップまたは一部オンラインショップから。気になった人はぜひチェックしてみて。

元記事で読む