1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 三角テーブルがちょうどいい。「好き」に囲まれた小さなワンルームの暮らし

三角テーブルがちょうどいい。「好き」に囲まれた小さなワンルームの暮らし

  • 2020.5.9
  • 13759 views

アーチの入り口が可愛いリノベーション賃貸のワンルーム

無垢床リノベーション賃貸のワンルームに暮らす、ゆりこさんのお部屋。 キッチン、洗面台、居室とつながる7.5畳のワンルームは、角部屋の2面採光がポイント。南向きでとても明るいお部屋です。

「このアーチの入り口が可愛くて、お気に入りです」

壁の一面は、爽やかなブルー。

椅子に座ったときに見える、この眺めがお気に入り。ものは少なく、その代わりに植物がたくさん。

念願叶って住むことになった無垢フローリングのお部屋は、帰ってきたときに気分が上がる「心躍る部屋」にしたいと、この部屋に合う雰囲気の家具や小物を合わせて空間をつくりました。

三角のテーブルはNOCE、椅子はイームズ「ラウンジチェア」のリプロダクト。一人暮らしとしては大きめのテーブルですが、三角形なので1辺を壁につければスペースも取らず、圧迫感も少なめ。ラウンジチェアも、ソファよりもコンパクトでリラックスできるところがおすすめだそう。

テレビ台はIKEAのもの。木の家具や、藤のカゴなど自然素材のものがよく馴染むお部屋です。

居心地良さをつくる、ちょっとした工夫

風通しが良すぎて、冬は少し寒さが気になったというお部屋。キッチンとの間、それにクローゼットにはカーテンをつけ、かなり改善されたそう。

クローゼットは見せていても気にならないほど、とても整っていますね。ハンガーを揃え、洋服も色のグラデーションで揃えて収納。

こちらは、お気に入りの真っ白なデザインキッチン。「ここで写真を撮るだけで、すごく可愛くなるんです」

 

ハンガーバーにかけられたアイテムは、シルバーや木の素材のものなど、「このキッチンに合うもの」を厳選しています。

白のタイルがあしらわれた洗面台もお気に入り。日用品も、素敵なデザインのもので揃えられています。

気分を上げてくれる「ドライフラワー」

キッチンや洗面台などのちょっとした場所にも「花」を欠かさないゆりこさん。お聞きしてみると、広島には素敵なお花屋さんが多いのだとか。 特にお気に入りの花屋さんは、ご近所にあるという「noreri」さん。

 

ライティングレールを利用して、ドライのスワッグを吊るします。

窓辺のちょっとした場所にも、植物を飾って。真ん中のサボテンは、広島の有名なお店「叢(くさむら)」で購入したもの。

生のお花も、雑貨との組み合わせでバランスよく飾ります。

お気に入りのお部屋での暮らしを、大切に、丁寧に満喫されている様子が素敵だったゆりこさん。こんな風に、「好き」に囲まれた暮らしができるのも、小さなワンルームならではの良さだと感じます。

元記事で読む