1. トップ
  2. 恋愛
  3. なかなか会えない今、彼はあなたのことを考えている?本音を占う【ストーン占い】

なかなか会えない今、彼はあなたのことを考えている?本音を占う【ストーン占い】

  • 2020.5.8
  • 16383 views

最低限の外出しかできない日々が続いてますが、いかがお過ごしですか?気になる彼とも、しばらく会えていない…という人も多いかと思います。顔を見たり、コミュニケーションを取ったりするのが難しいと、つい相手のことばかり考えてしまうかもしれませんね。

そんな今の彼の気持ちは?彼もあなたのことを考えているのでしょうか?ストーンで占ってみましょう。

■4つの石から1つを選んで

以下の4種類のストーンから、直感で1つ選んでください。

【1】ローズクォーツ

【2】シトリン

【3】ラピスラズリ

【4】水晶

選びましたか?それでは、解説を読みましょう。

■1.ローズクォーツを選んだあなたへ

彼はときどき、ふとあなたのことを考えるよう。なんとなく思い出し「何をしているかな?」と考えている状況です。あなたの体調についても気にしています。

「声を聞きたい」という気持ちもあるので、近いうちに連絡してくるかもしれません。もし連絡が来たら楽しい話をしましょう。彼はあなたから元気をもらいたいと思っているようですから。

お互いの体調や仕事の話も大切ですが、「落ち着いたら、またあそこに行きたいね」「遊びたいね」と提案するのもおすすめです。

自宅での時間を有効に過ごすには、恋愛運と女性性を高めてくれるローズクォーツの力を借りるのもいいでしょう。ブレスレットや置物を飾り、春の花を活けると、気持ちが上向きますよ。

■2.シトリンを選んだあなたへ

彼はいつもあなたのことを考えています。「会いたいけれど、今は会えない」、そんなジレンマを抱え、想いを募らせています。彼はあなたと会って話がしたいようです。ただ、彼自身も仕事があったり、あなたの仕事や体調を気にしたりして「会いたい」とは言い出せないのでしょう。

シトリンには金運の意味があるほか、健康をサポートする力もあります。光を集めたようなシトリンを身につけると、自然と明るい気持ちになれますよ。

アクセサリーでなくとも、シトリンを使ったキーホルダーなどでもいいですね。彼との復縁を引き寄せるお守りのアイテムとして、部屋に飾るのもおすすめです。

■3.ラピスラズリを選んだあなたへ

彼はあなたと日常的に連絡を取っているのではないでしょうか。例えば、職場の同僚や趣味の仲間など、普段からコミュニケーションを取れる関係性ということもあり、身近に感じているので、特別にあなたのことを「思い出して」考えたりはしないようです。

こんなご時世なのに、何かと忙しいし、大変だなという気持ちもありながら、あなたと会話できることに喜びを感じてもいます。

ラピスラズリは、試練を乗り越えるときに身につけているとお守りになります。こういうときだからこそ、踏ん張る力がほしい、と思っている人も少なくないでしょう。お守りに依存するのはよくないけれど、「サポート役」として生活に取り入れるのはいいかもしれません。

■4.水晶を選んだあなたへ

気になる彼は、あなたと「楽しく過ごしたい」と様々なことを妄想しているみたいですよ。状況が落ち着いたら、一緒に食事をしたり、飲み会に参加したり。これまでを振り返って、あなたとの関係がもっとよくなればいいなとも考えているようです。

楽しいこと好きな彼は、あなたとの会話や、オンライン飲みを楽しみたいと思っているのかもしれません。

水晶には浄化の力があります。気持ちが沈みがちな時期ですが、水晶を身につけたり、さざれ石を使って部屋を浄化したりすると気持ちが落ち着くでしょう。

■会えなくても想いは伝わる

顔を合わせられない日々が続いているので、彼の気持ちがわからなくなり、もやもやしている人もいるかもしれません。でも、会えなくても、彼と過ごした日々は消えることはないし、こんなときだからこそ、お互いの存在を大切だと感じることもできるはず。

また彼と笑顔で過ごせるように、まずは自分の心身霊魂を癒しつつ、過ごしてくださいね。

ライタープロフィール
ひだまり わかな
幼い頃から目に見えないものを感じ取る力があったものの、 それを表現することに「罪悪感」や「恐怖心」があり、自分の本当の気持ちに蓋をして生きてきた。 生きづらさを感じて辛いこともあったが、ようやくここ数年で「自分軸」を取り戻し、 「私は私」なのだと思えるようになり、「生きること」を愉しみながら日々を過ごしている。 愛と対話のある平和な世界を実現したいという気持ちから幅広い活動をしている。 直感力、想像力、創造力の活性化を促し、その人の中にある「希望の光」を見出す占いや作品に定評がある。

元記事で読む