1. トップ
  2. レシピ
  3. 春の息吹を感じて♪ おいしい豆ご飯の作り方&アレンジメニュー5選

春の息吹を感じて♪ おいしい豆ご飯の作り方&アレンジメニュー5選

  • 2020.5.8
  • 1044 views
「ぷっくり豆ご飯」
料理:飛田和緒 撮影:竹内章雄

【画像を見る】お弁当にぴったりな「じゃこ豆ご飯」

今年は4月になっても寒い日が続き、毛布が手放せない日も少なくありませんでしたね。しかし最近ではすっかり外も暖かくなり、ようやく春らしい気候になってきました。そこで、せっかくなら春の味覚を味わえる「豆ご飯」を作ってみてはいかがでしょう? 今回はグリーンピースやそら豆などを使った豆ご飯のレシピをピックアップ。作り方の基本からアレンジメニューまでマスターできるので、ぜひ参考にしてみてください。

ぷっくり豆ご飯

【材料・2~3人分】

グリーンピース(さやつき) 200g(正味約80g)、米 2合、塩

【作り方】

1. 米は洗ってざるにあける。グリーンピースはさやから出し、塩を加えた熱湯でゆでる。4~5分を目安に、1粒食べてみて、好みのかたさになるまでゆでたら、火から下ろし、そのままさます。グリーンピースはゆでて、そのままゆで汁の中でさますと、しわが寄らず、ぷっくりとしたゆで上がりになる。

2. 炊飯器に、米、米と同量~1.2倍の水、塩小さじ1/3を入れて、普通に炊く。

3. ご飯が炊き上がったら1の水をきって加えて混ぜる。炊き上がったご飯にグリーンピースを混ぜるだけ。色鮮やかでぷっくりと丸いグリーンピースの豆ご飯に仕上がる。

(369Kcal、塩分0.7g)

オーソドックスな豆ご飯を作りたいときにGOOD! 豆ご飯の基本がつまっているので、作り方をおさらいするのにも向いています。グリーンピースはゆでた後、そのまま汁の中でさますことでぷっくりとした仕上がりに。

じゃこ豆ご飯

グリーンピースなどの材料をすべて炊飯器に入れて炊くだけ。ご飯が炊き上がったら昆布を除き、全体をさっくりと混ぜましょう。

【画像を見る】お弁当にぴったりな「じゃこ豆ご飯」
料理:藤井恵 撮影:野口健志

そら豆ご飯

シンプルだからこそ、そら豆のあっさり味が際立ちます。たった10分でふっくらとした炊き込みご飯が完成。

「そら豆ご飯」
料理:牧野直子 撮影:今清水隆宏

あさりとグリーンピースの混ぜご飯

にんじん、しいたけ、あさりなどを使って豆ご飯にアレンジを加えました。具材に火を通す際は、あさりから出た汁を野菜へ吸わせるように炒めていきます。

「あさりとグリーンピースの混ぜご飯」
料理:小田真規子 撮影:三村健二

そら豆と梅の混ぜご飯

そら豆の素朴な味わいと一緒に、梅の酸味や削りがつおの風味を堪能できます。ピンク色に染まったご飯からは、より春らしさを感じられるはず。

「そら豆と梅の混ぜご飯」
料理:上島亜紀 撮影:高杉純

グリーンピースとそら豆は今の季節がちょうど食べ頃。どちらもたんぱく質やビタミンB1などの栄養がたっぷり含まれているので、ぜひレシピを活用してみてはいかがでしょう。(レタスクラブニュース)

元記事で読む