1. トップ
  2. イッキ見推奨!批評家が選ぶ、“フレッシュ”なNetflixオリジナルシリーズ10選

イッキ見推奨!批評家が選ぶ、“フレッシュ”なNetflixオリジナルシリーズ10選

  • 2020.5.7
  • 1164 views
人気作から掘り出し物まで!Netflixオリジナルシリーズの高評価作品はこれだ
Courtesy of Netflix 「フィール・グッド」はNetflixにて独占配信中

【写真を見る】平岳大、窪塚洋介、本木雅弘らが出演!ロンドンを舞台にしたクールなサスペンスに注目

自宅にいながら映画やドラマなどのエンタテインメントが楽しめるSVOD(定額動画配信)サービスの需要が急激に高まっている昨今。その代表格といえるのが全世界190か国以上で1億6700万人の有料メンバーが利用する世界最大級の動画配信サービスNetflixだが、作品数があまりにも多いとあって、どれを観ればいいのか迷ってしまう方も少なくないだろう。

そこで本稿では、映画批評を集積・集計するサイト「ロッテン・トマト」で公開された、Netflixで配信されているオリジナルシリーズの高評価ランキングを参考に、その中から批評家の評価が特に高い、「フレッシュ」だった10作品を一挙に紹介したい。

実話をもとに、殺人犯の女性の心に迫る「またの名をグレイス」
Sabrina Lantos/Netflix 「またの名をグレイス」はNetflixにて独占配信中

「ロッテン・トマト」とは、全米をはじめとした批評家のレビューをもとに、映画や海外ドラマ、テレビ番組などの評価を集積したサイト。批評家の作品レビューに込められた賛否を独自の方法で集計し、それを数値化(%)したスコアは、サイト名にもなっている“トマト”で表される。好意的な批評が多い作品は「フレッシュ(新鮮)」なトマトに、逆に否定的な批評が多い作品は「ロッテン(腐った)」トマトとなり、ひと目で作品の評価を確認することができる。中立的な立場で運営されていることから、一般の映画ファンはもちろん業界関係者からも支持を集めており、近年では日本でも多くの映画宣伝に利用されるように。映画館に掲示されたポスターに堂々と輝くトマトのマークを見たことがある方も多いだろう。

それでは、Netflixオリジナル・シリーズのフレッシュな作品10傑を挙げてみよう。

100%フレッシュ「マスター・オブ・ゼロ」(2シーズン)

100%フレッシュ「ビッグマウス」(3シーズン)

100%フレッシュ「フィール・グッド」(1シーズン)

100%フレッシュ「アグリー・デリシャス:極上の“食”物語」(2シーズン)

100%フレッシュ「Giri/Haji」(1シーズン)

99%フレッシュ「ワンデイ-家族のうた-」(3シーズン)

99%フレッシュ「またの名をグレイス」(1シーズン)

98%フレッシュ「アメリカを荒らす者たち」(2シーズン)

98%フレッシュ「アンビリーバブル たった1つの真実」(1シーズン)

98%フレッシュ「ワイルド・ワイルド・カントリー」(1シーズン)

インド系アメリカ人の主人公のシュールな日常が描かれる
「マスター・オブ・ゼロ」はNetflixにて独占配信中

上位10作品のうち、5作品が100%フレッシュを獲得している。ニューヨークを舞台にインド系アメリカ人の主人公の日常をユニークなタッチで描き出し、エミー賞脚本賞を獲得した「マスター・オブ・ゼロ」をはじめ、薬物依存症の克服に励むスタンドアップコメディアンの女性が同性と恋に落ちる姿を描いた「フィール・グッド」、東京とロンドンを舞台に繰り広げられる暴力団同士の抗争を描き、平岳大と窪塚洋介、本木雅弘といった日本人俳優も出演したイギリスBBC制作のサスペンス「Giri/Haji」。

【写真を見る】平岳大、窪塚洋介、本木雅弘らが出演!ロンドンを舞台にしたクールなサスペンスに注目
「Giri / Haji」はNetflixにて独占配信中

さらには思春期の主人公たちの悩みをストレートに描いた大人向けのアニメーション作品「ビッグマウス」や、食をテーマにしたドキュメンタリー作品「アグリー・デリシャス」。ほかにもコメディ作品からドキュメンタリーまで幅広く高評価を獲得しており、あらゆるユーザーの好みに合った作品を提供してくれるNetflixの強みが最大限に活かされていることが、このリストからも見て取れるだろう。

ちょっぴり大人向けのアニメ作品「ビッグマウス」も100%フレッシュを獲得
「ビッグマウス」はNetflixにて独占配信中

ここで挙げられた10作品はいずれも「ストレンジャー・シングス」や「セックス・エデュケーション」「クィア・アイ」などの人気作品を上回る高評価を獲得した作品ばかり。有名なタイトルもあるが、そのほとんどが掘り出しものと言えるものではないだろうか。時間ができるタイミングなどで、気になる作品をイッキ見してみては?(Movie Walker・文/久保田 和馬)

元記事で読む