1. トップ
  2. セレーナ・ゴメスが双極性障害を生配信で告白した理由とは?

セレーナ・ゴメスが双極性障害を生配信で告白した理由とは?

  • 2020.5.8
  • 195 views

4月4日(現地時間)、歌手マイリー・サイラスのInstagramライブ配信「Bright Minded : Live with Miley!」にゲスト出演した歌手セレーナ・ゴメス。セレーナは配信中、自身が双極性障害(躁うつ病)と診断されていたことを明かした。この大きな告白をした理由とは…?

「Bright Minded : Live with Miley!」は、マイリーがゲストを招いて、Instagramライブ上でインタビューするというもの。ここ数日は、新しいエピソードは出ていないけれど、私たちに元気をくれるコンテンツに!

実は、ゲストたちへの出演交渉は全て自分で行っていたそう。エルトン・ジョンやリース・ウィザースプーン、ミリー・ボビーブラウンなど、幅広いセレブたちがゲストとして登場していたけれど、自らInstagramのダイレクトメッセージで連絡を取っていたと『WSJ』でのインタビューで話した。

さらに返信をもらえないときには、笑顔の絵文字を10個連続で送ったことも。これはマイリーにしかできない!? だけど元ディズニーチャンネル仲間のセレーナに至っては、そんなことをする必要もなかったんだとか。

「ある日、マイリーのライブ配信を見つけたの。彼女のしていることが大好きだったし、ゲストで出演したいと思ったのよ」「この配信の自然体なところが好きだった」

そうマイリーに話したセレーナ。このライブ配信の存在を心地よく感じていたことが、双極性障害を告白した理由のよう。また、セレーナは病名だけではなく、診断されたときの恐ろしさと安心した気持ちをシェア。

「分からなかったことが分かって、怖ろしかったけれど安心もした。長年に渡って様々な鬱や不安で、苦しんできたことの理由をようやく知ることができたから」

さらに診断によって、自分をもっと知ることができたとも話したセレーナ。マイリーの器の大きさに感謝していると話し、ライブ配信や彼女について賞賛!

「マイリーはリスクを背負ったり、自分自身をさらけ出すのを怖れたことがない。この(ライブ配信のホストとしての)新しい姿は、彼女に合っているの。そして彼女自身がとても楽しんでいることがわかるよね」

次回がいつかは未定だけれど、『WSJ』でマイリーは配信ついての想いをコメント。

View this post on Instagram

Bringing the BRIGHTNESS to @wsjmag ????????????? Link in bio to read the story Writer: @derekblasberg ? #wsjmagazine

A post shared by Miley Cyrus (@mileycyrus) on

「私は学びたいし、聞きたい。普段私の手の中にあるマイクを、マイクを持っていない人に渡したい。私のようなプラットフォームがないコミュニティや、戦っているローカルアクティビストに、この場をシェアしたいの」

『WSJ』のカバー写真撮影も、現在自宅隔離中のため家で撮影したというマイリー。マルチな才能を発揮する彼女のトーク番組もいつか見てみたい♡ このライブ配信はマイリーのInstagramからアーカイブを見られるので、ぜひチェックしてみて!

元記事で読む