1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 肌魅せの季節に輝きを! ボディジュエリー体験記

肌魅せの季節に輝きを! ボディジュエリー体験記

  • 2015.4.20
  • 1182 views

突然ですが皆さま。シールより長持ちし、ペイントよりも輝き、タトゥーのような痛みが一切ないものとは、いったい何だと思いますか? ……そう、ボディジュエリーです。マタニティーフォトや結婚式で徐々にとり入れられ始め、今や専用のサロンが全国各地で展開されています。

今回は、そんなボディジュエリーに初めて挑戦した筆者の体験記を、キラキラ女子の皆さまにお伝えできればと思います。

そもそも、ボディジュエリーって?

ボディジュエリーとは、ボディ用に開発された特殊なグルーとダイヤモンドパウダーで、デコルテや腕・脚や背中など、どこでも好きな部分にアートをする施術法のことを言います。使用されるグルーやパウダーは皮膚に浸透しないため、安全で肌へのダメージがありません。ボディジュエリーのデザインは無数で、サロンオリジナルのものや持ち込み、フルオーダーなども可能です。

一度アートをすると海やお風呂程度では落ちにくく、およそ一週間から十日前後楽しむことができる、いわば新感覚のアクセサリー。その輝きから、ダイヤモンドタトゥーと呼ばれることもあるのだとか。

意外とどんなシーンにもマッチ!

マタニティーフォトや、結婚式で純白のウェディングドレスに合わせて身に纏うのはもちろん、これからの季節はパーティーや女子会、海やお祭りなどにもぴったりなボディジュエリー。筆者は今回、南の島へのバカンスに合わせてアートを施していただくことになりました。

訪れたのは、新宿に位置するトータルビューティースタジオ『GReed』。美人ボディジュエリーアーティスト Kumiさんのセンスは元々素晴らしいと知っていたので、ほぼお任せでお願いしました。

箇所は、デコルテです。「鏡に映せば自分でも見やすく、服に擦れにくいので取れにくい人気部位です。それに顔周りに輝きがあると、光の反射で表情まで美しくなるんですよ♪」とKumiさん。な、なんて素敵なの!

サロンやスタジオに行く前の注意点としては、

1: 施術箇所の無駄毛は処理しておくこと。

2: 念のため、汚れても良い服で行くこと

……くらいでしょうか。施術後の注意点は、

1: 入浴後は柔らかくなっているので擦らないこと

2: 無理に剥がそうとしないこと

だそうです。

ボディジュエリー、オススメです☆

かくして筆者は胸元の輝きを手に入れ、浮き足立ちながら旅行へと向かいました。いつもなら気恥ずかしいビキニ姿はなんだかセクシーになり、カメラ写りもバッチリ。友人や南の島の人々にもたくさん褒められ、ボディジュエリーの力でより良い旅にすることができました。

皆さまもぜひ、今年の肌魅せシーズンはボディジュエリーをアートして、昨年とは一味違った思い出を作ってみてはいかがでしょうか。