1. トップ
  2. ファッション
  3. おこもりファッションを楽しくするスウェットコレクション

おこもりファッションを楽しくするスウェットコレクション

  • 2020.5.6
  • 302 views

おこもりファッションの定番といえばスウェット。外出自粛中も自宅でオシャレがたのしめるスウェットをFUDGE編集部が厳選しました。

 

FUDGE厳選スウェットコレクション

ボディの淡いカラーが今の気分にぴったりハマるこの1枚は、フロントに配した大胆な「SKOOL」の文字のおかげで、インナーとして着てもしっかり存在感をアピール。裾のリブを省いたゆったりシルエットのつくりで、スタイリング全体にどこかリラックスしたムードを漂わせる。

おこもりファッションを楽しくするスウェットコレクション
出典 FUDGE.jp

 

昨年スタートした《コンバース トウキョウ》と《ミュベール》のコラボシリーズ最新作は、フロントにバンダナのようなペイズリー柄を配置したクルーネックスウェット。上に羽織ったジャケットからその印象的なグラフィックを覗かせれば、視線が集まる大胆なカジュアルルックが完成。

おこもりファッションを楽しくするスウェットコレクション
出典 FUDGE.jp

 

おこもりファッションを楽しくするスウェットコレクション
出典 FUDGE.jp

様々なリメイクウエアを展開する《オーガンザ》。カレッジ調のプリントが目を引く《チャンピオン》製ボディのプルオーバースウェットは、両サイドのスリットを活かした重ね着を楽しみたい。¥14800(ビーバー 渋谷)

 

おこもりファッションを楽しくするスウェットコレクション
出典 FUDGE.jp

《アー・ぺー・セー》らしいオーセンティックなデザインの一品。フロントのブランド名の下に書かれているのは、ブランドのヘッドオフィスがある通りの名前。¥21000(アー・ぺー・セー カスタマーサービス)

 

おこもりファッションを楽しくするスウェットコレクション
出典 FUDGE.jp

何とも鮮やかなボディカラーが印象的。フロントにはパイル地などで立体的に表現した、どこかノスタルジックで可愛らしいグラフィックをオン。着るだけで独創的なスタイリングを叶えてくれる1着。¥34000(デューン)

 

 

photograph_Sasaki Takeshi
styling_Tamura Kazuyuki
hair&make-up_Naito Ayumi[Elme]
model_Sia

 

FUDGE vol.200 2020年2月号より

 

 

元記事で読む