1. トップ
  2. 【行ったつもりハイキング】壮大な琵琶湖の眺めと山岳風景を同時に満喫「滋賀・蓬莱山」

【行ったつもりハイキング】壮大な琵琶湖の眺めと山岳風景を同時に満喫「滋賀・蓬莱山」

  • 2020.5.4
  • 4980 views

外出できない今だから、おうちで絶景山歩きコースをたどる「行ったつもりツアー」を提案。<※情報は発売中の「関西の山登り&ハイキング」より>

【写真】南東に琵琶湖が広がる蓬莱山山頂の眺め

比良山系の名峰である滋賀県の蓬莱山は、琵琶湖の大パノラマが美しい、湖西随一の絶景山。ハイキングは11月後半までのグリーンシーズンに楽しめる。標高が1174メートルと高さのある山だが、「びわ湖バレイ」のロープウェイ&リフトを使えば、山頂までいっきに登ることができる。山頂からは、琵琶湖を見ながら絶景ハイクに出発!

琵琶湖の絶景をカフェ&スイーツと一緒に楽しめる、びわ湖テラス THE MAIN
琵琶湖の絶景をカフェ&スイーツと一緒に楽しめる、びわ湖テラス THE MAIN
伊吹笹におおわれた登山道横で休憩
伊吹笹におおわれた登山道横で休憩

■1「蓬莱山山頂」標高1000m超えの絶景に感動!

標高1174メートルの比良山系で2番目に高いビュースポット。南東に琵琶湖、南西には比良山系の山岳風景が広がる圧倒的なパノラマ風景は、いつまでも眺めていたくなるほど感動的。小女郎ヶ池まで往復約3キロのコースの出発点でもあり、池までのルートを一望することができる。

【写真】南東に琵琶湖が広がる蓬莱山山頂の眺め
【写真】南東に琵琶湖が広がる蓬莱山山頂の眺め

■2「小女郎ヶ池」伝説も残る雨乞いの池

里に住む村人の妻と、池の主である大蛇の化身との悲哀伝説が残る池で、比良山系にある池の中で最も高地に位置。霊験あらたかな〝雨乞いの池〟としてもあがめられている。周囲には数本の立ち木もあり、木陰で一服するのにも最適。

6000年の歴史を持つと言われる小女郎ヶ池
6000年の歴史を持つと言われる小女郎ヶ池

■3「打見展望台」巨大なロープウェイも間近に

ロープウェイ山頂駅のすぐ横にある展望台。琵琶湖の絶景はもちろんのこと、巨大なロープウェイが行き来する様子も間近で眺めることができる。絶景を見ながらのランチは最高。4月下旬〜10月はテーブル付きのベンチもあるから、弁当を食べたりランチ利用などにも便利だ。

打見展望台には4月下旬〜10月はテーブル付きのベンチもある
打見展望台には4月下旬〜10月はテーブル付きのベンチもある

■4「びわ湖テラス」琵琶湖を見渡す絶景を独占!

レジャー施設「びわ湖バレイ」内にある「びわ湖テラス」。山頂の最も眺望のいい場所に設けられたテラスからは、琵琶湖全体のおおよそ8割を見渡せる。琵琶湖をこれだけ見渡せる場所は恐らくほかになく、その美しさは琵琶湖随一と言える。

湖北の景色が望めるNorth Terrace Infinity Lounge
湖北の景色が望めるNorth Terrace Infinity Lounge

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、びわ湖テラスはロープウェイを含め休業しています。訪問は控えてください

元記事で読む