1. トップ
  2. ヘア
  3. 春っぽい柔らかさを出すならニュアンスカール♡抜け感でみせるヘアスタイル特集

春っぽい柔らかさを出すならニュアンスカール♡抜け感でみせるヘアスタイル特集

  • 2020.5.3
  • 3385 views

春は暖かくなって服装も軽くなる季節。それに合わせてヘアスタイルもニュアンスカールで抜け感を作るのはいかがでしょうか?この記事では、抜け感のあるおしゃれなニュアンスカールを作るために役立つ情報をまとめました。ニュアンスカールを習得するとおしゃれ上級者になれますよ!

ニュアンスカールの魅力とは

ニュアンスカールの最大の魅力は、何といっても簡単に抜け感が出せること。


抜け感は簡単に表すと「決めすぎていないおしゃれ感」のことです。

ほどよく力の抜けたリラックス感がおしゃれに見えるんですね!

大人っぽくどこか色っぽい雰囲気が出せるのは、ニュアンスカールならでは。

またニュアンスカールはヘアアレンジにも活かせます。
ただ1つにまとめただけでも、ニュアンスカールがかかっていると抜け感のあるおしゃれヘアに。
頑張りすぎていない感じがおしゃれ上級者に見せてくれますよ。

抜け感を作るニュアンスカールのコツ

ニュアンスカールを作るにあたって、知っていると役立つポイントを4つご紹介します。

熱を当てすぎない


ニュアンスカールはゆるい巻きがポイントです。
熱を長く当てるとカールが強くなってしまうので、ニュアンスカールにはなりません。


ワンカールを作るときも、一周させるのではなく半カールくらいのイメージで作るとニュアンスが出ます。
曲線を作る感覚でアイロンを動かしましょう!


ちなみに、カールアイロンでもストレートアイロンでもニュアンスカールは作れますよ。

なるべく等間隔で巻く


全体を巻かなくても何となくそれっぽく仕上がるのがニュアンスカールの良さ。
とはいえ左右差がありすぎると、寝癖のように見えてしまう可能性も…。


几帳面に考える必要はありませんが、全体を見て巻きが少ないと感じる部分はニュアンスカールを加えるようにしましょう。

スタイリング剤を上手に使う


ニュアンスカールは巻きが強くない分、崩れやすいスタイルです。
スタイリング剤を使ってキープしましょう。
エアリーに仕上げるのも、濡れ髪にするのも両方似合いますよ。

スタイリングが難しい場合はカットを変える方法もある


自分でニュアンスカールを作るのが難しいという人はカットを工夫するのもアリ。
レイヤーを入れたりウルフにすると、毛先をワンカールするだけでもニュアンスカールが出来上がります。
なりたいスタイルを美容師さんに相談してみてくださいね。

長さ別のニュアンスカール

ここからは、長さ別のニュアンスカールを紹介します。

ショートのニュアンスカール

ハンサムなショートはストレートだとビシッとクールな印象。
ニュアンスカールにすることで今っぽい抜け感が出ますね。

ボブのニュアンスカール

毛先をハネさせたり、表面を浮かせるように巻いたボブのニュアンスカール。
シースルーバングと相性抜群です。

ミディアムのニュアンスカール

毛先がぽわんとした可愛らしいミディアムのニュアンスカール。
ワンカールだけだと毛先だけ重くなるので、表面に動きを出すのがポイントです。

ロングのニュアンスカール

全体的にゆるいニュアンスカールのロング。
少しハネて浮いているように見える部分も、おしゃれさを増すポイントになっています。

どんなニュアンスカールが自分に合うのか、やはり試してみるのが1番です。

おうち時間にニュアンスカールの練習をしてみてもいいかもしれませんね。
慣れてくると普通に巻くより時間もかからないので、習得しておくと便利ですよ♪

元記事で読む