1. トップ
  2. 仲里依紗演じる狂気的な主婦“れいぞう子”の名前の由来が明らかに<美食探偵>

仲里依紗演じる狂気的な主婦“れいぞう子”の名前の由来が明らかに<美食探偵>

  • 2020.5.2
  • 1013 views
「美食探偵 明智五郎」第4話では、仲里依紗演じる主婦“れいぞう子”が殺人事件を引き起こす
(C)NTV

【写真を見る】“姑からの大量の手料理”で埋め尽くされた冷蔵庫を見つめる“れいぞう子”(仲里依紗)

中村倫也主演ドラマ「美食探偵 明智五郎」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の第4話が5月3日(日)に放送となる。第4話にて明智(中村)が挑むのが“キッチン・ハラスメント殺人事件”。

今回、その犯人として主婦“れいぞう子”(仲里依紗)が登場するが、なぜ“れいぞう子”という奇妙な名前を名乗るのか、その由来が明かされた。

本作は「東京タラレバ娘」「偽装不倫」を手掛けた東村アキコによる初のサスペンス漫画「美食探偵―明智五郎―」をドラマ化した作品。

三度の食に命を懸ける美食家であり、「江戸川探偵事務所」で探偵業を営む明智五郎が、相棒の苺(小芝風花)と共に“食”を通してさまざまな殺人事件を解決する。

【写真を見る】“姑からの大量の手料理”で埋め尽くされた冷蔵庫を見つめる“れいぞう子”(仲里依紗)
(C)NTV

第4話に登場する“れいぞう子”こと主婦・みどり(仲)は、新居に引っ越しをしてから真っ先に買った大きな冷蔵庫の中を自分の手料理でいっぱいにし、夫(落合モトキ)に食べてもらおうというささやかな夢を持っていた。

しかし、東北の姑から毎週送られてくる大量の手料理によって冷蔵庫は埋め尽くされ、それをこよなく愛する“マザコン夫”によって夢は打ち砕かれてしまう。

そんな“キッチン・ハラスメント”にストレスを抱えるみどりは、“れいぞう子”というハンドルネームを使い、インターネット上の掲示板に「食料品を毎週送りつけてくる姑に困っています」と相談。

“キッチン・ハラスメント”にストレスを抱え、ついにマザコン夫を殺害してしまう
(C)NTV

その書き込みを見たマリア(小池栄子)は、彼女の思いにつけこみ、“れいぞう子ちゃん”と呼びかける。

「全てを捨てて、冷蔵庫を空っぽにして…」とマリアに背中を押された“れいぞう子”は、夫のために手作り料理を作るはずだった包丁を手に、夫を殺害。その後、マリアは空になった冷蔵庫を“あるモノ”でいっぱいにしようと企む…。

第4話では、姑と夫による“キッチン・ハラスメント”によって幸せな生活を奪われた、主婦の“哀しい狂気”が描かれる。(ザテレビジョン)

元記事で読む