1. トップ
  2. 恋愛
  3. 彼と付き合って正解? 相性を見極めるために考えるべきこと4つ

彼と付き合って正解? 相性を見極めるために考えるべきこと4つ

  • 2020.5.1
  • 7684 views

せっかくお付き合いするからにはすぐに終わってしまうような関係はイヤ、きちんと堅実で安定した関係を築いてゆきたいと思いませんか。そのためには彼との相性をしっかり見極めることが大切です。
彼と付き合って本当に大丈夫? と感じたときに考えるべきこととはなにか、4つのポイントをまとめてみました!

相性を見極めるために考えるべきこと

1: この人となら信頼し、安定した関係を築けそうと心から思える?

どんなに大好きでも、いつ浮気されるか不安だったり、自分が大事にされていると実感できない相手だったら、長いお付き合いはきっと難しいでしょう。
“この人が好き!”という気持ちと同じくらい、“この人なら安心できる”と思えなければ、本当に相性がいいとは言えません。そしてそれは頭でいろいろと考えこむより、直感的に信じられるかどうか、ということにかかっています。
他人のアドバイスではなく、自分の直感を大事にしましょう。

2: 彼と笑いのセンスを共有している?

どんなに熱烈に惹かれ合っても、冗談がまるで通じなかったり、シリアスになりすぎて笑顔がぎこちなくなってしまう、というのは相性があまりよくないようです。その反対に、どんなことでもそこに笑える要素を見出し、一緒に笑ってしまうというのは限りなく相性がいい証拠。
笑いのセンスが共有できていれば、険悪ムードも吹き飛ばせるし、なによりお付き合いをしても、いろいろなことを一緒に楽しめそうな予感がします。

3: “隣の芝生は青く見える”なんて状態に陥ってない?

“本当にこの彼でいいの?”と迷いが生じているとき、ひょっとして友だちやほかのカップルと自分たちを比べて、もの足りない気分になっていないでしょうか。“隣の芝生は青く見える”と言いますが、人って常にないものねだりな生きものなのです。他の誰かと比べる必要も意味も全くありません。
彼と自分、ふたりの関係だけを見つめてそのお付き合いに大きな意味があるのかどうか、よく考えてみましょう。

4: どうして彼のことが好きなの? 彼は自分のどんなところに惹かれているの?

なぜ自分は彼のことが好きなのか、そして彼は自分のどんなところに惹かれているのか、よく見つめ直してみるといいでしょう。
一時的な気まぐれではなく自分が彼を心の底から必要としている理由、そして彼が本当に自分のことを理解し、支えてくれる存在なのかどうか、よく突きつめて考えてゆけば自ずと答えはでるはずです。
もしその答えがあいまいなものだったり、どこか後ろめたい気持ちがあったりするのだとしたら、なにか問題が潜んでいそうです。

まとめ

もちろんいろいろなタイプの人と付き合って恋愛経験を積んでゆくのもいいでしょう。でも人ってやはり一つのパターンに陥りがち。そしてそれが負のパターンだと、いくつになっても相性のいい相手を見極められず、恋愛で失敗してしまうことが多いのです。
だからこそ“彼と私の相性は大丈夫?”とよく考えてみることも必要でしょう。

元記事で読む