1. トップ
  2. ファッション
  3. 春の「ヴィンテージ」な気分を満たすパンツ&ジャケット

春の「ヴィンテージ」な気分を満たすパンツ&ジャケット

  • 2020.4.30
  • 4327 views
undefined

単なる「ベーシック」も「引き算のオシャレ」という響きも、最近ちょっと聞き飽きた。少し甘く、どこかなつかしい。いつもの延長できる足し算で、スタイリングに手間をかける。リアリティを重視しながらなつかしいテンションを加えるための、ショッピング計画をスタート。

GENTLE PANTS
「なつかしいパンツに要するリテラシー」
わかりやすく美脚を保証する細身のパンツより、ヴィンテージライクな太めパンツのよさを見極めるほうが難しい。パンツ自体で、もしくはアレンジで。太めのパンツをやぼったく見せないための2つの方法。

□ねらうは「紳士のスラックス」のようなフォルム
□ラクに腰位置が上がるハイウエストは大前提

□TYPE
「品格を保てる色と質感」
BROWN SATIN >> ラフな白Tとでもノーブルな趣


ブラウンにツヤを上乗せした大人のためのヴィンテージ感
白ロングTシャツ 16,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) ライトブラウンフレアパンツ 38,000円+税/ebure サングラス 33,000円+税/BLANC サンダル 10,000円+税/ティキーズ(RHC ロンハーマン) 素材感によっては、ただやぼったくなりがちなブラウンのワイドパンツ。リュクスなサテン素材なら、白Tでさえ高貴なヴィンテージ感へと高めることが可能。

□TYPE
「ベルトで促すハイウエスト」
USED WHITE >> きゃしゃに見せるベルトのひと手間


品のいいベージュTシャツとならUSEDパンツもうまくいく
モカTシャツ 4,500円+税、ベルト 4,000円+税/ともにUngrid 白フレアデニムパンツ 9,800円+税/Long Beach Antage サンダル 9,900円+税/A de Vivre それだけで味わいのあるUSEDの白デニムは、サイズ選びで悩むことも。細身のベルトでブラウジングするようにウエストマークすれば、多少のゆるみもプラスに働く。ニュートラルな配色も好印象。

FRIENDLY JACKET
「ジャケットには親しみをこめて」
風格のあるヴィンテージルックを約束するジャケットは、ほかで適度にハズしてこそよさが生きるもの。インナーで遊んだり、レイヤードでクセを出したり、自由なマインドでドレスダウン。

□ジャケット自体は飽きのこない正統派を選ぶ
□レイヤード向きの「ちょっと大きめ」がベター

□METHOD
「インナーだけハメをハズす」
CAMEL(DOUBLE) >> ベーシック軸に攻めたTシャツ


スカートも正統派なら多少遊んでも冷静さを保てる
ベージュダブルジャケット 17,000円+税/N.O.R.C by the line(N.O.R.C) プリントTシャツ 7,500円+税、黒ボリュームスカート 15,000円+税/ともにAKTE サンダル 10,900円+税/A de Vivre 風格のあるダブルのジャケットとフレアロングスカート。テイストの反するコミカルなプリントTシャツは「のぞかせる」ぐらいのバランスが、大人にとって好都合なMIX感。
© & TM Lucasfilm Ltd.

□METHOD
「コートでおおってまじめさをセーブ」
BEIGE(SET-UP) >> 色は守って、着方を変える


ジャケットをトップスのようにとらえた新発想
黒スプリングコート 12,800円+税/MOUSSY (バロックジャパンリミテッド) ベージュテーラードジャケット 42,000円+税、リネンスラックスパンツ 24,000円+税/ともにガリャルダガランテ(ガリャルダガランテ 表参道店) ベージュリブニットカットソー 22,000円+税/ハクジ(ブランドニュース) ローファー 14,900円+税/A de Vivre ゆるやかなコートで包み込むように。

元記事で読む