1. トップ
  2. 「何に見える?」あなたを正しい方向へ導くのは誰?【心理テスト】

「何に見える?」あなたを正しい方向へ導くのは誰?【心理テスト】

  • 2020.5.21
  • 695016 views
undefined

何か悩んだ時に色々な人に相談すると様々なアドバイスをもらうことがあるでしょう。そういう時、誰を信じたらよいかわからなくなり、自分の進むべき方向を見失ってしまうことってありませんか?あなたを正しい方向へ導いてくれる人は、あなたの深層心理が知っています。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.人

2.けん玉

3.アイス

4.上向きの拡声器



1.人に見えた人は「本」

図形が人に見えた人は、誰かの意見ではなく、本を参考にすると自分が進むべき方向を示してもらうことができそうです。人の意見に惑わされず、あなたが悩んでいることがテーマとして書かれている本を参考にしてみてはいかがでしょうか。

このタイプの人は、人からの影響を受けやすいところがありそうです。素直で、周りの人の意見を真剣に聞き取ってしまうため、あれこれ意見を出されると困惑し自分の気持ちを見失いがちになるのではないでしょうか。

本は、あなたのペースであなたが欲しい情報だけを得ることができるツールです。あなたが正しい方向へと進むために不必要な情報は自然と自分で目をそらすことが可能です。正しい方向が見えない時は、本を読んで答えを探すようにしてみましょう。

2.けん玉に見えた人は「友人」

図形がけん玉に見えた人は、友人に正しい方向を示してもらうことができそうです。あなたのことをつかず離れずの距離でちゃんと見ている友人だからこそ、あなた自身が進むべき道を客観的に見て教えてくれることでしょう。

このタイプの人は、とても友人としっかりとしたつながりを作っている傾向にありそうです。心の底から信頼しあえるような関係性を築けるため、友人となった人はあなたのことを本当によく知っていることでしょう。

あなた自身が道が見えなくなった場合でも、そんな関係の友人であれば簡単に正しい道を見出すことが叶いそうです。またあなた自身が本当はどうしたいのか、そういった肝心なところもちゃんと汲んだ意見を出してくれることでしょう。

3.アイスに見えた人は「親的な人」

図形がアイスに見えた人は、親もしくは親的な人に正しい方向を示してもらうことができそうです。実際の親かもしれませんし、先生や先輩、上司かもしれません。あなたのことをしっかりと見ており、また常識的な意見をきちっと出してくれる人が良いでしょう。

このタイプの人は、少し感情に流されやすいところがありそうです。そのため一時の感情で少し道を誤ってしまうということがよく起こりがちでしょう。そういう時、親もしくは親的な人が親身になってあなたに踏み外してはいけない常識を教えてくれるはずです。

あなたのその時の感情にはそぐわない意見かもしれません。あなたの想いをくじくような意見であることもあるでしょう。けれども、あなたが正しい道に進むためには、その意見をしっかりと聞いておくことが必要かもしれません。

4.上向きの拡声器に見えた人は「縁もゆかりもない人」

図形が上向きの拡声器に見えた人は、あなた自身とは縁もゆかりもない人に正しい方向を示してもらうことができそうです。ネットなどの相談への回答は無責任なものが多いですが、実はその無責任な意見こそがあなたを正しい方向へと導く原動力となるでしょう。

このタイプの人は、迷っているような時でも実は心の中では意見が定まった状態となっていそうです。すでに自分にとって正しい方向性は見えている状態と言えるでしょう。けれども一歩が踏み出せず悩んでいるだけなのです。

縁もゆかりもない人の無責任な意見を色々見ているうちに、そのことにあなたは気が付くはずです。人がなんと言おうと、自分はこの方向へ進むんだという気持ちが湧いてくることでしょう。そうすればおのずと正しい方向を見つけることができるでしょう。



ライター:aiirococco
公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。知っているようで知らない自分のこと。自分の心理をのぞいてみませんか?自分を知るワクワクドキドキ感をお伝えします!
編集:TRILLニュース編集部



※2020年4月7日発令の「緊急事態宣言」を受け、『TRILLニュース』記事制作チームでは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、より一層の管理体制強化をしております。