1. トップ
  2. 第31話:逃亡ティータイム / ワカコさんと隣の二人の話 連載【誰かの話】

第31話:逃亡ティータイム / ワカコさんと隣の二人の話 連載【誰かの話】

  • 2020.4.24
  • 124 views

 

第31話:逃亡ティータイム / ワカコさんと隣の二人の話 連載【誰かの話】
出典 FUDGE.jp

外山夏緒さんの物語の連載【誰かの話】31話めは、「偶然居合わせた人たち」のお話です

 

 

31. 逃亡ティータイム

 

第31話:逃亡ティータイム / ワカコさんと隣の二人の話 連載【誰かの話】
出典 FUDGE.jp

 

延々続く打ち合わせから逃げて、

一息つくためにワカコさんが入った喫茶店の隣の席では、

火の鳥みたいなおねえさんと、髪の毛が紫色のおばさんが

向かい合っておしゃべりをしている。

 

火の鳥みたいなおねえさんは、

去年結婚した旦那さんが先週逃げていった話をして、

 

髪の毛が紫色のおばさんは、

先月飼い始めたコザクラインコが今朝逃げていった話をしている。

 

二人とも明るい口調でとてもやかましかったが、

よほど気がかりだったのか、ワカコさんが隣にいる間、

逃げたそれぞれの家族の話を延々繰り返していた。

 

喫茶店にいる間に、何度も同じ話を聞かされて、

赤の他人の逃げたそれぞれの家族の名前を連呼され続け、

ワカコさんはその二つの名前を二度と忘れることはないだろう。

 

 

「私は今までの人生の中で、誰の名前を一番多く呼んだかしら?」

 

 

ワカコさんはふと考えたが、

特に誰の顔も思い浮かばなかった。

 

 

第31話:逃亡ティータイム / ワカコさんと隣の二人の話 連載【誰かの話】
出典 FUDGE.jp

 

・・・

 

絵をはじめ、詩や物語の制作、それらで展開したインスタレーションを行うなど、多岐にわたって活動をしている、gungulparmanの外山夏緒さん。この連載は、彼女が自身のWEBで発表していた「誰かの話」を「ラジオと火星人とコーヒーフロート篇」として、新たにグラフィック作品を加えてお届けしていきます。この世界のどこかにいるかもしれない「誰か」の日常を切り取ったお話を、お楽しみください!

 

Text & Illust_Toyama Natsuo

 

第31話:逃亡ティータイム / ワカコさんと隣の二人の話 連載【誰かの話】
出典 FUDGE.jp

外山夏緒

2015年より、絵や詩、物語で展開したインスタレーションなどの美術活動をスタート。他、イラストレーション、空間装飾、グラフィックデザインなどで活動中。その他、自身のプロダクトブランドgungulparmanでの商品制作やアートワークなども行う。

WEB:gungulparman.com

Instagram:@gungulparman

 

 

元記事で読む