1. トップ
  2. おでかけ
  3. テンションが上がる女子旅に!全国の“女子旅に人気の観光地”10選

テンションが上がる女子旅に!全国の“女子旅に人気の観光地”10選

  • 2020.4.21
  • 9910 views

女子旅って楽しいですよね。この記事では、女子旅におすすめの日本国内の観光地をご紹介します。思わず写真を撮りたくなるようなフォトジェニックなスポットや、思いっきり楽しめるテーマパークなどが盛りだくさんです。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

1. 小豆島 / 香川県

まず最初にご紹介するのは、香川県にある「小豆島(しょうどしま)」です。小豆島へは、高松港や宇野港などいくつかの港から船が出ています。ロマンチックな「エンジェルロード」など、リゾート感もあるフォトスポットが盛りだくさん。女子旅に大人気の離島なんです。

小豆島オリーブ公園

とにかく魅力的なスポットの多い小豆島ですが、特におすすめなのが「小豆島オリーブ公園」です。敷地内の「ギリシャ風車」はフォトジェニックなスポットで、日本国内にいながらまるで海外旅行に来たかのような気分を味わうことができますよ。

詳細情報

小豆島

エンジェルロード

小豆島オリーブ公園

2. 新島 / 東京都

続いて2番目にご紹介するのは、どこを切り取ってもアートな「新島(にいじま)」です。東京から高速船で2時間半、調布飛行場からは飛行機で約35分の距離という意外と近い穴場スポットです。白い砂浜もあり、透明度の高い海には驚かされます

島の至るところにある、ユニークな建造物に興味をそそられます。イースター島のモアイをイメージして造られたのが、こちらの「モヤイ像」。渋谷の駅前にあるモヤイ像も、実は新島から贈られたものなんだとか。ここでしかできない、アート体験を楽しむことができそうです。

詳細情報

新島

3. ハウステンボス / 長崎県

続いて3番目にご紹介するのは、長崎県佐世保市にある「ハウステンボス」。単独規模としては、日本最大の敷地面積とされていて、1年中花やイルミネーションで彩られる目で楽しむテーマパークです。建物の造りが洋風なだけではなく、敷地内を馬車が走ったりと、まるで外国に来たような気分にさせてくれます。

アトラクション、アミューズメントもバラエティ豊富で、飽きずに雨の日でも楽しめます。また、イベントも数多くやっているので、いつ来ても違ったハウステンボスを楽しめます。お気に入りの方法で、思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか。

詳細情報

ハウステンボス

4. 門司港 / 福岡県

続いて4番目にご紹介するのが、「門司港レトロ」と言われているエリアです。大正・昭和時代の趣ある建物が今でも数多く残され、どこか異文化な雰囲気に浸かることができます。歴史ある建物めぐりだけではなく、山口県の下関まで渡ることもできるので、時間があれば合わせて楽しんでみるのがおすすめです。

お洒落な雑貨屋さんも多く、お買い物も楽しめます。門司港のグルメと言えば、焼きカレー。焼きカレーを食べた後、おしゃれなカフェで一服してみてはいかがでしょうか。夜も展望台に上がって夜景を楽しんだり、ナイトクルーズをしてみたりと終日楽しめます。

詳細情報

門司港レトロ

5. 神戸 / 兵庫県

続いてご紹介する「神戸」にも、魅力的なスポットが盛りだくさんです。「北野異人館街」には明治大正期に建てられた洋館が残されており、スターバックスもこの景観になじむよう造られていて、ファンが多く訪れるところでもあります。異人館見学の後は、レトロな雰囲気の中でティータイムなどいかがでしょうか。

神戸北野、三宮、ハーバーランドなどの地域には、おしゃれなカフェがいっぱい。流行りの萌え断などのインスタ映えする写真がとれますよ。ハーバーランドは夜に行くのがおすすめです。食べ歩きには困らないエリアで、美味しいものを思いっきり楽しむ女子旅におすすめです。

詳細情報

神戸北野異人館街

スターバックスコーヒー 神戸北野異人館店

Hachi Cafe -KOBE-

6. 金沢市 / 石川県

続いてご紹介するのは「金沢」です。人気観光スポットである「ひがし茶屋街」は、出格子がある古い街並みで金沢ならではのお店がひしめいています。金粉をあしらったソフトクリームや抹茶スイーツなどの食べ歩きを楽しんでみるのがおすすめです。

金沢の海の幸を堪能したり、「兼六園(けんろくえん)」にて散歩を楽しんだりするのも良いですが、その中でも女子旅におすすめなのが「金沢21世紀美術館」です。こちらはただ見るだけの美術館ではなく、他の人と行くからこそ体験できる展示があり、女子同士で盛り上がることができますよ。

詳細情報

ひがし茶屋街

金沢21世紀美術館

7. ユニバーサル・スタジオ・ジャパン / 大阪府

7番目にご紹介するのは、男女問わず大人気の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」。アトラクションが多く、体感型が多いのも特徴です。人気はなんといっても「ハリーポッター」の世界観をテーマにしたエリアで、たくさんアトラクションを楽しみたい人や待ち時間が嫌な人は「エクスプレスパス」が必須です。盛り上がる各種イベントに参加するのも、思い出に色を添えます。

ハリーポッターエリアにある「バタービール」は、ビールといってもアルコールは入っていないのでどなたでも楽しめます。ビールヒゲを付けて、友達と写真をとるのもいい思い出です。おみやげにもぴったりなお菓子が売っている「ハニーデュークス」は、多くの人でにぎわう大人気のお店です。

詳細情報

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)

ハニーデュークス

8. みなとみらい / 神奈川県

港町として栄えたおしゃれな街、「みなとみらい」。「横浜美術館」や「日本丸メモリアルパーク」、ドラマ撮影などでも有名な「山下公園」、「ワールドポーターズ」にてお買い物や、夜には「コスモワールド」のコスモクロック21に乗って夜景を見るのも、旅の思い出になります。

「山手西洋館」は、日本国内にいながらヨーロッパ風の素敵な建物を見ることができます。「赤レンガ倉庫」や「象の鼻パーク」にてスイーツを楽しんでみるのもおすすめです。とにかく見どころ満載のみなとみらいエリアは、女子旅にもってこいです。

詳細情報

みなとみらい駅

よこはまコスモワールド

横浜山手西洋館

9. 東京ディズニーランド・ディズニーシー / 千葉県

続いて9番目にご紹介するのは、定番のお出かけスポットである「ディズニーランド・ディズニーシー」です。こちらは改めてご紹介するまでもありませんが、かわいいディズニーキャラクターがいるテーマパーク。その人気は、結婚式をここで挙げる根強いファンもいるほどです。

ディズニーキャラクターと一緒に写真を撮ったり、パレードに参加して盛り上がったり、アトラクションで楽しんだり、隠れミッキーを探したり…遊び方は人それぞれです。また、ディズニーシーではアルコールも飲むことが出来ますので、大人女子にはそちらがおすすめです。

詳細情報

東京ディズニーランド

東京ディズニーシー

10. 倉敷美観地区 / 岡山県

続いて10番目にご紹介するのは、岡山県にある「倉敷美観地区(くらしきびかんちく)」。倉敷川沿いに、柳が頭をかかげる風情ある街並みがとても素敵です。カフェや食事処が豊富で、倉敷オリジナルの雑貨屋さんなども立ち並び、一日いても飽きないおすすめスポットです。

くらしき桃子 倉敷本店

こちらの写真は、倉敷美観地区に3店舗をかまえる「くらしき桃子」のパフェです。季節によって変わるので、いつ訪れても楽しめるフルーツ好きの方にはとってもおすすめのお店です。こちらのお店以外にも、おしゃれで美味しいカフェが回りきれないほどたくさんあります。

詳細情報

倉敷美観地区

くらしき桃子 倉敷本店

11. 湯布院 / 大分県

続いてご紹介するのは、大分県にある温泉地として有名な「湯布院(ゆふいん)」。こちらのエリアを訪れたら、「金鱗湖(きんりんこ)」を散歩しながら見て回るのがおすすめです。金鱗湖のほとりには「マルクシャガールゆふいん金鱗湖美術館」があり、1階がカフェとなっているので金鱗湖を眺めながらティータイムをすることができます。

その他におすすめなのが、「湯布院フローラルヴィレッジ」です。こちらは世界一美しい村といわれるイギリス・コッツウォルズ地方の村を再現したスポットなんだとか。女子旅には欠かせない、フォトジェニックな写真が撮れるおすすめスポットです。

詳細情報

金鱗湖

湯布院フローラルビレッジ

12. 函館 / 北海道

最後にご紹介する女子旅におすすめのスポットは、北海道の「函館(はこだて)」です。
「八幡坂(はちまんざか)」は特におすすめのスポットで、海沿いのどこかノスタルジックな雰囲気を味わうことができます。冬には雪とのコラボレーションが美しく、思わず写真を撮りたくなる光景が広がっています。

「金森赤レンガ倉庫」は北海道函館ベイエリアのランドマークで、イベントやグルメ、ショッピングを楽しめます。レトロな街散策、美味しい函館の海の幸を食べる、おしゃれなカフェタイムを楽しむ…魅力いっぱいの函館で、素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

詳細情報

八幡坂・基坂

金森赤レンガ倉庫

次の女子旅、どこ行く?

1人で行くなら景色の良いところに出向きたいですが、友達と行くならやはり盛り上がりたいですよね。おしゃれなスポットとフォトジェニックな美味しいスイーツ、雑貨屋さんなど女子が盛り上がれる観光地をご紹介しました。女子旅の目的地に迷ったら、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

元記事で読む