1. トップ
  2. レシピ
  3. ご飯のお供に最適! 節約食材・とりむね肉の中華風アレンジ5選

ご飯のお供に最適! 節約食材・とりむね肉の中華風アレンジ5選

  • 2020.4.21
  • 3210 views
「とり塩回鍋肉」
料理:重信初江 撮影:白根正治

【画像を見る】オイスターソースの香りが食欲をそそる「スナップえんどうのとり卵炒め」

他の肉よりも安価で手に入る「とりむね肉」は、給料日前の心強い味方。応用がきくので、どんな調理でもおいしくいただけますよね。そこで試してみてほしいのが、とりむね肉の中華風アレンジ。しっかりとした味つけでご飯のお供にも最適なので、ガッツリ食べたいときに作ってみてはいかがでしょう?

とり塩回鍋肉

【材料・2人分】

キャベツ 1/3個、とりむね肉 1枚(約200g)、下味(酒 大さじ1、片栗粉 小さじ1、塩、こしょう 各少々)、万能ねぎ 4~5本、にんにくの薄切り 1片分、ごま油、酒、塩、こしょう

【作り方】

1. とり肉は大きめの一口大のそぎ切りにし、下味の材料をもみ込んで少しおく。キャベツは大きめのざく切りにし、軸は薄切りに、万能ねぎは3cm長さに切る。

2. フライパンにごま油大さじ1とにんにくを入れて弱火にかけ、香りが立ったらとり肉を入れ、中火で両面を2~3分、途中上下を返して色よく焼く。

3. キャベツを加えて強めの中火で炒め、かさが少し減ってきたら万能ねぎを加え、酒大さじ1、塩小さじ1/3、こしょう少々をふり入れてさらに約1分炒める。

(1人分293Kcal、塩分1.7g)

ヘルシーなとりむね肉を使った、あっさり塩味の回鍋肉です。とりむね肉は一口大のそぎ切りにして下味をもみ込んでから、少しおいて味をなじませましょう。キャベツを大きめのざく切りにすると、シャキシャキとした食感が楽しめます。

スナップえんどうのとり卵炒め

卵を加えて、彩りとボリュームをプラス。スナップえんどうの両側にある筋は食べたときに口に残るので、しっかりと取り除いてくださいね。

【画像を見る】オイスターソースの香りが食欲をそそる「スナップえんどうのとり卵炒め」
料理:重信初江 撮影:原ヒデトシ

とり肉と長いものオイスター炒め

長いものシャキッとした食感を残すコツは、フライパンに後から加えること。火を通しすぎないように注意しましょう。

「とり肉と長いものオイスター炒め」
料理:鈴木薫 撮影:宗田育子

油淋鶏(ユーリンチー)梅じょうゆだれ

下味をつけた肉に小麦粉をからめたら、さらに片栗粉をつけていくのがポイント。カリカリでふわっとしたころもに仕上がります。

「油淋鶏(ユーリンチー)梅じょうゆだれ」
料理:下条美緒 撮影:千葉充

とりむね肉の青椒肉絲(チンジャオロースー)風

とりむね肉をチンジャオロースー風に調理した、しっかりとした味つけのおかずです。炒める直前に片栗粉をまぶすと、つるりとした食感に。

「とりむね肉の青椒肉絲(チンジャオロースー)風」
料理:石原洋子 撮影:日置武晴

今回ピックアップしたレシピは、冷めても味が落ちないものばかり。夕飯のメインとしてはもちろん、朝から作っておけば、お昼ごはんのおかずとしても活用できますよ。(レタスクラブニュース)

元記事で読む