1. トップ
  2. 中村倫也、“倫兄(ともにぃ)”と慕う小芝風花に「最近は娘みたいな感覚(笑)」<「美食探偵 明智五郎」連載>

中村倫也、“倫兄(ともにぃ)”と慕う小芝風花に「最近は娘みたいな感覚(笑)」<「美食探偵 明智五郎」連載>

  • 2020.4.18
  • 1558 views
変わり者の探偵・明智五郎(中村倫也)と相棒ともいえる料理人・小林苺(小芝風花)の対談をお届け!
撮影=横山マサト

【写真を見る】「最近はふざけ合い過ぎて…」という息ぴったりの中村倫也&小芝風花

中村倫也が主演を務める話題のドラマ「美食探偵 明智五郎」(日本テレビ系)。今回は、明智の相棒ともいえる小林苺を演じる小芝風花との対談をお届け。最近、中村のことを“倫兄(ともにぃ)”と呼ぶようになったという小芝との兄妹のような仲良しインタビューは必見です!

【写真を見る】「最近はふざけ合い過ぎて…」という息ぴったりの中村倫也&小芝風花
撮影=横山マサト

最近はふざけ合い過ぎて…(中村)

中村「最初こそ緊張していたように見えたけど、最近はふざけ合い過ぎて、スタッフさんからも『あ、またやってるわ』みたいな感じに思われているよね(笑)」

小芝「本当に楽しい撮影現場で、メーキング映像を見るのが怖いぐらいです(笑)。最近だと、明智さんの探偵事務所にある呼び鈴を使って、クイズ大会をしてますよね」

中村「回答から始まって、指名された人が質問を考える逆クイズのことね」

小芝「倫也さんはまさに雑学王という感じで、マニアックな問い掛けが多いんですよ。私は答えを投げるだけ投げて終わってしまうことがほとんどです(笑)」

中村「確かにそういうことが多いかも(笑)」

小芝「倫也さんと現場をご一緒していると、こんなお兄ちゃんがいたら楽しいだろうなと。なので、今では“倫兄”と呼ばせていただいてます!」

中村「最近は妹というよりも娘みたいな感覚になってきました(笑)」

小芝「お兄ちゃんを超えちゃった(笑)」

中村「本当に一生懸命な子なので、風花ちゃんがいると現場が明るくなるんですよね。彼女がいる日といない日では現場の雰囲気が全然違うので、いてくれるととてもありがたいです」

小芝「ありがとうございます(笑)。それこそ共演させていただく前は“倫兄”に対してクールなイメージがあったんですが、すごく楽しい方で、いつも遊んでいただいています。でも、こだわりが強いのは明智さんに似ていますよね?」

中村「そうかな? でも、気になるところと気にならないところの差が激しいのは似ているかな。あと、これは芝居の一環でもあるんですけど、役によってシャンプーを変えたりすることもあります」

小芝「へえー、すごいですね!」

「今では“倫兄”と呼ばせていただいてます!」という小芝風花
撮影=横山マサト

奥さんになる人は大変だと思います(笑)

中村「明智の場合、トップの髪をバサッとさせるので、トリートメントは後ろとサイドにしかつけないとか。もしこの先、僕が結婚したとしたら、奥さんになる人は大変だと思います(笑)」

小芝「まだ前のシャンプーが残っているのに『また変えたの?』みたいな?」

中村「そうそう(笑)。あと、このドラマでは食べるシーンも多いから、そこにも気を使うよね?」

小芝「昨日の撮影では6400円もするうな重が出ました! でも、予備がないから、失敗しないようにと思って緊張しました(笑)。明智さんは食べられないシーンだったから、残念でしたよね」

中村「僕は撮影の後にいただきました。温め直したおいしいやつを(笑)」

小芝「ずるいですよ(笑)」

中村「でも、食べるシーンはだいたい1回撮って終わりなので、そこまで食べている感じはないかな」

小芝「明智さんは優雅に食事をされるので、私や桃子(富田望生)のようにガツガツ食べられないですもんね」

中村「明智の場合、口に入れたものを飲み込むまでセリフを言えないので。この間、ささみ料理が出てきたときは、自分が大きく切りすぎたのもあるんだけど、咀嚼するのに時間がかかって大変だった」

小芝「本番中にも『飲み込めない』と言ってましたね」

中村「本当はセリフを気にせずに食べながらしゃべっている芝居の方が好きなんだけど、明智はそういうわけにはいかないからね」

小芝「確かに。そういう意味では、苺ちゃんは気にせずに食べられるのでよかったです(笑)」

ドラマ「美食探偵 明智五郎」第2話より
(C)日本テレビ

中村「ちなみに、第2話ではおいしそうな海鮮の“のっけ丼”が出てきます。あと、第1話ではなぞ解き的な要素はなかったんですけど、2話以降は明智の探偵としての推理にも言及していくので、そこも見どころだと思います。あとはゲストの志田未来ちゃんにもご注目を!」

小芝「ぜひ、ご堪能あれ!」

中村「ものすごく簡単な一言で締めたね(笑)。でも、まさに“ご堪能あれ!”だね」

4月19日(日)放送の第2話のあらすじは…

ドラマ「美食探偵 明智五郎」第2話より
(C)日本テレビ
ドラマ「美食探偵 明智五郎」第2話より
(C)日本テレビ

第2話は、帝都ホテルで若いカップルが殺害された事件を捜査することになった明智(中村)。被害者の胃からは、朝食にないはずのリンゴが検出され、ルームサービスに毒が混入された可能性が高いとみて、調査を進めることに。警部・上遠野(北村有起哉)は、被害者の男に二股をかけられていたリンゴ農家の娘・茜(志田未来)に疑いの目を向けていた。その後、明智は事件の影にマリア(小池栄子)の存在を感じ、茜の実家がある青森のリンゴ農園へと向かう。(ザテレビジョン・取材・文=馬場英美)

元記事で読む