1. トップ
  2. 田中みな実、弘中綾香アナ、千葉雄大らが“あざトーク”全開「結構、ブラック・バーチー出てた」

田中みな実、弘中綾香アナ、千葉雄大らが“あざトーク”全開「結構、ブラック・バーチー出てた」

  • 2020.4.17
  • 3081 views
田中みな実、弘中綾香、山里亮太、千葉雄大が“あざトーク”で盛り上がる
(C)テレビ朝日

“あざとい女子”の二大巨頭・田中みな実と弘中綾香アナに加え、山里亮太の3人が“あざとさ”について語り合う特番「あざとくて何が悪いの?」(夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)の第2弾が、4月17日(金)に放送。このほど、田中や弘中アナらからコメントが到着した。

【写真を見る】体を鍛え抜くストイックな田中みな実

「あざとく生きることの何が悪いの?」と開き直り、ミニドラマで再現された“あざとい女の生態”を出演者が切っていく本番組。

今回は、2019年9月26日に放送された第1弾を見て「番組の大ファンになった」という、あざと男子の代表格・千葉雄大が初参戦する。千葉は「どんな形でもいいから参加したい!」と番組にラブコールを送り、出演が決まったという熱の入りようだ。

そんな千葉を含めた4人で、鋭過ぎて震える視点、毒舌を交えながら、パワーアップした“あざトーク”を繰り広げる。

田中&弘中アナの最強コンビ

前回の「あざとくて何が悪いの?」で初対面、初共演を果たし、意気投合した田中と弘中アナ。

オンエアでは弘中アナが田中へ“弟子入り宣言”をする場面も流れたが、収録後早々に実現していたことが判明する。

「番組プロデューサーには『バチバチしていた方が面白いから、仲良くするな』と言われていたのですが、弘中ちゃんがかわいくて仕方なくて、もう好き過ぎて…!」と田中。

初共演以来、2人でよく食事もしているそうで、弘中アナも「無事に弟子入りを果たして、プライベートでもみな実さんの技を習得している最中です!」と笑顔を浮かべた。

今回も“職場にいるあざとい女”や、“あざと賢くプレゼントする女”、“あざとく想像させる女”など、一筋縄ではいかない猛者たちが登場するが、田中と弘中アナはその一挙手一投足に次々とツッコミを入れながら、自らの“あざとい手の内”も明かしていく。

これには、山里も「素晴らしい企業努力を、惜しげもなく見せてくれている!視聴者の皆さんも、本当に勉強になると思いますよ」とコメントした。

豪華出演者が実例ミニドラマで“あざとい女”を熱演

そして、今回は連続ドラマ「ホリデイラブ」(2018年、テレビ朝日系)で“あざとかわいい女”を演じ、一躍脚光を浴びた松本まりかや、AKB48の柏木由紀らがミニドラマで“あざとい女”を熱演する。

また、新企画として“あざと男子”も登場。「年下あざと男子が大好物」だという田中の体験談もミニドラマで公開される。

収録中には、この体験談を受け、千葉が田中のことを「チョロい」と一刀両断する場面も。容赦なくバッサバッサと“あざとさ”に斬り込み、物申していく千葉の雄姿に、レギュラー陣も大喜び。

収録後も「すごく生々しい意見が聞けました!」(田中)、「千葉さんは私たちにもちょっと理解できないような、一歩先を行く、あざといテクニックも持ってらっしゃる(笑)」(弘中アナ)、「これ、ホントに放送していいの?結構、ブラック・バーチー(※千葉)が出てたよ!」(山里)と、興奮冷めやらない様子。

その上で千葉から「まだ話し足りないくらいです!」という“無限の潜在能力”を感じさせるコメントが飛び出し、山里が「これ、もう第3弾決定だね!」と声を上げると、田中と弘中アナも賛成し、4人で早くも第3弾の実現に向けて士気を高めていた。

さらに放送に向け、出演者から到着したコメントを余すところなく紹介する。

田中みな実コメント

第1弾の放送後、いろんな人に「見ました、あざとい番組!」と言っていただき、あまりの反響の大きさに驚きました。

この番組がきっかけとなり、弘中(綾香)ちゃんと「“あざとい”とは何ぞや」という趣旨の取材も受けさせていただき、自分たちが“あざとい”の代表格みたいな立ち位置でお話をしていることに2人して笑ってしまいました(笑)。

弘中ちゃんとは、前回の収録で初めてお会いしました。番組プロデューサーには「バチバチしていた方が面白いから、仲良くするな」と言われていたのですが、弘中ちゃんがかわいくて仕方なくて、もう好きすぎて…!プロデューサーの意向を無視して、ちょこちょこ2人で会っています。

だから、第2弾が決まったときも本当にうれしかったです。

今回は、あざと男子の代表格ともいえる千葉(雄大)さんが参加してくださったことで、我々がうっかり見過ごしていた、あざとい男女の言動が浮き彫りになったり、間違いなくパワーアップした内容となっております!

千葉さんは日頃、世間が求めるかわいい男の子として振舞っているかと思いますが、この収録では存分に“ブラックな千葉雄大”を発揮してくださって…とてつもなくヒリヒリしました。

年下あざと男子に翻弄(ほんろう)された私の体験談がミニドラマで再現された際も、千葉さんに「田中さんってチョロいんですね」と言われたてしまったのですが、まったくその通り。私、チョロいんです(笑)。

今回は千葉さんと一戦を交えることができて、とても光栄でした!第3弾もこのメンバーでぜひ実現させたいです。

弘中綾香アナコメント

第2弾をやるのが遅かったかな――。そう思うくらい、第1弾が放送されたときは同世代の女性はもちろん、男性からも反響があったんです。

「あざといことをやっているのはズルい」という考え方は、もう古い!この番組を機に、世間でも“あざとい”の定義がちょっと変わったような気がしました。

第1弾では初対面だった(田中)みな実さんとも仲良くさせていただくようになって、一緒に“あざとい”の代名詞として取材まで受けさせていただけたことも、本当にありがたく光栄です。

前回の番組収録時に宣言した通り、無事に弟子入りを果たして、プライベートでもみな実さんの技を習得している最中です!

今回は千葉雄大さんもゲスト出演してくださり、本当に勉強になることがたくさんありました。

千葉さんは正攻法の“あざとい”だけでなく、私たちにもちょっと理解できないような、一歩先を行く、あざといテクニックも持ってらっしゃるんです(笑)。

しかも、それがナチュラルなんですよ!すごいなぁって思います。今回は再現ミニドラマに松本まりかさんや柏木由紀さんたちも出演してくださり、本当に豪華な第2弾になりました!

明日から実践できるテクニックも満載なので(笑)、さらに自分の価値を磨いていきたい20代、30代の方々にぜひ学んでいただきたいです。実践したら、絶対にモテますよ(笑)!

山里亮太コメント

ネットでもバズるほど、たくさんの人が第1弾を見てくれましたし、周囲からも「目の前で田中みな実vs.弘中綾香の戦いを見て、どうだった?」と聞かれたんですよ。

実際、僕はノニト・ドネアと井上尚弥の試合を見たくらいの感覚を覚えたので、第2弾があると確信してました!今回も収録が始まった瞬間から、すでに第3弾も視聴者の皆さんが呼び寄せてくれているような気がしたんですよ。

ゲスト出演してくれたバーチー(千葉雄大)も「話し足りない」とのことですから、これはもう第3弾決定だね!

僕自身はまだ“あざとい頂上決戦”への耐性がついてない状態ですけど(笑)、収録を通して“あざとい”ってネガティブな意味じゃないんだなぁ、ということは感じてます。

今回も、田中さんや弘中さん、そしてバーチーも“あざとい”の裏にある素晴らしい企業努力を、惜しげもなく見せてくれている!通信講座を立ち上げたくなるほどの教えがあるので、皆さんも本当に勉強になると思います。

「これ、ホントに放送していいの?結構、ブラック・バーチーが出てたよ!」ってくらい、バーチーもさらけ出してくれてますし、3人ともすごくいいラリーを展開していますから。

あと皆さん、今回の第2弾を見れば、田中みな実を落とすことができます(笑)!「そりゃ相手の心をくすぐるわ!」っていう、キュンとする場面もい~っぱい見られますので、ぜひチェックしてください。

千葉雄大コメント

前回の放送を見て、番組の大ファンになったんです。

“あざとい”に市民権がある感じが好きで、田中みな実さんと弘中綾香さんにすごく共感しました。それで、本当におこがましいんですけど、「どんな形でもいいから参戦したい!」と思って、出演を熱望していたんです。

今回、実際にゲスト出演させていただいて、改めて「ひとつの再現ミニドラマに対して、こんなにもいろんな視点があるんだ!」と実感しましたし、すごく面白かったです。

あざとい僕でもやっぱり、アレルギー反応が出るところは出るんですけど(笑)、後から「あ、自分も同じことをやってるな」と思うこともあるし、「“あざとい”を毛嫌いしてる人ってどうなんだろう!?」と反省する部分もあるんです。

きっと世の皆さんも同じなんじゃないかな。だからこそ、皆さんも全否定せず、一度“あざとい行動”を実践してみたらいいんじゃないかな、と僕は思います。

この約半年、レギュラーメンバーの皆さんと“あざとい”についてガッツリ話したいと思っていましたし、あざとい男性のミニドラマも“昔の自分”を思い出すような内容で(笑)、収録に参加できて本当にうれしかったです。

収録中、田中さんの実体験を再現したミニドラマを見て「チョロい」と言ってしまったことに関しては…ごめんなさい!ちょっと言い方が悪かったです(苦笑)。

でも番組全体的には、まだ話し足りないくらいです!もし第3弾が実現するなら、ぜひまた参加させていただきたいです。(ザテレビジョン)

元記事で読む