1. トップ
  2. 坂上忍が愛犬との物語を涙で語る「申し訳なくて…」なにわ男子は「クイズ―」で高橋海人に下克上!?

坂上忍が愛犬との物語を涙で語る「申し訳なくて…」なにわ男子は「クイズ―」で高橋海人に下克上!?

  • 2020.4.17
  • 872 views
「坂上どうぶつ王国 3時間SP」より
(C)フジテレビ

【写真を見る】真剣な眼差しで「クイズ―」に挑戦するなにわ男子と、それを見守る高橋海人

4月17日(金)に放送される「坂上どうぶつ王国 3時間SP」(毎週金曜夜7:00-8:00、フジテレビ系※4/17は夜7:00-9:55)に、なにわ男子の大橋和也、大西流星、長尾謙杜が登場。そして、坂上忍が14匹のイヌと3匹のネコと暮らすきっかけになった愛犬との物語を紹介する。

坂上が、放送同日に出版する初めての絵本『リクはよわくない』。体が弱く生まれながらも、懸命に生きた1匹のイヌとその飼い主の物語だ。この絵本に登場する「リク」とは、坂上家の5男、イタリアン・グレーハウンドの宝田リクゼン。このリクと坂上の出会いは2011年3月、坂上が偶然訪れたペットショップだった。

「細い脚が内股で震えて、ガリガリで大丈夫かなって…」と、その時のリクの様子を語った坂上。獣医師は成長不良の状態だと診断したが、坂上はそんなリクを不憫に思い引き取ることにしたという。

坂上家に迎えられたリクだったが、病弱のため散歩も困難で食も細く、坂上は消化の良い野菜をゆでてドッグフードに混ぜるなど、食事に工夫をしてなんとか食べさせていた。試行錯誤しながらリクに辛抱強く向き合い、坂上家のきょうだい犬と一緒に海に行くなど楽しい時間も過ごしていたが、リクは徐々に衰弱し入院。

「一緒に暮らしていた家で、お兄ちゃんたちがいる家で過ごした方がいいんじゃないかなと思って…」と、坂上は自宅でリクを看取ることを決めたという。

「あと何秒いられるかわからないと思って、リクを抱っこして僕のベッドで寝ていて。僕もいつの間にか寝ちゃっていて、こっちまでうんちまみれになっちゃって、それでも何にも気にならなくなっていました。もういくらうんちしたっていいから、ちょっとでも長生きしてほしいと思っていた」と当時を振り返る坂上。

【写真を見る】真剣な眼差しで「クイズ―」に挑戦するなにわ男子と、それを見守る高橋海人
(C)フジテレビ

その後もリクの看病を続けた坂上だったが、2011年10月。仕事を終えた坂上の帰りを待っていたかのように、坂上に抱かれてかすかに反応したリク。「抱っこしてしばらくして息を引き取って…。だから死に目には会えたんですけど、後悔ばっかりですよ。やっぱりね、申し訳なくて…」と、涙で言葉を詰まらせた坂上。

「千葉にワンちゃん用の一緒に暮らす家まで建てて、リクのことがなかったらこんな風になっていないのは確かなんですよ」「自分だったら困っているワンちゃんを幸せにできるとか、どんな子でもしつけられるとかではなく、イヌの命を軽く見ているとかでもなくて、また失敗しちゃうかもしれないけれど、色々勉強もさせてもらったから、変なところに行くんだったら家に来てくれていいんだよって…」と涙を流しながら、リクがきっかけとなって行き場がないイヌやネコをひきとって一緒に暮らしていく決意をしたことを明かした。

また、世界中から集めた動物のおもしろ映像も紹介し、鈴木保奈美や石原さとみ、長澤まさみなどが、その映像の中で登場するかわいいイヌやネコたちの気持ちになってアフレコに挑戦。

さらに、「クイズ!僕はどこにいるでしょう?」になにわ男子の大橋、大西、長尾が挑戦。レギュラー出演者で最年少のKing & Prince・高橋海人が得意な企画に、若さはじけるなにわ男子が登場し、下克上を目指す。

※高橋海人の「高」は正しくは「はしご高」(ザテレビジョン)

元記事で読む