1. トップ
  2. スキンケア
  3. エディターが太鼓判! 春に取り入れるべきは“オイル美容”。

エディターが太鼓判! 春に取り入れるべきは“オイル美容”。

  • 2020.4.16
  • 1789 views

エディターが太鼓判! 春に取り入れるべきは“オイル美容”。

2020.04.15 21:19

春の健やかな肌づくりには、スキンケアオイルが欠かせない! 話題の新商品から新ブランドまで、エディターが愛用中のブランドをピックアップ。

ピュアショット ナイトセラム 30mL ¥10,500/YVES SAINT LAURENT(イヴ・サンローラン・ボーテ)

【さらに写真を見る】エディターが太鼓判! 春に取り入れるべきは“オイル美容”。

「過労肌」を救え!

リモートワークでほとんどの時間を家の中で過ごしているうちに、自分の肌が乾燥しているのを実感するようになりました。本当なら外的環境のストレスが少ないはずなんだけど、新型コロナ問題から派生するさまざまな不安要素は間違いなくストレスで、やはり肌も過労しますよね。そういった様々なさまざまなストレスの影響で過労状態になってしまった「過労肌」を、本来の生き生きとした状態に取り戻すことをコンセプトとした、「イヴ・サンローラン・ボーテ」PURE SHOTシリーズの「ピュアショット ナイトセラム」がとてもいいです。

ムーンカクタスオイル(“夜の女王”と呼ばれるムーンライトカクタスは、一年に一晩、6時間だけ花を咲かせるそうで、開花直前に生成する特別なオイルをコールド&スロー抽出プロセスで採取したそう)とグリコール酸の二層式セラムは、肌再生のための栄養だけでなく、角質浄化作用もあるそうで、翌朝の肌がすっきりとしていて、手触りもよくなっているのを感じました。軽やかなつけ心地も好みなので、しばらく使ってみたいと思う逸品です。クリアなパッケージは、ケースにレフィルボトルをセットする仕組みになっていて、環境へも配慮したエコ コンシャスな仕様になっているのも嬉しいです。(VOGUE GIRL副編集長 荒井 現)

イヴ・サンローラン・ボーテ

0120-526-333

 

マヌカオイル 10ml ¥4,200/AOTEA(ホールサム・ジャパン)

スポッツケアに重宝! NZ発、マヌカオイル。

ニュージーランド発エシカルライフスタイルブランド「アオテア(AOTEA)」。マオリ族の血を引く創業者が祖母のマオリハーブの伝統的な活用法にインスパイアされて誕生したブランドです。ニュージーランドといえばマヌカハニー。日本でも人気ですが、その元となるのはマヌカの木。花、葉、木の皮など、万能薬としてマオリ族に愛されてきました。こちらのマヌカオイルはマヌカの木の枝と葉から抽出したオイル。抗菌作用があるため、ニキビ、赤み、かゆみのあるところなど、お肌の気になる部分に少量を手や綿棒に取って塗布して使用。季節の変わり目やリモートワークなど環境や生活リズムの変化で、私の肌も悲鳴をあげていますが、マオリ族のレスキューオイルでケアしたいと思います!(VOGUE GIRL エディター 蔵澄 千賀子)

ホールサム・ジャパン

https://aotea.stores.jp/

 

shiro タマヌ オイルインセラム 30ml ¥15,000/SHIRO(ローレル)

「タマヌオイル」で、肌のごわつきに打って勝つ!

「SHIRO」の2層式のオイルセラムは、すでに4-5回はリピートしているくらい、大のお気に入りです。これをつけてからベースメイクをすると自然な潤いが持続するようで、「今日調子いいね、なんかした?」と、何人かに褒められて以来、手放せない存在に。惚れ込んだポイントは、私の極度な乾燥肌にも負けず、ぐいぐい浸透してくれる保湿力。沖縄産の「タマヌ」をたっぷりと使用したオイルなのですが、こちらは生命力の高く、古来から万能薬として用いられていた植物です。スキンケアにワンステップ足すと、潤いでしっとり&ふっくらとするのと同時に、紫外線対策としてもタマヌは有効。ナイトケアにも、ベースメークの前のスキンケアとしても愛用しています。今年になって中身だけがリニューアルされ、以前よりもタマヌオイルが3倍にパワーアップ。自然由来の豊かな香りにも癒されます。(VOGUE GIRL エディター 諸岡 由紀子)

ローレル

https://shiro-shiro.jp

 

アスレティア コアバランス オイル 50ml ¥5,500/ATHLETIA(アスレティア)

新感覚オイルで、スキンケア前に肌をウォームアップ!

在宅ワークが推奨されておうちで過ごす時間が増え、メイクもいつもより薄めに……となって気になり始めたのが素肌のコンディション。これを機に、より健やかな肌状態を目指したい!と一念発起し、スキンケアを見直すことにしました。手に取ったのは、2月にデビューしたばかりのスキンケアブランド「アスレティア(ATHLETIA)」。クレンジングからセラムまでトータルラインナップが揃うなかで、特に注目なのがこのオイル。使うのは洗顔後すぐ。汚れを落とした肌にのせてマッサージすることで肌を目覚めさせ、スキンケアのスタートポジションを整える、というアイテムです。「最初にオイルをのせたらベタつくのでは?」と思ったのですが、さらりとしたテクスチャーでベタつきはナシ。ほどよくすべってマッサージしやすく、絶妙な使い心地です。フレッシュな森の空気を吸っているような気持ちの良い香りも◎。ヘルシーでみずみずしい素肌を目指して、しばらく続けてみようと思います!(VOGUE GIRL ジュニア・エディター 宮島 彰子)

アスレティア

0120-220-415

 

ジャンルー・エッセンスオイル 100ml ¥4,500/JEANLOUP(ジャンルー)

ヘアケアから出発した万能オイル。

中目黒にアトリエを構えるヘアデザイナーが手がける「ジャンルー」。シャンプーとトリートメントを愛用中ですが、艶のあるしっとりしたオイルもとてもおすすめです。有機アサイーオイルをはじめ、7種のボタニカル成分からなるやさしい原材料で、潤いを髪の内側にしっかりキープ。“もち肌”ならぬ“もち髪”を実現してくれるのですが、ヘアだけでなく全身に使用可能。スキンケアの最後に、乾燥の気になるひじやひざに塗ったらしたら、首もとからぐっとリンパを刺激しながら顔をマッサージ。残ったオイルをヘアや爪に塗って、全身のスキンケアが完了です。爽やかなレモングラスの香りで癒されながら眠りについています。(VOGUE GIRL アシスタント・エディター 塚原 由香理)

ジャンルー

https://hellojeanloup.stores.jp/

 

ハービヴォア ボタニカルズ フェイスオイル(ラピス)50ml ¥¥9,900/HERBIVORE BOTANICALS(イッツ ソー イージー)

神秘的! 鮮やかブルーの美容液。

シアトル発のスキンケアブランド「ハービヴォア ボタニカルズ」。オーガニック植物や鉱物の力をつかった”代替医療”の考え方をベースとした処方や、見ているだけで楽しいカラフルなルックスが人気のブランドです。今回は、神秘的なロイヤルブルーのフェイスオイルをご紹介。肌のベースを強くし、トラブルに負けない肌へと導いてくれるのだとか。もともと荒れやすく、保湿してもあまり水分が入っていかない肌質なのですが、このオイルはひと塗りでスーッと肌に溶け込むようになじんでびっくり! スパイシーな香りが気分のスイッチをオンにしてくれるので、朝一での使用もオススメ。少しお値段は張るのですが、ご褒美スキンケアとして大切に使いたいと思います。(VOGUE GIRL アシスタント・エディター 田中 莉子)

イッツ ソー イージー

http://itssoeasy.jp

 

元記事で読む