1. トップ
  2. グルメ
  3. 台風被害を免れた長野県産リンゴをたっぷり使用!リンゴグラノーラ「RINO」

台風被害を免れた長野県産リンゴをたっぷり使用!リンゴグラノーラ「RINO」

  • 2020.4.14
  • 719 views

美味しく食べて復興支援をしよう!

台風19号の復興支援団体「長野アップルライン復興プロジェクト」は、長野県産リンゴをたっぷり使用したリンゴグラノーラ「RINO」を4月13日(月)より発売中だ。

「長野アップルライン復興プロジェクト」とは

2019年10月に発生した台風19号がもたらした豪雨により、存続の危機に瀕した長野のリンゴ産業。

リンゴ園や直売店が立ち並ぶことから「アップルライン」の愛称で親しまれる長野市の国道18号周辺も、千曲川の決壊により大きな被害が及んだことは記憶に新しいのではないだろうか。

「長野アップルライン復興プロジェクト」は、活動のひとつとして、継続的に復興を支えていく商品が必要と考え商品開発をスタート。多くの人に愛される商品を目指して東京や長野で試食会を開催し、商品改良を重ねてきた。

“サンふじ”がたっぷり入ったグラノーラ

今回販売される「RINO」は、台風被害を免れ収穫することができた長野県産のリンゴ“サンふじ”が入ったグラノーラ。舌触りなめらかでジューシーなドライリンゴを一袋にたっぷりと詰め込んだ。

存在感を出すために、ドライリンゴは大きめにカット。噛み締めるほどに甘酸っぱさが感じられ、国産大麦グラノーラとも相性抜群!アップルピューレ、キビ糖、はちみつを使ったやさしい甘さで、飽きのこない味に仕上がっている。

また、様々な食べ方を楽しめるのも「RINO」の魅力の一つ。牛乳や豆乳をかけたり、ヨーグルトやアイスクリームにトッピングして自分好みのアレンジを楽しもう!

「RINO」の価格は100g入/1280円(税別)。「RINO」公式WEBサイトまたは長野市にある「ながの東急百貨店」で購入することができる。

素敵なパッケージに入ったグラノーラは、自宅用としてはもちろん、ギフトとしても大活躍すること間違いなし!普段リンゴを食べる習慣のない人も、ぜひこの機会に生産者の想いがつまったリンゴグラノーラを味わってみてはいかが?

元記事で読む