1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. マスクの携帯収納に!簡単マスクケースの作り方

マスクの携帯収納に!簡単マスクケースの作り方

  • 2020.4.13
  • 128034 views

今日はマスクをちょっと外したい時に訳に立つアイディア、一時置き用マスクケースの作り方をご紹介します。使いかけのマスクもスマートに保管できておすすめです。

外したマスク、どうしよう?

マスクが手放せない毎日ですが、食事の時など外すこともありますよね。

外したマスクはどうしていますか?そのまま机やテーブルの上に置いたり、半分に折ってポケットやバッグに入れたりする方が多いのではないでしょうか。

本来ならな一度外したマスクは廃棄し、新しいマスクをつけるのが衛生面でも望ましいのでしょうか、マスク不足が続く今日ではそういう訳にもいきません。

今日はマスクをちょっと外したい時に訳に立つアイディア、一時置き用マスクケースの作り方をご紹介します。使いかけのマスクもスマートに保管できておすすめです。

材料・道具

材料・道具

・お好みの布

   表布(約25×30センチ)

   裏布(約25×30センチ)

・アイロン接着芯(必要に応じて)

・マジックテープ(幅2.5センチのものを2.5センチ)



・チャコペン

・ハサミ

・定規

・マチ針、クリップなど

・ミシン糸

・アイロン

・型紙用の紙

作り方

それでは画像とともに作り方をご紹介します。
大まかな作り方は下記の通りです。

①型紙を作る。
②布に接着芯を貼る。
③布にしるしをつけてカットする。
④ミシンで縫う。
⑤縫い代の角をカットしてカーブに切り込みを入れる。
⑥表に返してステッチを入れる。
⑦マジックテープをつけて完成!
 

①型紙を作る。

まず型紙を作ります。

今回は縦9センチ横14センチの小さめサイズのマスク用に作ったものでご紹介していきます。

普通サイズの場合は横幅を3センチプラスして(左右に1.5センチずつプラスする)型紙を作って下さい。

②布に接着芯を貼る。

布の裏面にアイロン接着芯を貼ります。

今回使用した布は薄くハリがなかったので、表布と裏布の両方に接着芯を貼りました。

布に合わせて片面だけ貼ったりなどお好みで調整してください。

布を中表に合わせます。

③布にしるしをつけてカットする。

布がズレないようにクリップなどでとめます。

型紙を置いてチャコペンでしるしをつけます。

しるしをつけたら、1センチの縫い代をつけてカットします。

④ミシンで縫う。

返し口の部分は縫わないようにして、しるしの通りにミシンで縫います。

⑤余分な縫い代をカットして、カーブに切り込みを入れる。

表に返した時に角の部分の縫い代がゴロゴロするので、〇で囲った角の部分をカットします。

ミシンで縫ったところを切らないように気を付けて、赤い三角の部分を切り落とします。

カットしました。

フラップのカーブ部分も表に返した時に縫い代をすっきりとさせるため、三角に切り込みを入れます。

カットしました。

⑥表に返してステッチを入れる。

返し口から表に返します。

表に返したらアイロンをかけて落ち着かせます。

返し口の部分がまだ開いているので、端から3ミリくらいのとこをぐるりと一周ミシンをかけて返し口も閉じます。

真ん中(赤い線)をミシンで縫います。

⑦マジックテープをつける。

中心のステッチから5ミリ上のところにマジックテープの硬いほうをつけます。

裏に返してマジックテープの柔らかいほうをフラップにつけます。

マジックテープがついたら完成です!

留めるものはマジックテープでもスナップボタンでもお手持ちのものを使ってくださいね。

使い方

マスクのゴムの部分を持ってマスクを外します。

マスクの口が当たっていた面を上にして写真のようにマスクを置きます。

マスクは中心のステッチ(赤線)より上に置いてください。

手前を持ち上げて、マスクを挟むように中心のステッチ(赤線の部分)で折ります。

半分に折りました。

もう一度手前を持ち上げて、赤線の部分で折ります。

折りました。

マジックテープをとめて、マスクを収納できました。

マスクのゴムが出ているのが気になるようであればフラップにかけることもできます。

マジックテープを止める前にフラップにマスクのゴムをかけます。

両方のゴムをかけたら、マジックテープをとめます。

ゴムもすっきり収納できました!

いかがでしたか?

「マスクをちょっと外したい時に!一時置き用マスクケースの作り方」をご紹介しましたがいかがでしたか?
私は使い捨てマスクを一時置きする時は横半分に折り畳んでいたのですが、再び使う時にノーズワイヤーに折れ跡がつくのが気になっていました。そこでワイヤーが折れないように縦に折るこのマスクケースを作ってみました。
布なので一度使ったら洗濯ができます。洗濯をして干した後はアイロンをかけるとより衛生的にお使いいただけると思います。
まだマスクは手放せそうにありませんが、お気に入りの布でマスクケースを作って少しでも快適なマスク生活を送ってくださいね。

元記事で読む
の記事をもっとみる