1. トップ
  2. ファッション
  3. アディダス オリジナルスの旗艦店が原宿にオープン、東京の夜景を描いた限定スニーカー発売

アディダス オリジナルスの旗艦店が原宿にオープン、東京の夜景を描いた限定スニーカー発売

  • 2015.4.17
  • 1479 views

アディダス オリジナルス(adidas Originals)が、東京・原宿に旗艦店「アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウ(adidas Originals Flagship Store Tokyo)」を2015年4月24日(金)にオープンする。

ベルリン、上海、ソウル、ロンドン、ミラノに続いて、世界6店舗目となる旗艦店が、日本に上陸。コンセプトは“周辺の街並みや文化に根付き、コンシューマーと共にストリートカルチャーを発信する場を創造する”こと。

商品ラインナップは国内最大規模で、アディダス オリジナルスの象徴的なアイテムに加え、原宿の街にあわせてセレクトしたアイテムも並ぶ。特に、フットウェアにおいては日本最大のアイテム数を用意。地下1階はメンズ、2階はレディースのアイテムを取扱い、1階では、ストリートカルチャーの発信や体験イベントを開催する「アクティベーションスペース」を設置した。

店舗を象徴する“マニフェスト”は、芥川賞作家の川上未映子が書き下ろした。また、アートディレクターの千原徹也をコンセプトクリエイターとして起用。

オープンを記念して、ランニングシューズ「ゼットエックス フラックス トウキョウ(ZX FLUX TOKYO)」が限定発売。東京の夜景を象徴するネオンサインをデザインに落とし込んだ、限定モデルだ。“tokyo”のロゴをあしらった「トレフォイル トウキョウ ティー」も登場。

また写真や画像を使って、オリジナルのアッパーデザインができる、スニーカーカスタマイズサービス「マイ ゼットエックス フラックス フォトプリント」内でも、東京限定のオリジナルグラフィックは無料でダウンロードができる。

さらに「東京の光(過去 / 現在)祭り」というアイデアのもと、各界で活躍する様々なアーティストとコラボレーション企画も開催。銭湯絵師の中島盛夫は、日本の伝統と現代を1つのグラフィックに織り交ぜた、背景画を店内に描き出す。またアートディレクターのエドツワキは、アートと音楽がコラボレーションするライブアートパフォーマンスを披露。ブックディレクターの山口博之は、ブランドを象徴する“青”に合わせて選書した本を店内に飾る。

今後も、アーティストたちによるイベントを順次開催予定なので、ぜひチェックしてみて。

【ショップ詳細】
アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウ
オープン日:2015年4月24日(金)
住所:東京都渋谷区神宮前5-17-4 神宮前トーラス
TEL:03-5464-5580
営業時間:11:00~20:00
取り扱いアイテム数:フットウェア 210アイテム、アパレル 230アイテム、アクセサリー 120アイテム
<フロア構成>
B1F:アディダス オリジナルス メンズ
1F:アクティベーションスペース
2F:アディダス オリジナルス ウィメンズ
<オープン記念 限定アイテム>
・ゼットエックス フラックス トウキョウ 13,200円+税
・トレフォイル トウキョウ ティー 4,500円+税
※2015年4月24日(金)より予約受付スタート、5月中旬より発売予定。

【問い合わせ先】
アディダスグループお客様窓口
TEL:0570-033-033