1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【100均アイテム活用術】はぎれ布で簡単!縫わないコースター

【100均アイテム活用術】はぎれ布で簡単!縫わないコースター

  • 2020.4.10
  • 8121 views

家の中に使わない「はぎれ布」が余ってありませんか?今回は「はぎれ布」とセリアの「目隠しシート」を使って作る、縫わないコースターの作り方を紹介します。ペラペラの布でも大丈夫。裁縫が苦手な人でも簡単に作れるので、ぜひお試しください。

はぎれ布で簡単!縫わないコースター

今回は、はぎれ布とセリアの「目隠しシート」で作る、縫わないコースターの作り方を紹介します。

作り方は簡単。はぎれ布とセリアの目隠しシートをカットして、布テープで貼って止めるだけ! 工作を作るように簡単にコースターができるので、ぜひお試しください。

布テープは、試しに市販のものを購入してみたところ思った以上にお値段がするので、ハギレと両面テープで作った代用品を使用しました。
記事の最後に、おまけとしてダイソーの「強力布用両面テープ」で布テープを作る様子もご紹介していますので、参考にしてくださいね。

材料・道具

<縫わないコースターの材料・道具>

はぎれ布やコースターにしたい布
セリアの目隠しシート
布テープ(代替品:はぎれ布と両面テープ)
定規
ハサミ


布のコースターは、染みてしまったり机の上に水滴が残っていたりして、気になってしまう方もいると思います。
セリアの目隠しシートを使うことで、薄い布でも厚みが出せますし、防水効果も期待できます。

縫わないコースターの作り方

1. 目隠しシートとはぎれ布をカットしていく

目隠しシートの、横20メモリ(20センチ)×縦10メモリ(10センチ)のところに印をつけます。

目隠しシートをカットします。

半分に折り曲げて、折り目をつけます。

布をカットします。

目隠しシートを半分に折った状態

10メモリ(10センチ)×10メモリ(10センチ)

よりも、ひと回りほど小さくカットしてください。

見えづらいですが、目隠しシートにのせたときに、目隠しシートが布よりも大きくなるようにします。

2. 布に目隠しシートを貼り付ける

目隠しシートに布を貼っていきます。

隅の方から少しづつ貼り付けて、目隠しシートをはがしていきます。

目隠しシートをいっぺんに剥がしてしまうと、くっついてしまい上手く貼り付けるのが難しいので、ちょっとずつ貼っていくのがおすすめです。

また、シートを貼るときは、シートの角より少しだけ内側から布を貼っていくと、完成したときに空気が入りにくくなります。(角をピッタリ合わせてしまうと、空気が入ってしまいました)

目隠しシートの半分まで、布を貼り付けた状態です。

先ほど、目隠しシートに折り目をつけたところまで折り曲げます。

残り半分を、少しづつはがし貼り付けていきます。

3. 布テープを貼っていく

布テープを4本カットします。

・コースター本体幅とおなじ長さ2本
・コースター本体幅とおなじ長さより少し長め2本

をカットしてください。

コースター本体幅と同じ長さの布テープから貼り付けます。

次にコースター本体幅より少し長めの布テープを貼り付けます。

貼り付けたら、はみ出した部分をきれいにカットします。

コースターの完成です!

おまけ:ダイソーの強力布用両面テープで布テープを作る

ダイソーで強力布用両面テープを見つけて試してみたところ、手芸店で販売していた布テープよりも強力で良かったので紹介します。

はぎれ布の裏側に両面テープを張ります。

ハサミで強力布用両面テープの周りをカットします。

ハサミでカットしただけですが、かなりきれいに出来上がりました。

ギュッと貼り付ついてくれました!

おわりに

切って貼るだけで、簡単にお好きな布でコースターが出来上がります。

これなら縫い物が苦手な人でもすぐに作れるので、試してみてくださいね。

元記事で読む