1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. Tバックってことは...? 現役ヨガ講師との座談会でわかったアンダーヘア事情

Tバックってことは...? 現役ヨガ講師との座談会でわかったアンダーヘア事情

  • 2020.4.9
  • 10959 views

ケース①VIOすべて処理

これはもう、筆者が先陣を切って話していくしかないでしょう。デリケートな話題だし、みんなの本音・真実が知りたいから。

では。

筆者は基本的にTバック着用派なので、アンダーヘアの処理はマストです。範囲はVIOすべて。Tバックにもデザインや生地面積が異なるものがあるため、どのようなタイプでも対応できるようにすべて処理しておいたほうが安心なんです。

きっかけはやはり、ぴったりレギンス+Tバックの着用をするようになったことでしょうか。人に着替えを見られることはまずありませんが、アンダーヘアがショーツからはみ出した状態は自分自身のテンションを下げるので……。

そこで気になるのが脱毛方法。

あれは確か15年ほど前。Vラインは残し、I、Oをエステ脱毛をしたのでそこまで毛量が多くなかったこともあり、普段の処理はブラジリアンワックスを選択。そう、温めたワックスを塗布して毛を一気に引き抜く、あの痛そうなアレです(毛量が少ないからと余裕でいましたが、最初の数回は結構痛かった!)。定期的に通っていましたが、1年ほど前に「あ、もうVIOのアンダーヘアはなくしてしまおう」と、ついに決意。そこで医療脱毛に切り替えました。

Tバックうんぬんもありますが、生理中も快適なんですよね。最近では、将来の介護に備えた介護脱毛も気になっていたし(メラニン色素がない白髪になった後では、十分な脱毛効果を得られないそう)。

なので、これからも医療脱毛を継続してスッキリさせようと思っています。

ケース②Vラインだけちょい残し

さあ、ここからはほかのインストラクターにも話してもらいますよ。

まずは、インストラクター歴3年目のA先生(30歳)。「私はVラインだけ残して、エステ脱毛をしています」とのこと。なぜVを残したのか、医療ではなくエステ脱毛にしたのかを聞くと……。

「温泉やプールの更衣室などで、人からの視線が気になるのが理由です。まわりの友人たちもあまり処理をしていないようなので。あと、エステ脱毛なら今後生え揃えさせることもできるだろうし……。すべて処理するのは勇気がいります」(A先生)

なるほど。筆者の個人的な意見ですが、このような処理範囲や方法を選ぶ人はヨガインストラクター以外にも多そう。ちなみに下着はTバックの日もあれば、縫い目のないシームレスタイプを着用する日もあるそうですが、「今の脱毛方法で満足できている」と言います。

ケース③Tバックの日にあわせて自己処理

もうひとり、この質問に答えてくれたのはインストラクター歴8年目のB先生(44歳)。

週に1~2回のレッスンを担当しているB先生は、自己処理派とのこと。

「いつもは一般的な型のショーツを履いているので、お手入れはレッスンでTバックを履く日のみ。ショーツから出てしまいそうな部分だけ、シェーバーで自己処理をしています」(B先生)

レッスン状況に合わせたアンダーヘア処理、ですね。これは、生徒さんも取り入れやすいのでは。「ただ、肌へのダメージや生えてきたときのチクチク感が気になるので、できれば処理したくないかな」(B先生)

自己処理は面倒だし、肌状態にも影響します。「これからはぴったりレギンス+Tバックから、サルエルパンツ+一般的なショーツの着用に切り替えていくことも考え中」と話してくれました。

三者三様のアンダーヘア事情、いかがでしたか?もちろん、絶対に処理しなくてはいけないというものではありません。あくまでも参考程度に、自分らしいお手入れ方法を探してみてくださいね。

ライター/高木沙織
ヨガインストラクター。「美」と「健康」には密接な関係があることから、インナービューティー・アウタービューティーの両方からアプローチ。ヨガインストラクターとしては、骨盤ヨガや産前産後ヨガ、筋膜リリースヨガ、体幹トレーニングに特化したクラスなどボディメイクをサポートし、野菜や果物、雑穀に関する資格も複数所有。“スーパーフード”においては難関のスーパーフードエキスパートの資格を持つ。ボディメイクや食に関する記事執筆・イベントをおこない、多角的なサポートを得意とする。2018~2019年にはヨガの2大イベントである『yoga fest』『YOGA JAPAN』でのクラスも担当。産前産後ヨガインストラクター資格、Core Power Yoga CPY®、筋膜リリースヨガインストラクター資格を保有。

元記事で読む