1. トップ
  2. レシピ
  3. お米がなくても大丈夫! 食パンを使ったお弁当5選

お米がなくても大丈夫! 食パンを使ったお弁当5選

  • 2020.4.3
  • 1788 views
「バインミー風ポケットサンド」
料理:市瀬悦子 撮影:澤木央子

たらこのプチプチ食感がアクセントに!「たらこクリチーロール」

家族のために用意するお弁当は、なるべく飽きないように工夫を凝らしてあげたいもの。とはいえ朝は忙しくて、料理に手間をかけられない日も多いですよね。そんなときはお手軽に作れる“食パンを使ったお弁当”がおすすめ。主食をパンに変えるだけで、調理がグッと楽になりますよ。

バインミー風ポケットサンド

【材料・1人分】

牛切り落とし肉 80g、にんじん 20g、大根 50g、玉ねぎ 1/8個、あれば香菜(シャンツァイ) 適量、食パン(6枚切り) 1枚、甘酢(酢、砂糖 各大さじ1、塩 少々)、ナンプラー 大さじ1/2、バター、塩、サラダ油、粗びき黒こしょう

【作り方】

1. 食パンは半分に切り、断面からパン切りナイフ(または包丁)でポケット状に深く切り目を入れる。アルミホイル(30cm長さ)を2枚用意し、それぞれ直径約4cmに軽く丸め、食パンの切れ目に詰める。

2. オーブントースターの受け皿に並べて6~7分、途中上下を返し、両面にこんがりと焼き色がつくまで焼く。

3. バター小さじ1/2は室温にもどす。にんじん、大根は薄い半月切りにし、ともにボウルに入れ、塩少々をふって混ぜ、約5分おく。水けを絞ってポリ袋に入れ、甘酢の材料を加えてもむ。約5分おいてなじませ、汁けをきる。紫玉ねぎは縦薄切りにする。

4. 小さめのフライパンに油小さじ1を中火で熱し、牛肉を炒める。肉の色が変わったらナンプラー、こしょう少々を加え、さっと炒め合わせ、粗熱をとる。

5. パンの内側にバターを半量ずつぬる。小さめのボウルに立てて入れ、紫玉ねぎ、4、3の大根、にんじんを順に半量ずつ詰め、香菜を差す。

(1人分525Kcal、塩分3.0g)

ベトナムのサンドイッチをアレンジした、エスニック風味のお弁当。食パンを半分に切ったら、断面にポケット状の切れ目を入れましょう。丸めたアルミホイルを食パンの切れ目に詰めてから焼くと、きれいな形に仕上がります。

たらこクリチーロール

たらこは口当たりがよくなるように、薄皮を取り除いてから加えます。パンと具材をラップの上にのせて巻くだけなので、子どもに作ってもらっても◎

たらこのプチプチ食感がアクセントに!「たらこクリチーロール」
料理:堤人美 撮影:澤木央子

トマトとレタスのチキンサンド弁当

2~3週間ほど冷凍保存できる「塩どり」を具材に使用したサンドイッチ弁当。塩どりはそのままお弁当に詰めれば、おかずとしてもおいしくいただけます。

「トマトとレタスのチキンサンド弁当」
料理:藤井恵 撮影:野口健志

カレーマヨ卵のパックサンド

具材をパンに詰めるときは、フォークの背を押しつけて3辺の口を閉じましょう。フォークに水を少量つけておくとパンがくっつきやすくなるはず。

「カレーマヨ卵のパックサンド」
料理:堤人美 撮影:澤木央子

カレーキャベツのパックサンド

カレー風味のスパイシーな具材が詰まった、クセになる味わいのパックサンドです。パンの口を閉じるときは、破けないように注意して。

「カレーキャベツのパックサンド」
料理:どいちなつ 撮影:原務

今回ご紹介したレシピは、食パン+具材で作れるお手軽メニューばかり。白米を切らしたときでも安心なので、この機会に作り方を覚えてみてはいかがでしょう?(レタスクラブニュース)

元記事で読む