1. トップ
  2. 恋愛
  3. ペットを飼ったら、結婚しにくくなる?【ひかりの恋愛相談室】

ペットを飼ったら、結婚しにくくなる?【ひかりの恋愛相談室】

  • 2020.3.31
  • 855 views

「ひかりの恋愛相談室」では、人気書籍 “ 「大人女子」と「子供おばさん」"の筆者であるコラムニスト・ひかりさんにGrapps読者様のお悩みを答えていただきます。

----------

ペットがいると、毎日の生活が楽しいものですよね。でも、よく言われるのが「ペットを飼ったら、結婚しにくくなる」という噂。実際はどうなのでしょうか?

Yさん・30歳のお悩み

現在、1人暮らしをしていて、婚活中です。ペット可のマンションに住んでいて、なにかペットを飼いたいなぁと思っているのですが、友達からは、「独身がペットを飼ったらおしまい。結婚しにくくなるよ」なんて言われます。本当にペットを飼ったら、婚活のマイナスになるのでしょうか?

Yさんへの回答

ペットは可愛いし、いると癒されますよね。だからこそ、心が満たされてしまって、恋愛に気持ちがいかないのでは?という理由から、「ペットを飼ったら、結婚しにくくなる」という噂があるものなんですよね。

確かに、人は、「寂しい」という気持ちが恋を見つける原動力になることはあるので、恋の意欲は薄れる人もいるかもしれません。ただそれは、「好きな人ができたら恋愛したい」というタイプではなく、「好きになる人を探して、恋をしたい」というタイプにとっては、です。何だかんだ言って、心惹かれる人が現れてしまったら、ペットがいようがいまいが、関係を深めたくなるものですしね。

実際に、ペットがいても恋人がいる人はいますし、愛情を注ぐ対象を1つに絞らなくてはいけない、なんてことはありません。だから、「恋人とペットは別物」として、ペットとの生活も恋愛も楽しんでいる人はもちろんいます。

とはいえ、現実的な問題で、恋や結婚の障害になり得ることもあります。
例えば、
・自分が飼っている動物が苦手な人とは結婚できない
・突然のお泊りはしにくくなる(恋のチャンスを逃しやすい)
・旅行に行きづらくなる
・お金がかかるので、デート代を節約しなくてはいけないこともある
など。
1つずつ、解説していきます。

飼っている動物が苦手な人とは、結婚できない

ある意味、ペットは、“連れ子”のようなものなので、それも含めて受け入れてくれる相手でないと結婚しにくくなることはあるでしょう。
例えば、カメレオンとかヘビ、フクロウといった珍しいペットを飼いたい人は、その生き物を苦手な人とは一緒に住めないでしょう。別居婚でもOKなのであれば、可能性はありますが。

そんな珍しい動物ではなくても、意外と犬や猫のアレルギーを持っている人はいます。もし犬や猫を飼っている場合は、そういう人とは一緒に住むことは難しくなります。人によっては、動物を飼っている人の傍にいるだけで症状が出る人もいるようなので、恋愛をするのも難しいかもしれません。

また、ペット可の物件は限られているので、一緒に住もうとなった時にモメることもあるでしょう。つまりペットの存在が、場合によっては恋の足かせになってしまうことは、現実的にあります。

突然のお泊りはしにくくなる(恋のチャンスを逃しやすい)

例えば、デートしている相手と気分が盛り上がり、「今日は、お泊りしたい」なんてなったときも、餌などの準備ができていないときは、断念しないといけないこともあります。
お泊りに限らず、通常のデートであっても、予想外にその日は、気温が暖かくなったり、寒くなったりしたときは、早めに切り上げて家に帰らなくてはいけないことも出てきます。ペットが熱中症にかかってしまったら、大変ですしね。

旅行に行きづらくなる

1泊2日くらいの旅行であれば、ペットに家でお留守番をしてもらうこともできますが、それ以上になると、ペットホテルに預ける必要が出てきます。もちろんその分、お金はかかりますし、なによりもペットのメンタルも心配なので、そんなに長い期間の旅行には行きづらくなるでしょう。
もし肉親などで、そのペットを可愛がってくれて、ペットもなついている人がいればベストですが、預かってもらっている時に怪我などをした場合は、人間関係のトラブルに発展する場合もあります。だから、預けかる方も責任重大なので、嫌がる場合は少なくありません。

お金がかかるので、デート代を節約しなくてはいけないこともある

ペットというのは、何かとお金がかかります。特に病気やケガをした時に保険に入っていないと、20、30万円は平気でかかることがあります。
でも、愛するペットの代わりはいないので、どんなにお金がかかっても直してあげたいと思うのが、“飼い主心”なんですよね。

逆に、ペットを飼うことでいいことも!

もちろんペットを飼うことで、恋愛、結婚におけるメリットもあります。例えば、ペットコミュニティで、出会いがあることもあります。自分と同じくペット好きであれば、気が合いやすいところもあるでしょうしね。
一般的にペットを飼うと、言葉ではないもので動物と意思疎通をとろうとするので、共感性が高まると言われています。一緒に住むには、共感性がある相手は最適ですよね。

それ以外にも、私自身が、ペットを飼うといいと思う点が1つあります。それは、ペットを通して、「心に愛を増やすことができる」ことです。ペットを飼っている人の多くが、ただただ無償の愛を注ぎ、お世話をするもの。別に、動物に「こうしてほしい」なんて期待をしないものですしね。だからこそ、“言うことを聞きそうにないペット”ほど、育てていくうちに自分の内側に愛が増えていく効果があるかもしれません。

恋愛において、自分の内側にどれだけ愛があるか、というのは、とても大切なことです。やはり心に愛が足りないと、愛を与えるよりも求めるようになってしまいます。でも、自分から愛を与えてこそ、相手からも愛されやすくなるものなんですよね。

つまり、ペットを飼うことは、物理的なところで恋愛、結婚の障害になることはあれば、むしろプラスになることもあるわけです。
とはいえ、ペットを飼うかどうかも、“その動物とのご縁”によるもの。だから、ビビビッ!とくるような運命の出会いがあったときは、思い切って飼ってみてもいいと思いますよ!

コラムニスト・ひかり

元記事で読む