1. トップ
  2. スキンケア
  3. 自己流クレンジングを見直し!美容家小林ひろ美さん直伝“緩めるクレンジング”とは?【美的GRAND】

自己流クレンジングを見直し!美容家小林ひろ美さん直伝“緩めるクレンジング”とは?【美的GRAND】

  • 2020.3.31
  • 2509 views

自己流でずっとしてきたクレンジングと洗顔、40歳を超えたら見直しが必要!シワやたるみの出やすい顔の中心部であるアダルトTゾーンの、肌をいためずにしっかり洗う“緩めるクレンジング”の方法を、美容家の小林ひろ美さんに教えてもらいました。

Tゾーンは特に丁寧になじませて

油には、乾いて固くなった肌を柔らかくほぐす働きがあります。だから、油分をたっぷりと含んだクレンジング料を使うメイクオフタイムは、肌を緩める絶好のチャンス!特にTゾーンは丁寧に、細かく指を動かしてなじませましょう。ただし、「むやみに長い時間をかけてマッサージするのはおすすめしません。クレンジング料がフッと軽くなったら、メイクとなじみ切ったサイン。その後は時間をおかずに流し落としましょう」(美容家・小林ひろ美さん)

緩めるクレンジングのやりかた

【プレ】全体をゆるめる

 

クレンジング料を顔全体にのせる
摩擦を最小限にするために、(1)クレンジング料は両手のひらで緩めてから、(2)スタンプを押すようにペタペタと顔全体に。濃いポイントメイクをしている日は、事前にリムーバーでオフしておく。

 

軽やかなタッチでなじませる
指の力を抜き、軽やかなタッチでらせんを描いて、クレンジング料をメイクになじませる。まずは頬や額などの広い面を、その後に鼻筋・小鼻周り・口元・目周りを。

 

【集中】Tゾーン洗い

凹凸部分は、細かならせんで
眉や鼻筋など立体的な部分は、指の腹で細かくらせんを描いて、くまなくクレンジング料をなじませる。シワの寄りがちな眉間も丁寧に。目周りも、目尻や目頭のくぼみまできちんとクレンジング料をなじませる。

 

口周りは表情を動かしながら
法令線や唇の下は、肌がくぼんでいて洗いにくいもの。頬を膨らませたり舌で内側から押し出したりして、肌をピンと張った状態に。

 

【仕上げ】こわばりほぐし

 

 

肌内側の巡りも促す
クレンシジング料を流す前に、巡りを良くする一手間で肌の代謝を促進。(6)手のひらで額を押さえて、上まぶたをストレッチするイメージで瞳を左右に動かす。(7)こめかみを押す。(8)フェースラインを流す。

+a technique “メイクオフ後の温タオル蒸しでふやかすと、次の洗顔でいらないものがスッキリ落ちます”

+αテクとしてぜひ取り入れたいのが、クレンジング後の温タオル蒸し。古い角質や毛穴の汚れが柔らかにふやけます。クレンジング料をタオルに吸わせてオフできるので、普通にお湯で洗い流すよりも実は手間がないというメリットも。

オフしてからタオルで蒸す

ティッシュで軽く押さえた後に温タオルを顔にのせ、残ったクレンジング料をオフ。その後もう一度タオルにお湯を含ませて、冷めるまで顔にのせて蒸す。

 

ふやかし後の洗顔は弱い部分をミルクでプロテクト

タオル蒸しはスッキリする反面、直後の肌は乾きやすくなり、バリア機能も低下します。目元など皮膚の薄いパーツは洗顔前に乳液を補ってプロテクトを。

 

コーセー プレディア プティメール フリー&マイルド バランシング タラソ ミルク 100ml ¥2,500

資生堂 プリオール クリームイン乳液(しっとり)120ml ¥3,500(編集部調べ)

【クレンジング料】緩めるメイクオフにはクリームタイプが最適

クリームは、油分の配合量が多くて乾いた角層を柔らかくする効果が高い上、気になる部分をじっくりとマッサージするようになじませるのに向いています。洗い上がりのしっとり感も、グラン世代向け。

1 流した後、美容クリームでお手入れを終えたような艶やかハリ肌へ。
コスメデコルテ AQミリオリティ リぺア クレンジングクリームn 150g ¥10,000

2 汚れだけを選択的に落とし潤いを守る処方。
オルビス オフクリーム 100g ¥2,300

3 洗う前より肌が潤うような保湿感。
ポーラ B.A クレンジングクリーム 130g ¥10,000

4 べタつき感の全くない軽やかなクリーム。天然植物の至福の香りで心まで清らかに洗われるよう。
ITRIM エレメンタリー フェイスクレンジングクリーム 110g ¥12,000

 

教えてくれたのは…

 

 

 

 

 

 

美容家
小林ひろ美さん
美・ファイン研究所主宰。肌のメカニズムと正しいお手入れ方法を、わかりやすく伝える第一人者。今回は、グラン世代に向けての正しい洗顔術を教えてもらいました。

 

『美的GRAND』2020春号掲載
撮影/戸田嘉昭(静物)、青柳理都子(人物) ヘア&メイク/佐伯エミー スタイリスト/田中麻理乃 モデル/島村まみ 構成/もりたじゅんこ

元記事で読む