1. トップ
  2. 向井理の「麒麟がくる道は遠いのう」のセリフに「義輝によるタイトル回収は熱い」の声!

向井理の「麒麟がくる道は遠いのう」のセリフに「義輝によるタイトル回収は熱い」の声!

  • 2020.3.30
  • 5089 views
「麒麟がくる」が第1位!
KADOKAWA

WEBサイト ザテレビジョンでは、3月29日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

【写真を見る】涙を流す足利義輝(向井理)が話題の「麒麟がくる」が第1位!

1位「麒麟がくる」(毎週日曜夜8:00-8:45、NHK総合)14059pt

3月29日に第十一回「将軍の涙」を放送。再び今川が尾張に攻め入り、次々と織田方の南部の領地を制圧していく。ついに非力ぶりを露呈した信秀(高橋克典)は、道三(本木雅弘)に援軍を頼むが、高政(伊藤英明)や稲葉(村田雄浩)らが尾張との和議を独断で決めた道三を糾弾しており、美濃は一枚岩ではなかった。

兵が出せない由を尾張に伝えにいく光秀(長谷川博己)。このままでは人質同然の帰蝶(川口春奈)が犠牲になってしまうことを恐れていると、ふと信長(染谷将太)がかつて京の将軍家の取りなしで美濃の内紛が収まった話を思い出す。

光秀は将軍家への取りなしを道三に依頼するも、金がかかると難色を示される。そこで、高政の取りなしで守護の土岐頼芸(尾身としのり)に願い出る。京へ向かった光秀は、将軍奉公衆・藤孝(眞島秀和)の仲立ちで将軍・足利義輝(向井理)に会う。

かつて光秀の言葉を聞いて励まされたという義輝。戦が収まらないのは「わしの力が足りぬゆえ」と嘆きつつ、幼いころから父に聞かされた話として「強い子になれ。声は大きく、よい耳を持ち、よく学べ。さすれば立派な征夷大将軍となろう。世を平らかにできよう。さすれば、麒麟がくる」と語った。

「おだやかな世をつくれる者だけが連れてこられる、不思議な生き物」という麒麟について話し、「わしはその麒麟をまだ連れてくることができぬ。無念じゃ」と涙を流す義輝。その後、今川と織田の和睦を命じることを了承するという展開となった。

そして、義輝は光秀に「麒麟がくる道は遠いのう」とも言った。タイトルにまつわる話となり、視聴者からは「義輝によるタイトル回収は熱い」「ゾクゾクした」といった声が寄せられた。

2位「スカーレット」(NHK総合)9400pt

3月28日に最終話が放送され、半年にわたる主人公・喜美子(戸田恵梨香)をめぐる物語が終結。作品、そして戸田をはじめとするキャスト陣、スタッフへねぎらいの投稿などが相次ぎ、反響が続いた。

3月23日~28日の最終週「炎は消えない」は、信作(林遣都)の発案で「みんなの陶芸展」を開くことに。喜美子は陶芸教室の生徒とともに自らも出品しようと決める。白血病とたたかう武志(伊藤健太郎)もさらに作品を作りはじめる。

いよいよ「みんなの陶芸展」が開催されると、照子(大島優子)の家族をはじめ、草間(佐藤隆太)やちや子(水野美紀)らが訪れる。ジョージ富士川(西川貴教)もやってきて、喜美子が陶芸家として活躍していることを喜んでくれる。

ジョージの呼びかけで大きな紙に「今日が私の一日なら」を書くことに。変わらぬ日々は特別な一日であるという武志の思いに、喜美子はみんなで琵琶湖へ行くことを思いつく。

28日の最終話となる第150話では、陶芸展が終わり、工房で作品を作る喜美子と武志。すると、喜美子は武志に「ギューしたろか」と言う。武志は「ええに決まってるやん」といったんは答えるが、恥ずかしがる。喜美子はおかまいなしに抱きしめると、武志は「幸せやで」とつぶやいた。

そして物語は2年後へ。ナレーションで「武志は26歳の誕生日を前にして旅立ちました」と亡くなったことが明かされた。そして、工房に医師の大崎(稲垣吾郎)がやって来て武志が亡くなる3日前のことを、また八郎(松下洸平)は「死なさへん」と言ったことを悔やむ喜美子に「俺を生んでくれてありがとう」という武志の言葉をそれぞれ伝えるのだった。

ラストは陶芸を続ける喜美子が穴窯をたくシーン。最後まで“日常”を描き続けたことに視聴者からは称賛が寄せられた。

3位「エール」(3月30日[月]スタート、毎週月~土曜朝8:00-8:15、NHK総合)6197pt

窪田正孝が主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説。昭和という激動の時代に多くの名曲を生み出した作曲家・古山裕一と妻・音の物語。

3月30日(月)の放送スタートを前に、公式SNSでは「いよいよ明日から放送です!」と窪田と二階堂が動画でPR。視聴者からは「楽しみ」「かわいい二人」といったコメントが寄せられた。

第1週「初めてのエール」で描かれるのは、裕一の子ども時代。福島の老舗呉服屋の長男・裕一(石田星空)は不器用で内気な少年で、いじめられがち。しかし担任の藤堂(森山直太朗)の勧めで作曲を始めると、秘めた才能を発揮する。一方、父の三郎(唐沢寿明)と母のまさ(菊池桃子)は店の経営に行き詰っていた。

WEBサイト ザテレビジョンの「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

元記事で読む