1. トップ
  2. ファッション
  3. タエ アシダ 2020年秋冬ウィメンズコレクション - 相反する2つの振幅と共鳴

タエ アシダ 2020年秋冬ウィメンズコレクション - 相反する2つの振幅と共鳴

  • 2020.3.28
  • 241 views

タエ アシダ 2020年秋冬ウィメンズコレクション - 相反する2つの振幅と共鳴

タエ アシダ(TAE ASHIDA)は、2020-21年秋冬ウィメンズコレクションを発表した。

undefined
www.fashion-press.net

相反する“二重の振幅”

今季のテーマは、「二重の振幅」を意味する“Double Amplitude”。相反する要素が織り成す二重の振幅が、色や素材と共鳴することで生まれる眩いハレ―ションをデザインに落とし込んでいる。

質感のコントラスト

ファーの襟を交差させたロングコートや、パネルでファーを配したノーカラーコートなど、コーディネートの中にファーを取り入れることによって、質感に躍動感をもたらしているのが印象的だ。また、レザーとウール地を切り替えたジャケットやパンツ、片側の肩や袖のみレースで仕立てたブラックのワンピースなど、洗練された異素材の切り替えが目に留まる。

タイトなデニムジャケットは、襟やポケットのフラップ、袖の折り返しにソフトなホワイトのボアを見せることで、ボタンの色と連動させるとともに、リジッドなデニム地との対比を描き出す。

グラフィカルなテキスタイル

オーバーシルエットのコートや立体感のあるスカートには、幾何学的・抽象的な柄を組み合わせたグラフィックをプリント。砂嵐やピクセルの粒子といった無機質なグラフィックを組み合わせたプリントは、ランダムなように見えて実は秩序に基づいたアート作品のようでもある。

その他にも、レッドの背景に陰影を描くように、ブラックやブルーの色彩を織り交ぜたワンピースや、モノトーンでレオパードをあしらったシースルーのワンピース、ストライプの花柄を配したフレアスカートなど、視覚的に遊びのあるデザインが散見された。

色彩と造形、質感の共鳴

エレガントなドレスにも、立体的で厚みのある色彩感覚を落とし込んだ。波打つような布地の質感に連動して色の帯を重ねたきらびやかな布地と、シックな輝きを放つダークトーンの布地を組み合わせて仕立てたロングドレスや、シアーな輝きを放つ、深みのあるシルバーの生地でラッフルを重ねた、構築的なドレスが登場。

さらに、光の反射によってブルーにもブロンズカラーにも見えるファブリックをたっぷりと使ったアシンメトリーなドレスは、布地の重なりやドレープ感と色彩、光が調和した絶妙なバランスが魅力。また、ダークブラウンからブラウンへ移り変わる、やわらかなグラデーションと、スパンコールのシャイニーなきらめきをドッキングしたドレスは、異なる質感や色彩、明暗の共鳴を象徴するような1着だ。

元記事で読む