1. トップ
  2. セーリング・“オカホカペア”、岡田奎樹選手と外薗潤平選手の対照的な半生を振り返る!

セーリング・“オカホカペア”、岡田奎樹選手と外薗潤平選手の対照的な半生を振り返る!

  • 2020.3.27
  • 95 views
セーリング・岡田奎樹選手と外薗潤平選手が登場
(C)TBS

【写真を見る】本物の船がスタジオに登場!

3月28日(土)放送の「東京 VICTORY」(毎週土曜朝7:00-7:30、TBS系)に、セーリング・470(ヨンナナマル)級の岡田奎樹(おかだけいじゅ)選手と外薗潤平(ほかぞのじゅんぺい)選手が登場。

“レジェンドゲスト”には浜口京子が登場し、安住紳一郎アナウンサーと共に、岡田選手と外薗選手の素顔やセーリングの魅力に迫る。

「東京 VICTORY」は、東京オリンピック・パラリンピックを目指すトップアスリートたちをスタジオに招き、司会の安住アナが本音を引き出すトーク番組。

選手たちの知られざる競技人生や、競技の魅力、プライベートが明かされていく。番組アシスタントは、2017年入社の山形純菜アナが務める。

安住紳一郎アナが強さの秘密に迫る
(C)TBS

対照的な2人の強さの秘密に迫る

セーリング・岡田選手と外薗選手は、2017年に「オカホカ」ペアを結成。2019年に「東京五輪」出場内定を決めると、今年1月に行われたワールドカップでも銀メダルを獲得。セーリングの金メダル候補として注目を集めている実力選手だ。

ペアを組んでいる2人は、岡田選手が風を読んで進む方向を決めるスキッパー、外薗選手がヨットを操るクルーに分かれている。

岡田選手は、5歳でセーリングを始めたというが、それに対し外薗選手は、小学生時代は「相撲」、中学では「陸上」をしており、高校からセーリング競技を始めたという。

番組では、そんな対照的な2人の半生を振り返りながら、一躍世界へと躍り出た強さの秘密を解き明かしていく。スタジオには、2人が競技で使用している470級ヨットが登場。

操作の難しさを詳しく紹介すると共に、「なぜヨットは逆風でも進めるのか?」の疑問にミニチュアセットを使って検証する。(ザテレビジョン)

元記事で読む