1. トップ
  2. ダイエット
  3. あなたのおっぱい大丈夫!? 「老け胸」の原因は運動不足、ラクブラそして○○!

あなたのおっぱい大丈夫!? 「老け胸」の原因は運動不足、ラクブラそして○○!

  • 2015.4.15
  • 1318 views

最近、友達となにを話していても「老けるのが怖い」という結論にいたります。

恋愛の話をしていても「でも老けたら恋愛なんてできない」、好きなアイドルの話をしていても「老けたらスタンディングのライブがきつい」、旅行の話をすれば「老けたら水着は着れないからビーチリゾートはいまのうちに行くべきか…」などなど、歳を取ることへの悩みはつきません。

しかし、そんなくだらない話をしている瞬間にも、老けている部分があることを皆さんはご存知でしょうか!?

それは、女性の象徴でもある


胸が垂れてくるのは胸が老けてきたサインなのです。

「それって加齢によるものだからみんな一緒でしょ」と思っているそこのあなた! 実は、加齢以外でも、私たちが愛用しているアレや、誰でも身に覚えがある生活習慣のせいで、胸は刻一刻と老けているのです!!

そんな「老け胸」の原因を、トレンド総研が20代~40代の女性を対象に行ったアンケート結果からひも解いていきましょう!

■約6割が「胸の下垂」を自覚! 20代でも4割が実感。

まず、「20代の頃と比べて、胸が垂れてきたと感じることはありますか?」と聞いてみました。

なんと、約6割もの人が「ある」と回答。年代別に見て行くと、40代は74%、30代は69%と全体の平均以上の人が「胸の下垂」を感じており、20代でも42%の人が以前と比較して胸が垂れてきていると思っていることが判明。

続けて、自覚している人に胸が垂れてきたことによって起こった変化を尋ねてみました。

最も多かったのが「体が老けて見えるようになったと感じる」(46%)という回答。

その他には「水着になりたくなくなった」(30%)、「タイトな服が似合わなくなったと感じる」(26%)、「ブラジャーのサイズが小さくなったと感じる」(26%)といったように、外見に関する答えが多く目立ちました。さらに、5人に1人の割合で「女としての自信がなくなった」(21%)と答えており、いかに胸が垂れることが物理的、精神的に女性を老けさせるかが分かる結果となりました。

具体的な意見としては「お風呂で見たらすごく下の方にあるように思えた」(26歳)、「友達と温泉に行ったときに、自分のほうが垂れているように感じた」(20歳)など、裸になったときに「老け胸」を実感する人が多いようです。

温泉で友達の裸と自分を比べてしまうこと、誰しも一度は経験がありますよね……!

では、「老け胸」の原因とは一体なんなのでしょうか。核心に迫ってみたいと思います。

■スマホの使用も!? 現代女性の生活習慣は「老け胸」の原因だらけ!

いくつかの選択肢から、普段の生活習慣にあてはまるものを選んでもらいました。

皆さんもぜひ、いくつあてはまるかやってみてください。


・運動不足になりがちである
・パソコンを使っているときに姿勢が悪くなりがちである
・試着せずにブラジャーを買っている
・運動するときにも普段と同じブラジャーを愛用している
・家で1人で過ごすときはノーブラである
・機能などは気にせず、価格重視でブラジャーを買っている
・スマートフォンを使っているときに姿勢が悪くなりがちである
・家にいるときに”ラクブラ”を着用する
・料理など家事をしているときに姿勢が悪くなりがちである

いくつあてはまりましたか? 私はなんと10個全部でした! 不名誉なパーフェクトですね。嬉しくないです……。

もう、お気づきかと思いますが、これらが「胸の下垂」、つまり「老け胸」を招きうる生活習慣なのです!

パーフェクトな私は「老け胸」確定です!!

運動不足にはじまり、パソコン&スマホ使用時の姿勢の悪さ、家でのノーブラ、カップ付きキャミソールなどの〝ラクブラ〟の着用など、現代女性の生活習慣のほとんどが「老け胸」の原因になってしまうのです。

では、なぜそれらの生活習慣が「老け胸」につながってしまうかというと、胸を支えるとても大事な靭帯“クーパー靭帯”が切れたり伸びたりしてしまうから。

例えば私も愛用しているカップ付きキャミソール、いわゆるラクブラは、胸を高い位置に保てないうえに、揺れを防ぎきれないので、クーパー靭帯に負担をかけてしまいます。

最近ではヨガやフィットネスなどの運動の際もラクブラを着用する人も多いようですが、これはNG! 「老け胸」一直線です。いますぐスポーツ用のブラジャーにチェンジしてください!

クーパー靭帯だけでなく、胸の土台である大胸筋が弱ることも「老け胸」につながります。大胸筋は特別なトレーニングをしなくても、普段の姿勢である程度、筋力を保つことができる部位。姿勢が悪くなりがちなパソコンやスマホ使用時に意識して背筋を伸ばすだけで「老け胸」を防げるので、ぜひ心掛けてみてくださいね。

クーパー靭帯という存在、私ははじめて知りました。これを機会に大胸筋と合わせてクーパー靭帯の存在を意識して「老け胸」まっしぐらな生活習慣を改善したいと思います! (みつ子)

【情報提供】トレンド総研 http://www.trendsoken.com/