1. トップ
  2. 第28話:宇宙に行くという夢 / ニーナさんの話 連載【誰かの話】

第28話:宇宙に行くという夢 / ニーナさんの話 連載【誰かの話】

  • 2020.3.27
  • 105 views

 

第28話:宇宙に行くという夢 / ニーナさんの話 連載【誰かの話】
出典 FUDGE.jp

外山夏緒さんの物語の連載【誰かの話】28話めは、「夢に向かうニーナさん」のお話です。

 

 

28. 宇宙に行くという夢

 

第28話:宇宙に行くという夢 / ニーナさんの話 連載【誰かの話】
出典 FUDGE.jp

 

「宇宙に行くこと」

 

それがニーナさんの夢である。

宇宙に持っていくための持ち物リストなども作成し、

着ていく服まで決めている。

あとは迎えが来るのを待つだけであった。

 

夢を抱きはじめて少し経った頃、

窓の外に目をやると、

一艘(そう)のヨットが部屋のベランダまで

ニーナさんを迎えにきていた。

 

「迎えに来てくれてありがとう。

今、ちょうど卵を茹でているから

ちょっとお待ちくださいね」

 

三階にあるニーナさんの部屋のベランダで、

ヨットはプカプカ浮いている。

 

「もう少し遅らせてもいいかしら。

今、観たいドラマがはじまっちゃったから

ちょっとお待ちくださいね」

 

風に流されないようにと気を遣いながら

ヨットはプカプカ浮いている。

 

「あ、ごめんなさい、

今、このメールのお返事をしたいから

ちょっとお待ちくださいね」

 

散歩中の通りすがりの犬が、

何事かと停泊しているヨットを見上げている。

 

「お待たせしちゃっててごめんなさい。

今、新しい恋人ができたから

ちょっとお待ちくださいね」

 

・・・

 

ニーナさんが

ヨットを待たせ続けて三年が経った。

 

「行き先は変更できるかしら」

 

ニーナさんの夢の出発を待っているヨットのデッキの上には

今じゃお隣さんが置いた植木鉢が並び、

そこにはピンクのベコニアが咲いている。

 

・・・

 

 

絵をはじめ、詩や物語の制作、それらで展開したインスタレーションを行うなど、多岐にわたって活動をしている、gungulparmanの外山夏緒さん。この連載は、彼女が自身のWEBで発表していた「誰かの話」を「ラジオと火星人とコーヒーフロート篇」として、新たにグラフィック作品を加えてお届けしていきます。この世界のどこかにいるかもしれない「誰か」の日常を切り取ったお話を、お楽しみください!

 

Text & Illust_Toyama Natsuo

 

第28話:宇宙に行くという夢 / ニーナさんの話 連載【誰かの話】
出典 FUDGE.jp

外山夏緒

2015年より、絵や詩、物語で展開したインスタレーションなどの美術活動をスタート。他、イラストレーション、空間装飾、グラフィックデザインなどで活動中。その他、自身のプロダクトブランドgungulparmanでの商品制作やアートワークなども行う。

WEB:gungulparman.com

Instagram:@gungulparman

 

 

元記事で読む