1. トップ
  2. Matt、美の“最終目標”問われ「今のお化粧を一生続けるとは思わない」

Matt、美の“最終目標”問われ「今のお化粧を一生続けるとは思わない」

  • 2020.3.26
  • 281 views
 テープカットに臨むMatt
KADOKAWA

【写真を見る】緊張した面持ちでテープをカットするMatt 白スーツがゴージャス…!

アーティストのMattが3月26日、東京・表参道ヒルズで行われた「イヴ・サン・ローラン ボーテ 表参道 フラッグシップブティック テープカットセレモニー」に出席した。

「イヴ・サン・ローラン ボーテ 表参道 フラッグシップブティック」は、イヴ・サン・ローランの世界3店舗目、日本初となる旗艦店。東京・表参道ヒルズ西館1階に、3月30日(月)にオープンする。

Matt
KADOKAWA

Mattは上下白のスーツで店頭に登場。初めてだというテープカットを行い、ファンに向けて「LOVE」とメッセージを記入した。

その後行われた囲み取材では、この日イベントに来ることができなかった「イヴ・サン・ローラン ボーテ」ジャパンアンバサダーを務めるモデル・ローラからビデオメッセージが。映像を見たMattは、「ローラちゃん、僕も会いたい。美容の話もたくさんしたいなと思いました」とコメント。

また、同店舗について「目でも楽しめる店内だなと思ってテンションも上がりました。もっとメイクを楽しんでいきたいと思える店内でした」と洗練されたデザインを称賛した。

メッセージを見せるMatt
KADOKAWA

ファンへのメッセージとして「LOVE」と書いた理由を問われると、「人生を通して、全てにおいて(LOVEが)大切だなって思っていて、今大変な時期だからこそ“LOVE”を大切にして、それが小さな力かもしれませんがそれで救えるかもしれない。思いやりを持って皆さん過ごしてほしい」と呼びかけ、新型コロナウイルスの感染拡大が続く状況にエールを送った。

また、美容に関する“最終目標”は何か問われたMatt。「年齢を重ねるにつれて、今とは違う肌の悩みが出てくると思う」と自己分析。「今のお化粧を一生続けるとは思わない。趣味も変わってくると思う。自分の魂が求めていることだったり、『こういう風になりたい』『綺麗になりたい』って気持ちを優先してメイクに取り入れて表現していきたいと思います」と年齢と共にメイクも進化させたいと語った。

Matt
KADOKAWA

(ザテレビジョン)

元記事で読む