1. トップ
  2. ダイエット
  3. ヨガでメンテナンスが可能?自分で自分を癒す2つの陰(静)のヨガ

ヨガでメンテナンスが可能?自分で自分を癒す2つの陰(静)のヨガ

  • 2020.3.26
  • 3733 views

陽(動)のヨガと陰(静)のヨガ

ヨガは呼吸と共にポーズを取りながら自分と向き合うもの。アシュタンガヨガやヴィンヤサヨガのように、呼吸とポーズを繋げてしっかり動くヨガは陽(動)のヨガ。体を鍛え、代謝アップの効果もあります。ただし、ダイナミックなポーズもあり、初心者や柔軟性に不安がある人にはハードルが高いと感じることも。一方で、陰ヨガやリストラティブヨガのように、動きが少なく一つ一つのポーズを長くキープするヨガは陰(静)のヨガ。座位や寝た状態で行うポーズが中心なので、体力に不安がある人や、初心者でも安心です。動きが少ない分、心への作用が大きく、深い癒し効果が期待できます。今回注目するのはこの2つの陰(静)のヨガです。

陰ヨガの特徴

陰ヨガは古代中国で生まれた「陰陽五行説」を元に、体内をめぐる経絡を意識し、流れをスムーズにすることで体と心を整えるヨガ。3分から5分を目安にポーズをキープして、筋膜、筋肉、体の深層部にアプローチします。快適に行うためにプロップスを使用することもありますが、脱力ではなく最低限の筋肉を使って身体を支え続けます。また、緩めたい部分をターゲットにしてポーズを深めますが、繋がっている筋肉全体を緩めていくので、結果的に全身の柔軟性が高まります。体内の巡りがよくなるので、むくみや冷えが気になる人にもおすすめです。

リストラティブヨガの特徴

リストラティブヨガは「restore=元に戻る」が語源になったヨガ。ブロック、ボルスター、ブランケットなど、プロップスと言われる道具に身を委ねるヨガで、自分の筋肉で身体を支えることはしません。ポーズをキープして、脱力の心地よさを味わいながら心身を休めます。体と心の緊張が解けることで、本来の柔らかさを取り戻します。リストラティブヨガは10分から20分程度を目安に、陰ヨガよりも更に長くポーズをキープし、じっくりと自分と向き合います。

陰(静)のヨガを快適に楽しむポイント

陰ヨガもリストラティブヨガも、ひとつのポーズを長くキープします。ヨガ本来の目的である快適さを失わず、楽しむためにはどんなことに意識をすればいいのでしょうか?ポイントは6つです。

1.快適なところを探してポーズのバリエーションをとりいれる

2.体勢を変えてみても快適でないと感じた場合はポーズから抜け出す

3.時間はあくまでも目安。その日の自分に合わせてキープ時間を調節する

4.体だけでなく、自分の心の声を聴く

5.慌てずゆっくりポーズから抜け出す

6.ポーズから抜けた後の余韻を大切にする

決して我慢比べにならないように、無理をせず、ゆったりと静かな時間を楽しみましょう!

陰ヨガとリストラティブヨガの違いと選び方

陰ヨガもリストラティブヨガも、ポーズを一定時間キープし続けることで効果を得られます。そしてどちらも自分と向き合いながら、体と心を緩め、深いリラックスを味わうことができます。一見同じように思えますが、明確な違いがあります。それは、陰ヨガは筋肉を使い、リストラティブヨガは筋肉を使わないということです。筋肉、骨や関節など深い部分に働きかけて、緩んでいく過程や変化も楽しみたい時は陰ヨガを!とにかく休みたい…筋肉を使わずに力を抜くことで緩めたい場合はリストラティブヨガを選んでみて!その日の自分の体や心と相談して決めましょう。迷った時は、両方の良さを満喫できる陰リストラティブのクラスを行うスタジオもあるので、探してみるといいかもしれません。

自分を癒すヨガをしよう

いかがでしたか?どんなことでもバランスが大切で、それはヨガにも当てはまります。陽(動)のヨガも、陰(静)のヨガも両方バランスよく楽しんでみませんか?ガチガチになった身体と心を緩めたい時、疲れを癒したい時には陰ヨガやリストラティブヨガをやってみましょう。人の手を借りるケアもいいけれど、この2つのヨガを取り入れることでメンテナンスが可能です。簡単なポーズが多いのでいくつか覚えておけば、自宅にあるタオルやクッションをプロップス代わりに使い、セルフプラクティスもできます!ヨガでバランスを整えて自分で自分を癒す、そんな習慣を身につけて健康的な日々を過ごしましょう。

ライター/須藤玲子

2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心に活動中。スタジオだけでなく、オフィス出張、屋外など多くの場でレッスンを実施。リストラティブヨガからパワーヨガまで、静と動のバランスを大切にヨガの指導を行う。ヨガと共にアロマの学びを深め、ヨガとアロマのある暮らしを提案する。RYT200取得/フェイシャルヨガTT/骨盤底筋トレーニングヨガTT/リストラティブヨガTT/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト/Instagram:@reiyoga.reikosudo

元記事で読む