1. トップ
  2. メイク
  3. 可愛くor大人っぽくの鍵は“眉の長さ”に。第一印象が変わる【眉メイク】鉄板メソッド

可愛くor大人っぽくの鍵は“眉の長さ”に。第一印象が変わる【眉メイク】鉄板メソッド

  • 2020.3.26
  • 5361 views

可愛らしく見えたり、大人っぽく見えたりと、第一印象を大きく左右するのが眉。でも、アイメイクやリップは服に合わせてチェンジするのに、「眉メイクはいつも同じ…」という方は少なくないと思います。そこで今回、確かなセンスでモデルやタレントから高い支持を得ている人気ヘアメイクアーティスト・岩下倫之さんに、第一印象が変わる眉メイクの鉄板メソッドを伝授してもらいます。

可愛く見せたい日の“短め”眉メイク

(1)リキッドタイプのアイブロウペンシルで中心線を描く

可愛くor大人っぽくの鍵は“眉の長さ”に。第一印象が変わる【眉メイク】鉄板メソッド

眉の骨組み(軸)を作るイメージで、リキッドタイプのアイブロウペンシルを使って眉の中心線を描きます。

(2)眉の上下から、リキッドタイプのアイブロウペンシルで眉のスキマが空いて目立つところに1本1本描き足していく

可愛くor大人っぽくの鍵は“眉の長さ”に。第一印象が変わる【眉メイク】鉄板メソッド

眉にスキマが空いて目立つところに、下側から眉毛を1本1本描き足していき(水色矢印)、続いて上側からも眉毛を1本1本描き足していきます(ピンク色矢印)。ただし、毛のあるところは“書き足さなくてOK”です。なお、眉尻の位置は「小鼻と黒目外側の延長線上」に設定します。

(3)アイブロウパウダーでぼかす

可愛くor大人っぽくの鍵は“眉の長さ”に。第一印象が変わる【眉メイク】鉄板メソッド

眉を上からなぞるようにアイブロウパウダーでぼかしていきます。眉に角度がつきすぎると表情がキツく見えてしまうので、なだらかになるように馴染ませるのがコツです。

仕上がりがこちら。

可愛くor大人っぽくの鍵は“眉の長さ”に。第一印象が変わる【眉メイク】鉄板メソッド

眉を短めに描くことで顔の中心にパーツが寄っているように見え、愛らしい表情に仕上がります。

大人っぽく見せたい日の“長め”眉メイク

(1)眉山の位置を2~3mm外側に広げる

可愛くor大人っぽくの鍵は“眉の長さ”に。第一印象が変わる【眉メイク】鉄板メソッド

先述の「可愛く見せたい日の“短め”眉メイク」の手順をベースに、リキッドタイプのアイブロウペンシルを使用して眉山の位置を2~3mm外側に広げるイメージで眉毛を描き足します。なお、眉尻の位置は「口角と目尻の延長線より2~3mm外側」に設定しましょう。

(2)アイブロウパウダーでぼかす

可愛くor大人っぽくの鍵は“眉の長さ”に。第一印象が変わる【眉メイク】鉄板メソッド

眉を上からなぞるようにアイブロウパウダーでぼかしていきます。眉がなだらかになるように馴染ませるのがコツです。

仕上がりがこちら。

可愛くor大人っぽくの鍵は“眉の長さ”に。第一印象が変わる【眉メイク】鉄板メソッド

眉を長めに描くことで、短めに描いた時と比べて大人っぽい表情に仕上がります。

改めて“短め”の眉、“長め”の眉の印象を見比べてみてください。印象の差は歴然です。

可愛くor大人っぽくの鍵は“眉の長さ”に。第一印象が変わる【眉メイク】鉄板メソッド

▲左:“短め”に描くと愛らしい表情に、右:“長め”に描くと大人っぽい表情に

このように“眉の長さ”は第一印象をコントロールする鍵。ぜひプロ直伝の鉄板メソッドをマスターして、メイク幅をグッと広げていきましょう。なお、リキッドタイプのアイブロウペンシルを使い慣れていない方は多いと思いますが、眉毛を1本1本描き足すには最適なアイテムなので、ぜひお気に入りのアイテムを見つけてみてくださいね。<text:MMZK photo:本城直季(Naoki Honjo) ヘアメイク監修:岩下倫之(Tomoyuki Iwashita) model:磯村ありさ(Arisa Isomura)>

元記事で読む