1. トップ
  2. 「ウルトラマンZ(ゼット)」が6月20日放送開始!平野宏周『自分がウルトラマンになれるなんて光栄』

「ウルトラマンZ(ゼット)」が6月20日放送開始!平野宏周『自分がウルトラマンになれるなんて光栄』

  • 2020.3.26
  • 1797 views
シリーズ24作目「ウルトラマンZ(ゼット)」の放送が決定した
(C)円谷プロ (C)ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京

【写真を見る】師弟関係となる新ヒーローのウルトラマンゼット(写真左)と師匠のゼロ(右)

6月20日(土)より、ウルトラマンの新テレビシリーズ「ウルトラマンZ(ゼット)」(毎週土曜朝9:00-9:30、テレビ東京系)がスタートすることが分かった。

歴代テレビシリーズ24作目のヒーロー・ウルトラマンゼットは、登場10周年を迎えたウルトラマンゼロの弟子という設定。ゼロに憧れ、努力を重ねて「宇宙警備隊」の一員となったヒーローで、師匠であるゼロから譲り受けた熱いハートで常に前を向き突き進んでいく。

今作では、対怪獣ロボット部隊「ストレイジ」に所属する主人公・ナツカワハルキ(平野宏周)が「ウルトラマンゼット」に変身して戦う。

「ウルトラマンZ(ゼット)」あらすじ

かつて、宇宙に飛び散った悪魔のカケラ。それは今なお、全宇宙を混乱に陥れていた。

平和を取り戻すべくウルトラマンたちが宇宙中で戦うかたわら、悪魔のカケラを悪用して次々に惑星を滅ぼす謎の存在が卑劣な暗躍を続けていた。そしてその魔の手が「光の国」に迫る。

さっそうと立ち向かうウルトラマンゼロと、その弟子・ウルトラマンゼット。激戦の末、ゼットは1人で怪獣を追い、地球へと向かう。

一方、地球では、日常的に出現する怪獣に対抗するための防衛軍が組織されていた。対怪獣ロボット部隊「ストレイジ」。そしてそこには若き熱血漢・ナツカワハルキが所属していた。

地球に宇宙怪獣が襲来したその時、ゼットとハルキは運命の出会いを果たす。

平野宏周(ナツカワハルキ役)コメント

主演を務めるナツカワハルキ役の平野宏周
(C)円谷プロ (C)ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京

ナツカワハルキを演じさせていただく平野宏周です。

まさか自分がウルトラマンになれるなんて、本当に光栄です。子どもの頃に憧れていたあの気持ちを忘れずに、自分も子どもたちに憧れられるような存在になるため頑張ります。

そして今回、対怪獣ロボット部隊ストレイジの活躍も見どころですし、子どもだけでなく大人の方まで楽しんでいただけるような作品になっていると思います。

「ウルトラマンZ」を通して皆さんにさまざまな感情を与えたいです。

ゼットとハルキ、2人の成長を温かく見守ってください!

宮野真守(ウルトラマンゼロ役)コメント

ウルトラマンゼロの声を務める宮野真守の続投も決定
※提供写真

ウルトラマンゼロが10周年を迎え、僕もゼロのそばにずっといられることができて、本当にうれしく思っております。

初めはヤンチャで、「戦う」ということの真意もまだ理解できていなかったゼロは、失敗を重ねながらも成長し、「ヒーローとは」を知っていきました。

そんなゼロが今回「師匠」になると聞いて、本当にびっくりしましたし、とっても感慨深いです。

「あぁ、大人になったなあ…」と、どこか親心と言いますか(笑)。どんなストーリーになるか、僕も期待しています! 皆様も、ぜひ楽しみに待っていてください!

ウルトラマンゼット

ウルトラマンゼロに憧れヒーローになったウルトラマンゼット
(C)円谷プロ (C)ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京

ウルトラマンゼロに憧れて弟子入りし、努力を重ねた新人ウルトラマン。

その才能やポテンシャルはゼロも認めているが、現状では「半人前どころか三分の一人前」のヒーローである。

体育会系で、常にパワー全開。地球の文化に疎く、言葉遣いを間違えてしまうなどコミカルな一面も。未熟で発展途上ながら正義と平和を愛する心は誰にも負けない熱血ヒーロー。

ウルトラマンゼロ

ウルトラマンゼロは登場から10周年を迎える
(C)円谷プロ (C)ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京

ウルトラマンゼットの師匠。ウルトラセブンの息子でもあり、さまざまな宇宙を越えて戦っている歴戦の勇者。

故に危険な任務も多く、師匠のウルトラマンレオから防具の役割を持つ“ウルトラゼロマント”を授かった。

光の国を襲った怪獣を追撃する中、敵のわなにより異空間に飛ばされてしまう。(ザテレビジョン)

元記事で読む