1. トップ
  2. レシピ
  3. 簡単に作れて美味しい!フライパンひとつでできる海老とトマトのふんわり卵炒め

簡単に作れて美味しい!フライパンひとつでできる海老とトマトのふんわり卵炒め

  • 2020.3.26
  • 9806 views

ナチュラルフード・コーディネーターの茂木奈央美です。簡単に作れて、美味しいおかずは忙しい女性の味方!ぷりぷりの海老とほど良い酸味のトマトに、ふわっと炒めたスクランブルエッグが絡んだシンプルなのにお箸が止まらないフライパンひとつでできる料理です。味付けに、スイートチリソースの美味しさを活かしたレシピを紹介します。

このレシピを試すのにかかる時間

  • 10~15分

海老とトマトのふんわり卵炒めのレシピ

今回の味のポイントは、スイートチリソースです。甘くてピリッとしたソースは、実は、簡単に使える便利な調味料!使い切れずに冷蔵庫に眠らせるのは、もったいなのでぜひ活用しましょう!

材料(2~3人分)
undefined
michill

・小海老…10~12尾(130~140g)

・卵…4個

・トマト…大1個(200gくらい)

・にんにく…1かけ

・マヨネーズ…大さじ1

・スイートチリソース…大さじ2

・顆粒鶏ガラスープ…小さじ1/2

・塩…適量

・ブラックペッパー…適量

・イタリアンパセリなど…適宜

・炒め用油…小さじ2

準備
undefined
michill

・トマトは、ヘタを取り除いたら、8~10等分のくし切りにし、更にそれを横半分に切る。

undefined
michill

・海老は、殻を剥いて、楊枝などを使って背ワタを取り除いたら、一度洗う。

※ 水2カップに片栗粉大さじ1~2(分量外)を溶き、その中で海老を洗うと、汚れや臭みが取れます。使う前に流水で洗います。剥き海老を使う場合は、必要ないのでそのまま使って下さい。

作り方
undefined
michill

① ボウルに卵を割り入れて、泡だて器で溶いたら、マヨネーズを加えてかき混ぜる。(完全に混ざり切らなくても、マヨネーズが小さい粒状態になれば大丈夫です。)

※ふんわり卵のポイントは、マヨネーズです!マヨネーズの油分が卵に混ざってふわっとした食感に仕上がるのと、出来上がりにコクを出してくれます。

② 熱したフライパンに炒め用油をひき、①を流し入れたら、菜箸で縁から中央に向かって輪を描きながら混ぜる。

undefined
michill

③ 半熟のスクランブルエッグになったら、火を止めて、一旦、取り出しておく。

④ 同じフライパンにみじん切りにしたにんにくを香りが出るまで炒めたら、海老を加えて7~8割ていど火を通す。(油が足りない時は、足して下さい。)

⑤ トマトと顆粒鶏ガラスープを加えて、トマトが温まったら、③を加える。

undefined
michill

⑥ スイートチリソースを加えたら、卵を軽く崩す。

⑦ 塩とブラックペッパーで味を調えたら、皿に盛り付ける。

⑧ お好みで、イタリアンパセリを飾って出来上がり。

パクチーや小ねぎを散らしても、美味しく頂けますよ!

海老とトマトのふんわり卵炒めで生春巻きアレンジレシピ

材料(小3個分)

・海老とトマトのふんわり卵炒め…上記レシピの半分の量

・生春巻きの皮…3枚

・サニーレタス…2枚くらい

作り方

① 生春巻きの皮を水にくぐらせたら、まな板の上に広げる。

② 中央から上半分に、食べやすい大きさにちぎったサニーレタスを乗せる。

③ その上に、海老とトマトのふんわり卵炒めを乗せる。

④ 生春巻きの皮の下の部分を上に向かって折り、両横を交互に巻いたら出来上がり。

undefined
michill

半分をオープンにした生春巻きです。ソースを付けなくても、海老とトマトのふんわり卵炒めに味が付いているので、そのまま食べられます。

時間もかからずに、さっと出来るので、ぜひ、おかずのレパートリーに加えてみて下さいね!

元記事で読む