1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【簡単DIY】0歳赤ちゃんのための手作りおもちゃ「マラカス&積み木」の作り方

【簡単DIY】0歳赤ちゃんのための手作りおもちゃ「マラカス&積み木」の作り方

  • 2020.3.26
  • 4345 views

赤ちゃんがお昼寝をしている間に、おもちゃを手作りしてみませんか?今回は身近な材料で簡単に作れて、0歳〜1歳過ぎまで長く遊べる「マラカス」と「積み木」をご紹介します!

赤ちゃんのためのおもちゃを手作りしたいと思っても、難しい作業は苦手だし時間もない……。

そう悩んでいる方にぜひおすすめしたい、100均やスーパーで買える材料が中心で、赤ちゃんがお昼寝している間の短時間で手軽に作れる「マラカス」と「積み木」の作り方をご紹介します。

どちらも筆者の子どもが実際に遊んでいたおもちゃで、0歳から1歳過ぎまで長い間大活躍でしたよ!

ペットボトルで作るマラカス

最初にご紹介するのはペットボトルで作るマラカスです。

作り方は簡単! 空のペットボトルに好きなものを入れてフタをするだけ。

シンプルなのに見た目も可愛らしく、長く遊べます。我が家では赤ちゃんが生後数か月のねんねの時期に作り、1歳を過ぎてからもよく遊んでいました。

ねんねの時期は大人が振って音を聞かせてあげると喜びます。そのうちに小さな手でしっかり握って振って遊ぶようになりますよ。ハイハイするようになってからは転がして追いかけ、立ち歩くようになってからも両手に持って振りながら歩いていました。

用意するもの

【材料】
・ペットボトル(赤ちゃんなら、R-1などの乳酸菌飲料がオススメ)
・中に入れるもの(鈴、ストロー、ビーズなどなんでもOK)

【道具】
・ビニールテープ
・ボンド(なくても可)

※0歳の赤ちゃんにはR-1など乳酸菌飲料のペットボトルがおすすめです。

※幼稚園児など少し大きなお子さんなら、350~500mlのペットボトルを使い自分で工作させてみると楽しんでくれますよ(細かいパーツがありますので、誤飲にはご注意ください)。

作り方

【手順】
1. ペットボトルを洗ってよく乾かす。
2. 中に好きなものを入れる。
3. フタをしっかり閉め、緩まないようビニールテープで巻く。
※フタの内側をボンドでとめるとさらに安心です。

*TIPS*
・音が変わるよう、中に入れるものを変えて数本作ってみるのもオススメです。
・細かいパーツを使うので赤ちゃんの誤飲に注意!

赤ちゃんがお昼寝をしている短い時間でも手軽に作れますので、初めておもちゃを手作りするという方にもオススメです。

牛乳パックの積み木

続いて、牛乳パックで作る積み木をご紹介します。

こちらは赤ちゃんがお座りできるようになったころからオススメです。筆者の家では最初は積み木を舐めたり叩いてみたり、大人が積んだ積み木を崩して遊んだりするところからはじまり、1歳前後から少しずつ自分で積めるようになりました。

手作りの積み木を初めて積んでくれたときは感動しました!

身近な動物や野菜・果物、数字、ひらがななどを飾りで付けると、物の名前を覚えるのにも役立ちます。

用意するもの

【材料】(積み木1つ分)
・牛乳パック 1本
・中に入れるもの(鈴、ストロー、ビーズ、お米、どんぐりなどなんでもOK)
・飾りに使うもの(フェルト、画用紙や包装紙、布などお好みで)
(ここではダイソーのシールフェルトを使用しました)

【道具】
・ペン
・定規
・カッターやはさみ
・のりやボンド(なくても可)
・ビニールテープまたはガムテープ

作り方

【手順】
1. 牛乳パックを洗って乾かす。

2. 牛乳パックの4つの面のうち、3つの面は底から7cmの長さ、残る1つの面は底から15cmぐらいの長さに切り落とす。

3. 15cmに切った面を折り曲げてかぶせ、箱を作る(写真参照。1辺7cmの正方形の箱が出来上がります)。

4. 箱の中にお好みで鈴などを入れ(なにも入れなくてもOK)、隙間ができないようテープでしっかりとめる。

*TIPS*
・積み木を複数作るときは、中に入れるものを変えると色々な音を楽しめます。
・ここでは正方形の積み木を作りましたが、切り落とす長さを変えると長方形の積み木ができ、バリエーションが広がります!

【手順の続き】
5. 牛乳パックの外側を紙や布、フェルトなどでおおう。

6. お好みで、各面に動物や野菜・果物などのイラストや、数字、ひらがななどのモチーフを貼り付ける。

今回はダイソーのシールフェルトを使用しました。裏側がシールになっているので簡単に貼り付けることができます! 色のバリエーションも豊富です。


*TIPS*
・牛乳パックのの表面は少し凹凸している場合があるため、フェルトは7cmぴったりではなく、少しだけ大きめに切って貼り付けると隙間なくきれいにおおうことができます。

・紙でおおう場合は上からカバーフィルム(図書館の本などに使われている透明のカバー。100均でも売っています)を貼ると丈夫で長持ちします。

※赤ちゃんは積み木を舐めてしまうことも多いので、ボンドなどを使う時は表面にはみ出さないようご注意ください。

まとめ

今回は「マラカス」と「積み木」、ふたつのおもちゃをご紹介しました。
どちらもこんなに簡単なのに、赤ちゃんは長く楽しんで遊んでくれるので、ぜひ作ってみてください!

元記事で読む