1. トップ
  2. ヘア
  3. パサパサ&ゴワつく髪は老け見え確実!大人の髪が劇的に艶めくヘアケア【美的GRAND】

パサパサ&ゴワつく髪は老け見え確実!大人の髪が劇的に艶めくヘアケア【美的GRAND】

  • 2020.3.26
  • 4886 views

乾ききった髪は清潔感を奪う!輝きの艶髪を簡単に手に入れるヘアケア方法を大公開!今回は人気美容師の冬木慎一さんに大人のひと技を教えていただきました。

パサパサ&ゴワつく髪は老け見え確実!

40代になったらセルフ+サロンの2重ケア

髪は肌よりも少し遅く、30代で曲がり角を迎えます。「育毛に大事な頭皮が30代を境に血流が悪くなり、頭皮が固くなります。それにより毛根の元気がなくなって、毛が細くなったり毛がうねったりするのです。また、ダメージにより髪内部が空洞化して光の反射が屈折することもパサついて見える原因のひとつです」

髪がパサつくと老けて見えがち。髪を艶やかに見せる、大人ならではのヘアケアはどんなことを心掛けたらいいのでしょうか?

「40代になったら日々の丁寧なセルフケアのほか、サロンで定期的に手助けをしてもらわないと底上げとそのキープが難しくなります。髪のパサつき対策は、頭皮の血行促進と毛髪をしっかり保湿すること。毎日使うプロダクト選びもとても大事だと思います。意識の高まりもあり、最近は髪質改善のサロンメニューに人気が集まっています。即効性を求めるなら、コスメストレート的な、熱を与えながら有効成分を加えるものを。じっくりケアしたい場合は、トリートメント成分だけを入れ込むメニューがおすすめです」

 

こんなところが気になる40代のパサつきヘア

【CHECK!】
□モワモワするアホ毛
□ツヤを損なうちぢれやうねり
□顔周りのチリつき
□毛先のまとまりのなさ

大人の髪が劇的に艶めくマジック

テクニック1

サロントリートメントを継続的に行うと髪が見違える!
そのトリートメントメニューが、髪質改善を目的としたストレートパーマなのか、トリートメントケアのみなのかを見極めて。「どうなりたいか」を明確にしてメニュー選択を!

 

テクニック2

まとまりをキープするため月1回のカットは必須
ロングでもカットしていない髪はわかるもの。長さがばらけてきたり、表面がチリついてきたり、根元からボワッとしたり、清潔感を損なう一因に。整えるだけでも変わります。

 

テクニック3

アホ毛対策は頼れるアイテムを味方につけて

アホ毛は成長途中の髪なので、抜くと髪が少なくなってしまいます。クリームなどベタつくものではなく、ピンポイントでなでつけられるアイテムが◎。

a ジェルがアホ毛をキャッチ
ジェル状。
ミルボン エルジューダ ポイントケアスティック 15g ¥1,500(サロン専売品)

b 手が汚れないワックスつきコーム
即座にまとまるワックスつきコーム。
かならぼ フジコ 色っぽスティック ¥1,400

 

テクニック4

日々のドライで美しく見える髪の土台を作る
ドライのときに、なるべくキレイな状態にしておくとそのあとのスタイリングも楽になる。洗髪後の開いたキューティクルを早く整える上でも、素早いドライは大切。

(1)左右の方向から風を当てる

トップは「十字」を描くように乾かすのがポイント。まずは左方向から風を当て、右方向から風を当てて乾かす。

(2)後ろから風を当てる

半分くらい乾いたら、縦方向に風を当てる。つむじの後ろから風を当て、根元をこすりながら乾かすとふんわり。

(3)表面は45度上から風を当てる

中間〜毛先はまとめながら乾かす。最後は冷風にし、髪に対して45度上から風を当ててキューティクルを整える。

 

テクニック5

毎日のホームケアは自分に合ったアイテムを選ぶ
ホームケアこそベストなものを見極めて。硬い髪をしなやかにしたり、ハリコシのない髪をしっかりさせるなど髪質に合うだけでなく、仕上がりのなめらかさも肝心。

a クセやうねりを素直に!
クラシエホームプロダクツ ディアボーテ HIMAWARI ゆがみディープリペアマスク 180g ¥1,200(編集部調べ)

b 加齢によるうねりにアプローチ
解きほぐし成分が髪内部に浸透し、ドライヤーの熱で扱いやすい髪に。
右から/花王 エッセンシャルflat モイスト&モイスト くせ・うねりメンテナンスシャンプー・トリートメント 500ml 各¥900(編集部調べ)

c エイジングダメージに最適
ケラチンとリンゴアミノ酸で優しく洗って髪純度を高め、フィルム効果を発揮するキトサン配合のトリートメントでサラサラに。
右から/アマトラ QUO ヘアバスes 400ml ¥4,200 同 キトマスク 200g ¥3,600

 

テクニック6

パサついて見えないよう表面のレイヤーは必要最低限
髪に長短をつけるレイヤーを表面に入れすぎると、短い毛が浮いてパサついて見えがち。表面のレイヤーは低い位置から入れ、内側で毛量調節をするとまとまりアップ。

 

 

教えてくれたのは…

Sui
代表 冬木慎一さん

『美的GRAND』2020春号掲載
撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/冬木慎一(Sui) スタイリスト/小川未久 モデル/堀 まゆみ 構成/たんろ

元記事で読む