1. トップ
  2. グルメ
  3. 家でできる【卓上お花見】を紹介♪外出自粛なら自宅で春を楽しもう!

家でできる【卓上お花見】を紹介♪外出自粛なら自宅で春を楽しもう!

  • 2020.3.26
  • 366 views

桜の開花宣言も出されるなど、この時期楽しみなのがお花見ですが、今年は自粛ムードで満足にお花見ができなさそう。そんなときには「桜パウダー」や「ピンクのドリンク」でテーブルを華やかに彩って、家族や女子会などでお花見気分を味わってみませんか?外に出なくても一気に春を感らじれますよ。

外に出られないなら、家でお花見気分を楽しんじゃおう!

今まさに見頃を迎えている桜。でも今年は、各地で花見や外出の自粛が求められています。どうやら外できちんと春を感じるのが難しそうで、ガッカリしている人も多いですよね……。

そこで気分を変えて、家の中でお花見気分を味わうためにテーブルをセッティングしてみました!

テーブルにちょっとした工夫をすることで、春を演出できます。そのための便利なアイテムやドリンクをご紹介するので、ぜひ皆さんもご家族やご友人と試してみてください。これなら雨の日でもOKです。

お料理が苦手な方でも大丈夫! 今回はコンビニで購入したサンドイッチとケーキ、盛るだけのチーズを使いました。ドリンクと盛り付けだけでパッと華やかに気分も上がります。お子様用のかわいいドリンクも用意しましたよ。

お花見気分になれるドリンク

カンパリビア

カンパリ少量にビールを注ぐだけで綺麗なピンク色のドリンクになります。クリーミーな泡がピンクに染まって可愛い飲物に。カンパリの量で薄いピンク~濃いピンクまで調節できます。

ワイングラスに注ぐと、さらにオシャレになります。味は苦味のあるカンパリとビールなので、あっさり頂けます。甘いのが好きな方はカンパリオレンジが飲みやすく、色も綺麗です。

苺入りサイダー

その名の通り、サイダーに苺を入れただけなのでお子様もOKです。シャンパングラスに入れてあげれば、大人気分で乾杯できます。

ジンジャーエールやお好みのソフトドリンクにベリーをトッピングして、色々な味を楽しんでください。お酒が飲めない方やドライバーさんにもオススメです。飲める方はスパークリングワインにしても◎!

食材には桜パウダーを活用!

「桜パウダー」や「桜の花びらフレーク」などを使って、料理のお皿に花を咲かせることができます。桜の色はもちもん、香りもするのでお花見気分を味わっていただけると思います。

発色のいいものであれば、クッキーやケーキ練りこんだり、クリームに混ぜたりと用途はさまざま。残ったらラップをして冷凍保存すれば来年も使えます! 写真のものはまさに去年のものです。

コンビニ商品で簡単お花見演出

手作りできる方はもちもん作っていただいて、時間のない方や簡単に済ませたい場合はコンビニやスーパーで買ってきたものでも十分、華やかに演出できます。

今回はサンドイッチとケーキを例にしてご紹介します。

サンドイッチのお皿に

コンビニで買ったサンドッチを半分に切り大きめのお皿にのせたら、お皿の余白に桜パウダーを散らすだけです。

お皿は白でも黒でも、ピンク色に合うお皿なら何でも大丈夫です! パスタやリゾットなどにも同じ盛り付け方で対応できます。

デザートのお皿に

桜パウダーは、この時期デザートにとても合います。コンビニで買ったケーキもお皿に盛って桜パウダーを飾れば、素敵なデザートに変身しますよ。

ロールケーキやアイス、マフィンやクッキーなどなんでも合います。普通のバニラアイスをワイングラスによそい、苺ジャムをかけ、桜パウダーを振りかければ、レストランのデザートのように見栄えします。

チーズの盛り合わせに

お酒を飲む方には、チーズの盛り合わせに桜パウダーもひとふりしてはいかがでしょうか?

ロゼワインやカンパリビアと合わせたら、なんとも華やかなテーブルになります。数種のチーズとクラッカー、ハチミツやジャム、レーズンなど、あるものを盛り付けるだけですが存在感は抜群!

桜塩として

桜パウダーを混ぜ合わせれば「桜塩」の出来上がり。洋風ならフリットやフライ、和風なら天ぷらなどに使えます。

抹茶塩も一緒に盛り付ければ、さらにおしゃれな調味料になりますね。今回は抹茶がなかったので黒胡椒と塩を合わせて、2色のお塩にしてみました。

まとめ

外出やお花見自粛で残念ですが、こんなときだからこそ、おうちでできる卓上お花見をぜひ試してみてくださいね。特別なパーティー気分で盛り上がりますので、卒業・入学お祝いとして演出するのもおすすめ。

今は、VR動画でエア花見ができる「お花見VR」というサービスも楽しまれているそうで、その動画を見ながら食事をすれば、よりお花見感が楽しめるかもしれません。

工夫して退屈な気持ちを吹き飛ばしましょう!

元記事で読む