1. トップ
  2. 超特急ライブBlu-rayをリリース!「大阪公演は8号車のみんなへの感謝の気持ちを表現したかった」【Part1】

超特急ライブBlu-rayをリリース!「大阪公演は8号車のみんなへの感謝の気持ちを表現したかった」【Part1】

  • 2020.3.25
  • 56 views

3/25(水)にBlu-ray「BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020 Revolución viva」をリリースする超特急。3枚組の今作には、昨年末に行われた大阪・大阪城ホール公演と年始の東京・代々木第一体育館公演が収録されている。短期間のうちに行われた公演だったにもかかわらず、大阪と東京では半分以上異なる内容でのライブを披露した彼ら。インタビュー前編では、それぞれのライブに込めた思いや、ライブ中に感じた8号車(ファンの呼称)たちの意外な反応について語ってもらった。

【写真を見る】撮影は終始和やかな雰囲気でした

クールにきめる超特急
撮影=西村康

大阪公演は感謝の気持ちを、東京公演は僕らの新しい挑戦を表現しました(ユーキ)

――年末の大阪公演と年始の東京公演は、舞台セットも内容も全く異なるものでした。演出はユーキさんが担当されたとのことで、それぞれイメージしていたことを教えてください。

ユーキ:大阪公演は8号車のみんなへの感謝の気持ち、それからクリスマスの要素も含めて構成を考えました。逆に年明けの東京公演は、お正月らしさも出しつつ、2020年に向けた勢いや僕らの新しい挑戦も見てもらえるような内容を意識して作りました。

――内容を詰めていくにあたり、最初にどこから決めていくんですか?

ユーキ:大体の舞台セットが固まった後、それ見て、このセットに合う曲はこういう感じかなって話し合いが始まっていきます。逆を言えば、セットが決まらなきゃ何も決められない。

――タカシさんは大阪公演の舞台セットを見たとき、どんな印象を持ちましたか?

タカシ:まさにクリスマスという感じの、かわいらしいセットだなという印象でした。でも、曲やセクションによってちょっとチェンジする部分もあったりして、超特急らしいいろいろな場面を見せてくれるようなセットだし、セットリストだなと思いました。

――リョウガさんは東京公演のセットについて、どう感じましたか?

リョウガ:“ザ・お正月”という感じのおめでたい雰囲気がありながらも、あしらわれた干支のネズミは思っていたものと何か違う……あ、人によってですよ(笑)。目と体が紅白になっていて、あ、そっちなんだ!って思ったりもしましたけど(笑)、ライブが始まる前からすごく圧倒されるような空間になっているなと思いました。あとはやっぱり、あのムービングステージですよね。あれは僕たちもテンションが上がる演出でした。

――前回のインタビューでユーキさんが話していた、「年末年始のアリーナツアーでは“距離の革命”を起こす」という言葉通りの演出で。観ている側もすごくテンションが上がったのですが、あの上で踊るのは怖くなかったですか……?

ユーキ:めっちゃ揺れました。

カイ:でも、本番より、通しリハーサルでセットを組み立ててやったときの方が怖かったですね。本番は僕らもテンションが上がって、アドレナリンが出ているから恐怖心とか全くなくて。だから、みんなリハーサルのときよりもステージの端っこまで行って下を見たりとかしてましたね。

【写真を見る】撮影は終始和やかな雰囲気でした
撮影=西村康

今までの衣装の中で一番自分のこだわりを実現できました(タクヤ)

――また、衣装も大阪と東京では異なりました。大阪はカイさん、東京はタクヤさんがプロデュースされたそうですが、まずはきょうも着てくださっている大阪の衣装を担当したカイさんから、ポイントやこだわりを教えてください。

カイ:衣装については、最初にセットリストをもらって、どこで着替えるかとか、何着必要かというのを聞いてから考えるんですけど、僕の場合はクリスマスメドレーの部分がすぐに浮かんで。それこそ、今日着ている衣装になるんですけど、そこから派生していった感じでした。

――どんなことを一番意識しましたか?

カイ:クリスマスなので、やっぱり華やかさを出したくて、全身金色にしました。結果、クリスマスメドレーの華やかさにも負けていなかったので、金にして良かったなと思いました。その次に考えたのが一番最初の衣装だったんですけど、超特急の場合、結構セットが派手だったりするので、だからこそ1色にしようかな、と。これまでメンバーカラー1色、さらに形も全員一緒というのは意外とやったことがなくて、今回初めて挑戦してみたんですけど、これも上手い具合にハマってくれたと思います。

――タクヤさんは東京公演の衣装を担当されてみて、いかがでしたか?

タクヤ:衣装プロデュースは何度かやらせていただいていますけど、今回は今までで一番スタイリストさんと一緒に作り込むことができたので、すごく楽しかったです。プロデュースという肩書きで、イメージだけ伝えて終わりというのが、僕はすごくイヤなので……。こだわりを持ってやりたいから、今回の衣装は細かい部分まで全部伝えたんです。中でも、殺陣のパートで着たフリンジのマントなどは自分の中では結構大きな挑戦でもあったので、実現して良かったなと思いました。

――ちなみに、どういう順番で考えていったんですか?

タクヤ:僕は冒頭から順番に考えていくタイプです。その上で全体のバランスを見たり、ここで変えるとかを想像しながら考えていきました。

――制作過程で他のメンバーに報告したりするんですか?

カイ・タクヤ:全く。

タクヤ:あ、でも、僕は、全部ではないですけどユーキには見せます。演出家として、ライブのテーマとか僕らの思いとかを形にしてくれているので。でも、他のメンバーには見せていないです。

――タカシさんやリョウガさんは完成した衣装を見て、どう感じましたか?

タカシ:それぞれ色使いやこだわっている部分とか、言われなくてもすごく伝わってくるものがあって。衣装って、やっぱり着るだけで気持ち的に上がる部分があるんです。それが実際にメンバーが時間をかけて考えてくれた衣装だと思うと、より一層力が入るし、うれしくもなります。

リョウガ:衣装を考えることは僕には絶対できないと思っていることなので、それができるのが本当にすごいなといつも思います。ちゃんと自分のこだわりとか、それぞれのキャラクターやシルエットに合うものを、毎回違う形で作ってくれて。しかも、パフォーマンスする側の人間が考えるものだから、動きにくいみたいな問題が起こることがほぼないんです。なので、安心して任せています。

――過去にはライブ中にユーキさんの衣装が破けてしまったなんてこともありましたね(笑)。

ユーキ:ありましたね(笑)。

タカシ:確かにメンバーが関わるようになってから、そういうことがなくなったような気がする。

リョウガ:動きやすさとファッション性が両立されています。

撮影●西村康
KADOKAWA

「Body Rock」の盛り上がりには僕らもビックリしました(笑)(カイ)

――続いて、それぞれのセットリストへの印象も教えてください。半分以上異なる内容でしたが、印象的な楽曲や意外な選曲などはありましたか?

タクヤ:大阪公演のときは、テーマ曲の「Sweet Bell」がアンコールの1曲目だったのが新鮮でした。本編だと思っていたから、まさかここに入るとはって。あと、ユーキなりに、クリスマスメドレーもそうですけど、その後の「Billion Beats(P.S.C Live ver.)」をすごく大切にしているんだろうなということを感じたりしました。東京公演のテーマ曲「On & On」も、ド頭でも良さそうなところをあえて中盤に持ってくるのがユニークだなと思いましたし、「Body Rock」では大人の色気を出した超特急を見せられたんじゃないかなと思います。

――今タクヤさんが話されたことも含めて、ユーキさんはどんな思いを込めてセットリストを構成したんですか?

ユーキ:大阪公演の方は、最初に言った通り8号車のみんなへの感謝の気持ちとクリスマスを曲で表現したいという気持ちでした。さらに、僕らのメインダンサー&バックボーカルというコンセプトに合わせてダンスで魅せるパートと同時に、タカシが1人で歌っている姿も見せたくて。ただ、クリスマスに関しては、最近になって超特急にクリスマスソングが増えてきたというのもあって、どうしようか迷うところでもありました。「Sweet Bell」ももちろん大事だし、とはいえ「Snow Break」や「Fantasy Love Train〜君の元までつながるRail〜」も大事にしたいので、どう折り合いをつけていこうかな、と。バランスを見た結果、こういう形に落ち着きました。

――一方、東京公演の方は?

ユーキ:東京の方はぶっ飛んでいきたかったんです(笑)。僕たちらしさをいい意味で裏切りたい気持ちがあったので、それこそ「Body Rock」を入れたりだとか。その後、映像を挟んで「On & On」にいくんですけど、ここからもう1個ギアを上げていくぞっていう。初披露とはいえ、曲がむちゃくちゃ熱いので、後半に向けてのギアチェンジの意味でもピッタリだと思って、この位置にしたんですよね。

――「Body Rock」は前回の取材では「まだ振り付けがついていない」ということでした。その際、カイさんは「ちょっと大人な振り付けもできそう」とおっしゃっていましたが、実際に振りが付いて、それをライブで披露してみてどうでしたか?

カイ:どの新曲にも言えることですけど、どうしても初披露のときはすごく気合が入ってしまうというか。なので、今回初披露した他の曲でも、みんな力むところはあったと思うのですが、それでも「Body Rock」はイントロが流れたときや、決めのポーズのときとかで、8号車のみんなの反応がすごくて。僕らもビックリしました(笑)。

――こんなに反応があるとは、と(笑)。

ユーキ:あの曲調なのに(笑)。

カイ:曲が終わってからワーってなるかと思ったら、(決めのポーズを)やるたびにキャー!!って(笑)。これまでもセクシーな曲はありましたけど、それとは明らかに違う盛り上がり方。でも、それは今までより一歩踏み込んだ曲だからこそ生まれたものだと思うので、超特急の新しい強みになったんじゃないかなと感じました。東京公演以降、どのライブでも披露しているんですよ。“男祭り”でもやりましたし。

――男性ばかりの会場はどんな雰囲気に……?

カイ:それはタクヤが一番分かるかも(笑)。

タクヤ:僕の中で、「Body Rock」とか「We Can Do It!」は「女性に向けた曲」だと思っていて。だから、男ばかりとなるとちょっと……。

カイ:どういう気持ち?

タクヤ:話が変わってくるな、と(笑)。

カイ:リハーサルのときも、タクヤが「このパート、どういう気持ちでやればいいんですか?」って言っていて(笑)。

タクヤ:本当、どういう気持ちでやればいいんだろうって思ったので(笑)。まあ、やり切りましたけれども。

カイ:やり切ってた(笑)。今もファンクラブツアーでやっていて、毎回そこで空気が一気に変わるなっていうのは感じます。

――椅子を使った振り付けも素敵でした。

ユーキ:幻の、椅子を使わないバージョンもあるんですけどね(笑)。最初は椅子なしの振りだったんです、実は。でも、どうしても椅子を使いたいというのがあって、振付師さんに修正していただきました。

カイ:今はどの会場でも椅子を使った振り付けで披露させてもらっています。

※インタビュー【Part2】へ続く(ザテレビジョン・取材・文=片貝久美子)

元記事で読む