1. トップ
  2. 窪田正孝、朝ドラは「“プレッシャー”と“ワクワク”でいっぱい」<「エール」インタビュー>

窪田正孝、朝ドラは「“プレッシャー”と“ワクワク”でいっぱい」<「エール」インタビュー>

  • 2020.3.25
  • 465 views
「エール」古山裕一役の窪田正孝
撮影=諸井純二

【写真を見る】話題となったポスタービジュアル!窪田&二階堂ふみの“おんぶSHOT”が可愛すぎる!!(他先行カットなど)

3月30日(月)スタートの連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)で主演を務める窪田正孝にインタビュー。2019年9月より撮影に臨んでいる窪田が、舞台裏や作品に込める思いなどを語った。

本作は“朝ドラ”としては約6年ぶりに男性が主人公の作品で、独学で音楽の才能を開花させていく作曲家・古山裕一(窪田)と、妻で声楽家の音(二階堂ふみ)の人生を描くストーリーだ。

全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」や「阪神タイガースの歌」通称“六甲おろし”などを手掛けた、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手の金子(きんこ)氏がモデルになっている。

プレッシャーとワクワクする心でいっぱいでした

「エール」先行カット (C)NHK
KADOKAWA

――主演に決まったときのお気持ちを教えてください。

僕の家族や親戚は朝ドラと大河ドラマを欠かさず見ているので、この作品が決まったときにすごく喜んでくれまして、プレッシャーとワクワクする心でいっぱいでした。

だから、自分の家族や親戚を喜ばせたいという気持ちになりましたし、それができなければたくさんの視聴者の方を喜ばせることもできないだろうなとも思いました。

――2014年放送の「マッサン」以来、6作ぶりに男性が主人公の作品です。

主役だからどうこうという考え方は、正直あまりないですね。

僕の中で、今回の“朝ドラの顔”はふみちゃんだと思っているので、彼女が一番輝ける瞬間というものを、スタッフさんと一緒にたくさん作っていけたらいいなと思って撮影に臨んでいます。

――役作りで気を付けたことは?

お話を聞くと、古関さんの周りには敵が誰もいないんですよ。誰一人、古関さんの悪口を言わない。

それは媚び(こび)を売っているわけではないし、空気を読んで誰かに好かれるために自分に嘘をついたりするとかでもなく、古関さん自身が本当に誰かを憎んだり、怒ったりしないということなんです。

たとえそういう瞬間があったとしても、必ずその後に愛情に変わっている気がして。

それに、毛嫌いする人がいたとしても、古関さんの音楽の才能や人格が最終的に相手を認めさせてしまうんです。それが本当に全てかなと思って、役作りの肝にしています。

――古関裕而さんという実在の方がモデルになっている役を演じることについては、どう思っていますか?

古関さんの記念館に行かせてもらっていろいろお話を聞いていく中で、音楽が好きだったり多趣味だったりするところは映像に反映しているんですけど、大事にしなければいけないのはお人柄、性格の部分だと思っています。

ただし、あまり古関さんについて勉強し過ぎて台本より先に行きたくない気持ちもあるので、入れる情報などは分別してやっています。

――事前に古関さんについて学ばれたと思いますが、実際に撮影に入り、裕一を演じてみてあらためて気付いたことはありますか?

古関さん自身は本当に憎まれない方だとお話ししましたが、やっぱりそれだけでは台本が成立しないので、いろんな喜怒哀楽というものがあるんですね。

その中で、僕は裕一のずるさというか、「かわいがられ方を知ってるな」というものをちょっと感じる瞬間というのはあったりしました。

あと、音楽に関しては後に天才になっていくんですけど、結構不器用なところもあります。

ツボに入ったらものすごく強いのに、我の強さでなかなかそこに到達できない。自分の世界に入ると、本当に周りが見えなくなってしまうんです。だから、3歩進んで5歩ぐらい下がっている感じもします。

ふみちゃんはすごく臨機応変な対応をするので

【写真を見る】話題となったポスタービジュアル!窪田&二階堂ふみの“おんぶSHOT”が可愛すぎる!!(他先行カットなど)
(C)NHK

――裕一と音の夫婦についてはどう感じますか?

裕一が作曲しているとき、音さんに歌ってもらってヒントを得るという場面があるんです。

同じ“音楽”という世界にはいるけれど、作曲家と声楽家とジャンルは違っていて、お互いにないものを補い合っている関係はすごく理想です。

同業者の夫婦だといろいろ話せることもあるし、理解し合えることもありますよね。そこはすごく強いんじゃないかなと思いながらやっています。

――音はどんな奥さんですか?

音さんはきびきびしていて、裕一が迷ったときは明確に導いてくれるけれど、外では後ろに下がっている。

前に出るときと後ろに下がるときをちゃんとわきまえていて、本当に裕一を支えてくれている奥さんなんですよ。

でも、裕一と音さんは基本常に横に立っていて、手をつなぎ合っているところはいいなと思います。けんかもするんですけどね。

ふみちゃん演じる音さんが怖いので、あまり怒らせちゃいけないな…と思いますけど(笑)。

――二階堂さんの印象を教えてください。共演シーンで感じたことはありますか?

ふみちゃんの女性から見る視点と、僕の男性から見る視点で、台本のとらえ方が違っているのは面白いなと思います。

それに、ふみちゃんはすごく臨機応変な対応をするので、人を立てるのがうまい女優さんだなとすごく感じます。

ふみちゃんと、あと吉田(照幸)監督も瞬発型の人なので、みんなで意見を出し合い…というのはちょっと大げさなんですけど、「こうしたい」「ああしたい」というようなことも、すーって自分の中に入れられるようなそれぞれの瞬発力があるんです。

その後ろに「人に言われたら、自分の持っていたものをこっちに流そう」というようなスペースがちゃんとある、という印象はやっていて思います。

――父・三郎役の唐沢寿明さんは、窪田さんにとって特別な俳優さんだと。今回、改めて共演されていかがですか?

僕が朝ドラの主役をやるということでスケジュールを開けていただき、三郎さんという役をやっていただいたとうかがいまして、本当に感謝しかないです。

今の僕がいるのは、唐沢さんのおかげの部分がすごく大きいです。「THE LAST COP/ラストコップ」(2016年、日本テレビ系)で共演させていただいて、唐沢さんから現場での立ち居振る舞いを学びました。

何よりも役者、俳優部が楽しんでやっている。それがスタッフさんに伝染していくのを見させてもらっていました。

本当に全員が気持ちよくできる現場というのはなかなかないんですが、唐沢さんは常に人のケアをしているので、みんなが気持ち良く取り組めるんです。

今の現場でも唐沢さんがいるときは僕も甘えられますし、あれだけの大御所の方なのに、皆さんも唐沢さんにはちょっとフランクに接することができるというのも、やっぱり人柄なのかなと思います。

ちなみに、「―ラストコップ」のときは義理の父の役だったんですけど、今回は本当の親子になれて、僕の中でまた一つ新しい境地に行ったなという気がしています(笑)。

先生が回転ずしのように回って…(笑)

「エール」先行カット (C)NHK
KADOKAWA

――序盤はハーモニカをはじめとした楽器の演奏シーンがたびたび登場します。練習はどれぐらいされたんですか?

ハーモニカ、指揮、楽譜・譜面の書き方、オルガン…などを、撮影に入る前、約1カ月ぐらい練習をしました。

自分はいすに座っていて、先生が回転ずしのように回っている感じです(笑)。特にハーモニカは難しかったです。

1人でハーモニカを吹くシーンは実際の音を使うので、撮影は緊張というか、何とも言えない感覚でした。

――印象に残っている演奏シーンは?

人生のどん底の中、1人でハーモニカを吹くシーンがあったんですけど、ちょっと音が外れたり、音にならない音が出たことがあったんです。

音楽としては成立してないけれども、気持ちを表すという意味では成立しているからOK、という監督の決断になりまして、そこは使われることになりました。

そのときの環境で音楽は変わるんですよね。誰かのために吹くと音も変わるし、振る指揮棒の強さとか体に入る力も変わる。技術と気持ちが行ったり来たりする、というのはすごく感じました。

――得意な、もしくは好きな楽器は?

指揮が好きですね。もちろん難しいですけど、演奏家の皆さんはプロの方たちなので、僕が指揮棒を振ると合わせてくれる気持ち良さがあります。

――窪田さんはダンスの経験がありますが、音楽をテーマにした作品にその経験は生きましたか?

楽器の技術は別ですが、指揮者として体現するところなど、表現として強弱をつける、という部分でつながることはあるかもしれませんね。

――舞台は福島ですが、福島弁はいかがでしたか?

今では先生の福島弁指導がいらなくなるくらい馴染んでいます。

以前にも大阪弁とか方言はいろいろやらせてもらったんですけど、福島弁が僕の歴代で一番方言指導をされなくなった方言ですね(笑)。

福島弁はすごく愛嬌があるし、聞いているだけですごくほっこりしたり愛情が持てたりするという印象です。

――「エール」というタイトルに込められた思いについて、どう考えていますか?

古関さんは戦争の時代を経験していらっしゃるので、人の痛みを肌で感じてきたと思います。

だからこそ、人に寄り添ったり、人に寄り添う音楽を作ったりすることが、たぶん古関さんの中で一番の幸せだったと思いますし、それが例えばビジネスにならなかったとしても良かったんだと思います。

「エール」というタイトルはいろんなとらえ方があると思うんですけど、僕の中では「愛情」だと思っています。その「愛情」がメロディーに乗っていろんな人に届き、語り継がれている、ということが全ての証明なのかなと思っています。

――窪田さんご自身が“音楽”に励まされた経験はありますか?

中学3年生の文化祭で、課題曲だった「大地讃頌(だいちさんしょう)」の指揮者をやったんです。

高校に上がる前で、この先どうしようか悩んでいたときに聞いていたので、僕の中ですごく大切な曲です。今でもたまに聞きますし、その頃のことを思い出したりしますね。

――なぜ指揮者をやることに?

内申点稼ぎで…っていうのは嘘です(笑)。じゃんけんで負けました(笑)。

取り柄がない子だと思われていたが──「エール」あらすじ

「エール」先行カット (C)NHK
KADOKAWA

日本が生糸輸出量世界一となった明治42年、急速に近代化がすすむ福島の老舗呉服店に、のちに多くの名曲を生み出すことになる作曲家・古山裕一(窪田)が誕生する。

老舗の跡取りとして育てられた裕一だが、少々ぼんやりしていて、周りには取り柄がない子どもだと思われていた。しかし音楽に出合いその喜びに目覚めると、独学で作曲の才能を開花させてゆく。

青年になった裕一は、一度は音楽の道をあきらめようとするが、ある日家族に内緒で海外の作曲コンクールに応募してなんと上位入賞を果たす。

それをきっかけに、裕一は歌手を目指している関内 音(二階堂)と知り合う。福島と豊橋――遠く離れた地に住みながらも、音楽に導かれるように出会った2人は結婚する。

そして不遇の時代を乗り越え、二人三脚で数々のヒット曲を生み出していく。しかし時代は戦争へと突入…。

戦後、混乱の中でも復興に向かう日本。古山夫妻は、傷ついた人々の心を音楽の力で勇気づけようと、新しい時代の音楽を奏でていく──。(ザテレビジョン)

元記事で読む