1. トップ
  2. 恋愛
  3. 逆プロポーズ増加中?なんて言えばいい?みんなの逆プロポーズ決め台詞

逆プロポーズ増加中?なんて言えばいい?みんなの逆プロポーズ決め台詞

  • 2020.3.23
  • 1742 views

草食系男子という言葉が広まった近年では、女性から男性にプロポーズすることも増えてきましたが、どんな言葉で逆プロポーズしているのか気になりますよね。ここでは、逆プロポーズの決め台詞について紹介します。

ストレートに気持ちを伝える

鈍感なタイプの男性だと、結婚をほのめかすようなことを言ったとしても伝わらないケースは多いです。そんな男性に対しては、ストレートに結婚したいという気持ちを伝えるのが良いでしょう。

「結婚してください」は男性からのプロポーズの言葉としては定番ですが、女性からでもシンプルに思いが伝わりますね。鈍感な相手でも結婚を決意させることができます。堅苦しい言い方が好きではないと言う方は「お嫁さんにして欲しい」、「ずっと一緒にいたい」といったように女性らしい表現を使うのもオススメです。

二人の将来を意識させる言葉

仲の良い家族を見たときに「あんな家族っていいよね」、素敵なお家を見たときに「あんな家で暮らせたらいいよね」などと、結婚後の生活を意識させるような言葉で伝えるのも良いでしょう。ストレートなセリフは恥ずかしいという方にオススメですね。

結婚という言葉を使わないので、男性から見たときに重く感じにくいのもメリットです。その分、プロポーズしたことが伝わりにくい一面もあります。流されそうになったときには「ちゃんと意味が分かってるの?」などと確認してみるのが大切です。

頼りになる所を見せる

必ずしも男性が女性を守るべきというわけではありません。女性が男性を守るようなカップルがいても良いのです。「あなたのことを幸せにする」、「あなたはそばにいてくれれば良いの」など、自分の頼もしさをアピールするのも良いでしょう。

草食系の男性やバツイチの男性など、結婚に消極的なタイプには効果的です。結婚当初はあまり頼りにならない男性でも、結婚生活を続けるうちに自分も頑張ろうとするようになる方も多いですよ。

二人で頑張る気持ちを伝える

経済的な不安からなかなか結婚に踏み切れない男性は少なくありません。そんな相手には「結婚後も仕事を続けるから」、「専業主婦じゃなくても良い」といったような不安を取り除くセリフで逆プロポーズするのが良いです。

二人で一緒に頑張ろうという気持ちを伝えるのがポイントですよ。

ストレートな言葉からほのめかすような言葉まで、逆プロポーズのセリフには様々なものがあります。シチュエーションや彼の性格から考えて、素敵な言葉を選ぶと良いでしょう。

結婚は人生の中でも大きなイベントです。プロポーズは緊張するかもしれませんが、勇気を持って彼に気持ちを伝えてみてくださいね。

元記事で読む