1. トップ
  2. 恋愛
  3. おおしまりえの絶対に幸せになりたい!『運命の男性はLINEのタイムラインにいる』

おおしまりえの絶対に幸せになりたい!『運命の男性はLINEのタイムラインにいる』

  • 2020.3.24
  • 1246 views

恋がしたいと思ったら

“新しい恋がしたい”そう思ったとき、あなたはどんな行動を取りますか?
とりあえず合コンに行く!とりあえず婚活スポットに行く!とりあえず昔の友達に声をかけるetc……。
できれば今までより、もっといい男性と知り合いたい。そんな希望を抱く人も多いと思いますが、それなら恋が生まれる要素を整理すると、運命の男性が見つけやすくなるかもしれません。

恋が生まれるために必要なこと知ってますか?

突然ですが「恋がしたい」と思っているあなたに質問です。恋に落ちるとよく言いますが、どうしたら人は恋に落ちるか知っていますか?
「そんなのいい人に出会って、気が合うなと思ったら落ちるんじゃないの?」
多くの人がそう思うことでしょう。でも実は恋をする状態には、価値観や性格が合うという感覚の前に大事なポイントがあります。
それは「お互いの信頼・信用」です。
つまり、どんなにかっこよくてもお金持ちでも、「この人胡散臭そう」「この人危なさそう」「信用ならない」と思われてしまうと、とたんに恋とは対局の存在になってしまうといえます。
逆を使えば、あなたが恋をしたいなら、すばやく相手の特性を把握し、この人は信用できる人、信頼できる人と判断することで、恋の下準備がスムーズに整うというわけです。

運命の恋ができるのは特殊能力と思ってない?

そもそも私達は、恋愛というものにファンタジーめいたものを抱き続けているフシがあります。
・白馬の王子様が現れる
・運命の人は意外なところにいる
・恋愛は頑張るものではなく引き寄せるもの
などなど。確かにそうなのかもしれません。ただ1つ言えることは、多くの女性が思う理想の相手や運命の人は、凄く遠くにいて、まだ出会っていないと思い込まれていることです。
でもそれって、先程の信頼の土台を踏まえると、遠くの人に「出会う」そして「信頼する」という2つのステップを超えてなお、合うか合わないかを判断しなくてはいけないため、本当はかなり大変な道に挑もうとしているといえます。
もちろんこうしたジャンプアップには、容姿やコミュニケーション能力が優れていることもプラスに働きます。とはいえ、そんな小手先の優位性を意識するよりも、今自分の周りにいる人との信頼関係を見直したり、見方や付き合い方を変えたりするだけで、控えめに言っても人生は変わる。
人間関係がいい方向に変わってきて恋に落ちたり、はたまたその人との関係が変わったりすることで、恋愛候補となる友達を紹介してくれるという可能性も広がります。

ちなみに信頼できる友達からの紹介というのは、出会ったときから相手男性への信頼が高いので、恋愛に発展しやすいといわれています。運命の相手はLINEのタイムラインにいるというのは、信頼関係を丁寧に見直すことで、運命が切り替わることを意味しているのです。

それでも遠い理想像を追い求めたい!!

私の周りにはそんな見直すべき人間関係はないし、もっとイケメンがいい!!強情な乙女も多いと思いますので、やや面倒ですが荒療治が必要です。
やるかやらないかは、アナタ次第。

まず、あなたが今後の出会いや幸せに絡まないと思われる、“なんとなく続く人間関係”を、全部断ち切ってください。そう、LINEのトーク履歴を一掃するのです。
その上で、あなた自身が理想の相手を想像し、そしてそんな理想の相手に好かれる女性を想像するのです。
かっこよくて優しくてハイスペで、あなたを承認してくれる男性……そんな人に見初められる女性は、さぞや明るくて細やかで、気遣いができてユーモアもあって……と、妄想は広がると思います。広がったら、今度はその頭の中で思い描いた女性に、少しでも近づく努力をしてください。

面倒くささを超えた先に大勝利がある

「めちゃくちゃ面倒くさい!!!」
十中八九あなたはそう思うでしょう。でも、言い方を変えれば、当初あなたが想像していた遠いところにいる理想像を追いかけるというのは、この面倒臭さを超えた先にあるんです。
体感としてその大変さがわかったら、今ある人間関係をもういちど丁寧に接することが、いかに“カンタン”であるかがわかると思います。

ちなみに、私の周りでこの荒療治をして幸せをつかんだ友人が一人います。
彼女はもともと25歳頃から婚活を始め、ありとあらゆる恋愛ノウハウを学び、新しい出会いを増やしたそうです。
しかし一時的に恋人ができてもなんか違うし、友達に相談しても、まったく協力的にはならない。そう思った彼女は、一度婚活に絡んだ人間関係を全部リセットし、自分の理想だけを追求し、そしてそこに向かって行動を開始しました。
その結果、新たにできた同性の友人と参加した普通のパーティーで、また新たな人と知り合い、その人の紹介で今の彼を見つけたそうです。
奇跡の芋づる式で理想の彼を手に入れたわけですが、彼女に秘訣を聞いたところ、「妥協を捨てた」とまずは話してくれます。ちなみにこの時彼女は31歳。6年かけて理想を追い求めた大勝利だったわけですが、遠い理想の彼を見つけるには、これくらいの時間と覚悟が必要なこともあります。
だったらどっちが楽ちんか、一目瞭然です。

友人も恋人もあなたに見合った相手

友人も恋人も、すべての人間関係は、あなたに見合った相手が集まり、そしてあなたにふさわしい関係が自然に出来上がるものです。だからこそもっといい恋愛をと思うなら、その関係性を見直すだけで、良くなったり関係が自然とフェードアウトしたりすることもあります。
『遠くのバラより近くのタンポポ』なんて表現をすることもありますが、手に取れなければ、その美しさも香りも質感も楽しむことができません。
恋愛は今のあなたの状態を反映しています。もっと可愛らしいタンポポを目指し、そしてめいいっぱい咲くことが、幸せへの近道です。

おおしまりえ

インタビュー・文/西村真紀

元記事で読む