1. トップ
  2. 恋愛
  3. おおしまりえの絶対に幸せになりたい!『自分探しをしていても、なかなか見つけられない人へ』【第11回】

おおしまりえの絶対に幸せになりたい!『自分探しをしていても、なかなか見つけられない人へ』【第11回】

  • 2020.3.24
  • 788 views

モテ男子のお決まりの口説き文句

「〇〇ちゃんって、意外と繊細だよね」
突然ですが、これはあるモテ男子に聞いた女性にかけるテッパンの口説き文句です。
「繊細」のところには、他にも普段指摘されることの少ないキーワードが入ります。創造力があるとか、感性が豊かとか、女性らしいとかとか。
ポイントは、みんなが指摘しない、あくまでも“意外”な一面を指摘することが大事だそうで、男性いわく「言われて喜ばない女性はいない」と豪語します。
この話を聞いたとき、私は「凄くわかる!」と思わず膝を打ってしまいました。なぜなら、多くの女性が(男性も)、心のどこかに、今の自分じゃない“本当の自分”を探しており、それを見つけてくれる人を求めているフシがあるからです。
彼の場合、その心理を悪用したカタチではありますが、なぜ多くの人が、まだ見ぬ自分を探し、そこに期待してしまうのでしょう。

“新しい自分”はリスクもある

そもそも女の子のDNAには、「変身して幸せになる」という、ある種の変身願望が、生まれながらにして刻み込まれているのかもしれません。シンデレラに始まり、セーラームーンやプリキュアしかり。
面白いのは、これらの物語の人物たちは、変身した後には、もれなく今よりも強く美しく魅力的になり、必ず幸せになるということです。
そりゃあ私だって、魔法使いにお姫様にしてもらい、大金持ちの王子様に追っかけられたいものです。でも現実は、変身したら幸せになれるという保証はありません。
たとえば、以前出会ったある女性は、将来に不安を抱き、自分探しをしまくっていました。その結果、よくわからない起業セミナーにハマり、会社をやめ、よくわからない資格を取って起業をしていました。
時折今も「ランチでも行きましょう」と営業メールをいただきますが、どうにもその“新しい自分”とやらが、胡散臭くて、以前のようなお付き合いができないでいます。
これはあくまでも分かりやすい例ですが、本当の幸せ、本当の自分を探すことというのは、時によくわからない方向へ暴走するリスクも孕んでいます。
10代の自分探しは、せいぜい海外バックパック旅行程度ですみましたが、20代30代と駆け上がるうちに、自分探しや変身願望も知らぬ間にハードルが高くなってしまうのかもしれません。

自分探しより大事なこと

意外と皆さん気づいていないのですが、新しい自分に出会うため、色んな人のアドバイスや情報を得ようとしても、無意識に自分が受け取れるメッセージのみを選別し、結局大して前と変わっていないということも往々にしてあります。
例えば大人のOLさんがもっとキレイになって幸せをつかみたいと思ったとして、尊敬する人に「あなたは小柄でとても可愛らしい顔立ちだから、ロリータ服とか似合うんじゃない?」と言われたら、それを取り入れるでしょうか?
OLにロリータ服というのは極端な表現でしたが、普段自分の許容範囲にないアドバイスを受けたとき、人は正解かどうかを確かめる前に、価値観で選別をしてしまっています。
もっと言えば、ロリータ服が似合うという、新しいアドバイスをくれるような人には、そもそも聞かないということすらあります。
こうなってくると、もはや周りから得る情報も、新しい自分ではなく、今の自分にプラスαを加えるような話しか出てこないものです。

実は新しい自分に出会うには、新しいアドバイスや情報を求めることよりも、耳と心の受け皿を広くして、色んなアドバイスや情報を受け取れる自分になっていくことのほうが、変化というのは起きやすいともいえます。

それでもダメならプロに頼む!

・パーソナルカラー診断
・骨格診断
・個別のメイクレッスン
・キャリアカウンセラー
ネットなどで読める情報ではなく、お金を払って対面であなたを見てくれる人を探してください。全部受けても10万円もかかりません。
自分でお金を払い、そしてプロに似合うもの、自分がどう見えるかなどのアドバイスを聞くことで、見た目や美意識は確実に変化していきます。
さきほど新しい自分に出会うには、受け皿を広くしていくことが大事と言いましたが、人間は不思議なもので、リスクを抱えるとそのリスクを回収したいがために、より真剣にアドバイスや情報を受け取る性質があります。
つまりお金を払うことで、真剣にアドバイスに耳を傾け、新しい自分探しにも真剣になれるというわけです。

自分探しや変身願望の根本には、答えのない“これじゃない感”を抱えていることもしばしばです。これじゃないとは、日常や今の生活、今の見た目が理想と違うから起きるわけですが、幸せになるために1番大事なことは、今あるものに幸せと感謝を抱くことです。
3歩先10歩先を見てばかりだと、一歩前の落し穴に気づかないことは現実によくあることです。でも新しい自分は今の自分の先にあります。
今を楽しみ、そして今の自分を愛することが、新たな自分へ変身する一歩なのは、間違いないと思うのです。

おおしまりえ

インタビュー・文/西村真紀

元記事で読む