1. トップ
  2. “魔王”と“勇者”のハッピーエンドにウィークリー視聴熱第1位! 「追いつづ」現象も!

“魔王”と“勇者”のハッピーエンドにウィークリー視聴熱第1位! 「追いつづ」現象も!

  • 2020.3.23
  • 458 views
「恋はつづくよどこまでも」が第1位!
KADOKAWA

WEBサイト ザテレビジョンでは、3月16日~22日の「視聴熱(※)」ドラマ ウィークリーランキングを発表した。

【写真を見る】ラブラブシーンが話題になった「恋はつづくよどこまでも」が第1位!

1位「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)265013pt

3月17日に最終回を放送。“勇者”こと七瀬(上白石萌音)と、“魔王”こと天堂(佐藤健)のラブラブシーンの連続に視聴者は「キュン死した」と悶絶。そして、2人が結婚するハッピーエンドに「見てる皆が笑顔になる」「余韻で眠れません」といった幸せな感想であふれた。

「恋つづロス」の声も多く、最終回放送直後は本編の見逃しや、オリジナルストーリー「まだまだ恋はつづくよどこまでも」を配信する動画配信サービス・Paraviにアクセスが集中。サーバーがダウンし、Paravi公式Twitterでは「きゅんきゅんに耐えられず、Paraviのサーバーが“キュン死”してしまいました」とつづるほどの反響となった。

その後も、録画やParaviなどでリピート視聴する「追いつづ」現象が巻き起こっている。

そんななかYou Tubeチャンネルを開設した佐藤は、20日に行われた初の生配信で上白石をゲストに迎えた。ドラマ内にあったせりふの翻訳クイズや仲の良さが垣間見えるトークが展開。“たけもね”という愛称で呼ばれた2人がそろい、恋つづロスのファンも歓喜する内容となった。

また、七瀬の先輩看護師役で出演していたお笑いコンビ・ミキの昴正。最終回では相方で弟の亜生もゲスト出演したが、そんな2人のラジオ番組「ミキの兄弟てんぱ!」(毎週日曜昼1:00-2:00、KBS京都ラジオ)で本作の撮影秘話を語ったことにも反響があった。

2位「テセウスの船」(TBS系)102830pt

3月22日に最終回が25分拡大で放送された。駐在所のワープロから犯行日記が、庭から青酸カリが発見され、文吾(鈴木亮平)は逮捕されてしまう。文吾はみきお(柴崎楓雅)とその共犯者の存在について訴えるが、警察は取り合わない。

心(竹内涼真)がみきおのメッセージに気づき、音臼小に向かうと、みきおは「僕はただヒーローになりたいだけだったのに、鈴ちゃんの」と告白。文吾の娘・鈴(白鳥玉季)がいじめから助けてくれたことで「正義の味方になる」と決めたが、鈴は父親のことが大好きだったため、ヒーローは1人でいいと、文吾を犯人にするための犯行を行ったのだった。

しかし、状況が変わり、「今、鈴ちゃんが一番喜ぶのは、佐野文吾を無罪にしてあげることだよね」と毒を飲んだ。さらに心が事件の真相を追っていると、釈放された文吾当てに届いた黒幕からの最後のメッセージを見つける。

みきおの共犯者で、事件の黒幕は正志(せいや)だった。12年前の村祭りで、誤って毒キノコをキノコ汁に入れてしまった母親を文吾が逮捕。そこから不幸にみまわれた正志は文吾を恨んでいたのだった。

黒幕の正体は原作とは違っていたが、視聴者からは「まさか」という声が上がった。そして文吾を助けようとして心がナイフで刺され、死んでしまった。

ラストは現代で佐野家の一同が集まるシーンだった。心はいるが、過去にタイムスリップした“心”ではないという矛盾。ギリシャ神話がモチーフとなったパラドックス(逆説)を示すタイトルの回収がされた。そんななか、心の兄である大人になった慎吾の役で、ハライチ・澤部佑が初登場したことも注目を集めた。

3位「スカーレット」(毎週月~土曜朝8:00-8:15、NHK総合)44381pt

3月16日~21日に第21週「小さな希望を集めて」を放送。主人公・喜美子(戸田恵梨香)の息子・武志(伊藤健太郎)の白血病をめぐる話が中心となり、視聴者からは「今週は泣きっぱなし」という声があがる展開となった。

武志のために検査を受けた喜美子と八郎(松下洸平)だが、ドナーにはなれず。武志の友達や真奈(松田るか)、百合子(福田麻由子)から話を聞いたちや子(水野美紀)も協力を申し出るが、適合者はいなかった。ちや子から感謝の気持ちは陶芸家として作品に込めたらよいと言われた喜美子は、お世話になった人たちへのお礼の作品作りを始める。

一方、武志は新たな作品作りに取りかかり、真奈が忘れていった傘に雨粒が落ちるさまを見て、アイデアを得る。そして、穴窯から取り出された喜美子の作品を見た武志は、意欲をかき立てられ、ついに水の波紋を映し出したような大皿を完成させた。

20日放送の第143話では、喜美子が働いていた大阪の「荒木荘」の女主人・さだ(羽野晶紀)、下宿人だった圭介(溝端淳平)も久しぶりに登場して話題になった。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

元記事で読む